疲れ目の対策

Amebaなうで紹介

 

 

 

 

 

 

 

疲れ目の原因は、いろいろあります。ひとつは、長時間の読書やパソコンワー

クなどによる、目そのものの疲れです。とくに、光の集約であるパソコン画面

を見つめることは、目にとって大きな負担になります。

また、整体法では、目は脳の一部と考えています。脳が疲れると目も疲れま

す。逆にいえば、目が疲れて充血しているようなときには、脳も疲れて充血し

ているのです。

腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指は目と関連して

いるので、ここをもみほぐすと目の疲れが解消することもあります。

また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は胸椎10番のほか、体温調節に関わ

る胸椎5番とも関連していますから、目が疲れやすい人には汗をかかない、体

温が低いという傾向が見られます。

いずれにせよ、目が疲れるいちばん直接的な原因は、眼球の後ろの血行が悪く

なることですから、上頸の持ち上げで、上頸部の血行をよくしましょう。足の

趾骨間の溝掃除をして、腎臓の機能を高めることも、疲れ目の解消に効果的で

す。

目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回繰り返すのも、

血行を促す方法として有効です。

・上頸の持ち上げ

1.両手で軽く頭を支えて、親指に頭をのせるようにして上を向く。

2.頭をゆっくりと小さく左右に動かす。

・足の趾骨間の溝掃除

1.両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動

かす。片足につき1、2分で、1日2回(朝・晩)が目安。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

シミ・ソバカスの予防法

シミ・ソバカスについてご紹介します。

これから、だんだんと日差しが強い日が続いてくると思います。

そうなると、シミやソバカスといったお肌のトラブルが気になってきます。

 

ですので、今回はシミ・ソバカスを予防するための食事をご紹介します。

 

まず、シミ・ソバカスの予防で重要なことは「抗酸化作用」です。

紫外線に当たると活性酸素が発生します。それが、シミ・ソバカスの元になります。

ですので、活性酸素を除去するために抗酸化作用が必要になってきます。

ということは、抗酸化作用の強い食事を摂ることでシミ・ソバカスの予防になるんですね。

抗酸化作用の栄養素として

・ビタミンA

レバー・うなぎ・鶏肉など

・ビタミンC

いちご・パプリカ・キウイなど

・ビタミンE

アーモンド・アボカド・かぼちゃなど

です。

こういった抗酸化作用の強い食材を積極的に摂取することでシミやソバカスを予防することができます。

皆さんも、シミ・ソバカスの予防に試してください。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

手首の疲れを取るためにやってほしいこと

日常生活において物を持ったり、字を書いたり、その他多くのことに手は使われます。

そこで負担がかかってくるのが手首です。なにげなく日々使っていても疲労はどんどん蓄積し、腱鞘炎などに移行したりもします。

痛くなってからではなかなか治るのに時間がかかるため、ちょっと手がだるいなと感じたらすぐにケアしていく必要があります。

そんなときにやってほしい体操があります。

1.片方の手を前に突き出します。

2.手首を内回し、外回しで回しやすい方に10回ほど回します。

3.反対の手も同様に行います。

4.3セットほど行います。

⇒動画はコチラ

たったこれだけです。こうすることで手首の関節の循環がよくなり疲れが取れやすくなります。これにプラスして熱いお湯に手を浸けたりしてよく温めてあげるとより効果が上がります。

是非、一度お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

梅雨の不調対策

梅雨の時期になると体が重い、だるい調子が悪い

なんて声を頻繁に聞きます

ですので今回は不調の解消方法について書かせていただこうと思います

まずどうして梅雨の時期は調子が悪くなってしまうのでしょうか?

・気圧が不安定(天気が良く変わる)なので、それに対応するために“自律神経”に負担がかかって体の調子が悪くなる

・湿度が高いために体がむくみがちになる

等が原因です

ではどうすれば解消できるのでしょうか?

・室内を除湿する

部屋の中にどれだけ湿気があるかによって、体に含まれる水分の量は変わります。部屋の水分が少ない方が身体から水分が外へ出ていきやすくなるのです

具体的には木炭や重曹、除湿器などを使うのがおすすめです

・ふくらはぎをのばす

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれていて血液の流れが促進されます。それによってむくみを取り除く事が体の重だるさに関係します

・リンパの流れを改善する

指をもんだり、足首を動かすことによってリンパの流れを活性化させて循環を解消する方法です

気になる方は是非お試しください。

動画はこちらから

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

顔色の悪さ・目の下のクマ対策

 

顔色を見れば、その人の健康状態が、ある程度わかります。とはいっても、顔

色から受けるイメージはもともと皮膚の色にも影響されます。

例えば色黒の人の場合だと、顔色が悪くなっても、注意深く見てない限り、気

づくのは困難です。つやの良し悪しで健康状態を判断しましょう。逆に、血管

が青く透けて見えるほどの色の白い人は、実際には健康であっても、あまり元

気がよいようには見えないものです。

また、血圧が高い人は顔色が赤っぽく、血色がよいように見えますが、これが

すなわち健康であるとはいえません。

そこで、ここでは血液の循環がよい人のことを「顔色がよい」と考えることに

します。逆に「顔色が悪い」というのは、低血圧などで血流がとどこおってし

まったため、顔色が青白いような場合を示します。

さて、睡眠不足や過労でも血液の循環はとどこおりますし、女性なら月経の時

は血液の循環がとどこおりがちになります。こんなときは原因になる状況を解

消すればよいのですが、とくに思い当たる原因もないのに、いつも顔色が悪い

というなら、それは全身の血流がとどこおっているのかもしれません。

手足が冷たい、立ちくらみがするなどの症状があれば、まさにそれに該当しま

すから、脊柱を緩める体操を行いましょう。全身の血流がよくなるのに伴っ

て、顔色も次第によくなってきます。

蒸しタオルを手足に当てるのもよい方法です。血流がとどこおりがちな末端部

の血液の流れがよくなれば、全身の血流が改善されるからです。蒸しタオルを

手足にあて、冷めたら取り替える処置を、数回繰り返しましょう。

脊柱をゆるめる体操

1.手を前からゆっくり上へ上げ、両手足で背骨を思い切り伸ばす。このときら

アキレス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。

2.背骨を伸ばしきって2、3呼吸耐えたあと、全身の力をポンと抜く。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足の疲れとむくみに悩む人、必見!!

仕事で座りっぱなしや立ちっぱなしなどで足がよく疲れる、むくむという悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

そんな方達に朗報です!今回はそのような悩みを持つ方たちにとっておきのストレッチをご紹介したいと思います。

それは太ももの裏のハムストリングスという筋肉を伸ばすストレッチ法です!

ハムストリングスを伸ばすことにより全身の血行が良くなり足の疲れやむくみの解消に繋がると言われています。

ではやり方を紹介していきます。

1.あお向けになり、両ひざを立て、足を腰幅に開きます。両手は体の横に添えてリラックスします。

2.片方のひざを軽く曲げて、両手を使い胸に引き寄せます。

3.両手を足首のほうにスライドさせて、ラクな位置で足を支え胸のほうへ近づけます。ひざは軽く曲げたままでOKです。太ももの裏側が伸びたところで10秒ほどキープします。

4.反対側も同様に行います。

⇒動画はコチラ

ハムストリングスを伸ばせば、全身の血流が良くなり足の疲れとむくみの改善に繋がるとともに安眠モードにも入りやすいと言われています。就寝前に行い、睡眠をしっかりとって、明日に備えましょう!是非、頑張ってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨の時期はなんだか調子が悪い…そんな時の原因と対策方法

梅雨の季節はどうも調子が悪くなりやすい

身体も気持ちもすっきりしない…

そんな方はいらっしゃいませんか?

この季節になると

・持病の腰痛がひどくなる

・めまい、ふらつきがでてくる

・体が全体的におもくなってしまう

・気分が落ち込み気味でやる気がでない

・おなかの調子が悪くて下痢気味になってしまう

等など、色々な不調に悩まされている方がいらっしゃいます

どうして、今の時期はさまざまな不調が現れてしまいやすいのでしょうか??

その原因は…

気候や気圧の変化が激しい事

が大きく関係しています

気候や気圧が変化した時、体はその変化によって体調に支障をきたさないようにするために体の状態をコントロールします

例えば

気温が上がった時は体温が上がり過ぎないようにする為に汗を出そうとします。そうする為に汗腺を開いたり、皮膚を伸長させて熱が逃げやすいように信号を出します

そして、このような体の状態のコントロールは“自律神経”によっておこなわれています

ただ、あまりにも気圧、気候の変化が多い、大きい時は自律神経に負担がかかり過ぎてしまい、ちゃんと働かなくなってしまいます

そうなってしまうと外界の環境に体が順応できなくなってしまい色々な不調が起こってしまうのです。

また、そのように体の状態を上手くコントロールできない状態だと

エアコンの影響

昼間と夜の寒暖差

湿度の変化

の影響を受けやすくなり、症状がより重くなってしまったり、不調が長続きしてしまう事もあります

では、どうすれば自律神経を良い状態で保つことができるのでしょうか??

早寝、早起きをして生活のリズムを整える

寝入る3~4時間前には食事を済ませておく

甘いもの、刺激物、極端に冷たいものは控える

等です

調子が悪くなりそうだなと不安な方

毎年調子を崩してしまいがちな人はお気を付けください

動画はこちらから

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

汗が出ない、疲れが取れない

疲れている人は、決まって姿勢が悪くなっています。

肩が下がり前かがみになり、肋骨が動きにくくなり、呼吸が浅くなり、ため息が多くなるます。また、汗をかけない人も多くなります。このような複合した場合、多くの背骨が硬直しています。

そして、そのような背骨を確認すると胸椎5番が硬直している事がい多いです。ここは汗と関係する場所です。また胸椎3番、4番も硬直しています。3番4番心臓や肺と関係しているため、硬直すると心肺機能が低下して血流が悪くなり呼吸も浅くなります。酸素や栄養が全身に行き渡りにくい状態であります。

老廃物を排出する汗も十分に出ていない為、血液をろ過し、浄化する腎臓にもかなりの負担がかかってしまいます。

これがカラダの疲労へと繋がります。

では、胸椎3番4番を硬直させ、前屈させる原因はどこにあるのでしょうか...

 

その根本となる原因は、その人によって大きく異なります。

例えば、僧帽筋や肩甲挙筋などへ硬直が伸びていれば、腕の疲労が原因になり得ますし、後頭部まで硬直していればストレスも関係してきます。また、日常的な食べ過ぎなどによる胃腸の疲労も前屈しやすい原因になり得ます。

あらためて生活習慣を見直してみる事が大切です。

 

カラダが疲れやすいのは筋力が足りないからだと思われる方も多くいます。もちろん筋力を付けようと運動をすることは良い事ですが、時としてオーバーワークになる事もあります。全身の力を抜くようにリラックスする事もお忘れなく。

 

今回は、リラックスする方法として『カラダと向き合う呼吸法』をご紹介いたします。

吸う時 → 背骨を意識して上から骨盤に向けて呼吸を流していく。
吐く時 → 反対に骨盤から背骨を通って頭の先から出ていく。

このようなイメージで行います。

もし、カラダに悪い所があると思うように呼吸が流れてくれません。そのような時は、何度も繰り返し呼吸を行いましょう。

是非動画もご覧ください!動画はコチラをクリック

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

便秘の対処法

 

 

 

 

 

便が出ないために、苦しい、お腹が張る、肌が荒れるなどの不快感があると

き、それを便秘といいます。逆に、何日か便が出なくても体調に全く問題がな

いなら、それをあえて便秘という必要はありません。排便のリズムには個人差

があるので、毎日排便がないからといって、それが必ずしも便秘であるとは限

らないのです。

整体法では便秘を、消化器系全体の問題として、あるいは、神経的な問題(ス

トレスなど)が原因と、とらえています。健康であれば、空腹時に体を動かす

ことで、胃や腸が活発にぜん動運動を始めて排便反射が起こり、便意が促され

ます。

しかし、胃腸の動きが衰えてくると、消化器がみずからのぜん動運動で、食べ

物を送ることをしなくなります。ですから、食べ物を口からさらに入れて、そ

の分、便を押し出そうなどと考えて大食いするのは逆効果ですからやめましょ

う。

こんなときは少し辛いかもしれませんが、しばらく食べる量を減らしてみま

す。胃腸は空腹を感じるとき、もっとも活発に機能しますから、やがて正常な

排便活動ができるようになります。

応急処置としては、直腸を刺激する体操(左足を曲げて伸ばす体操)がおすす

めです。これは、左足のももで直腸に刺激を与え、排便を促す方法です。

直腸を刺激する体操

1.あおむけに寝て、左膝を深く曲げる。膝頭を、へその真上あたりにくるよう

に両手で抱え込む。

2.左足は伸ばす方向に、手は足を抱える方向に力を入れ、ここで力をためるて

つま先は外側にして足首を固定。

3.手を離して左足を勢いよく伸ばす。このとき全身が脱力した状態になって

る。1回につき1、2回、1日2回(朝・晩)が目安。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

デスクワークで腰が疲れる方達へ

デスクワークで長時間座ってばかりで腰やお尻周りが疲れてくるという悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

同じ姿勢で長時間居ると筋肉が動かない状態になり血流が悪くなり凝り固まってしまいます。座りっぱなしで一番影響を受けやすいのは腰やお尻の筋肉です。

その中でも中殿筋というお尻の筋肉は体がいがんだり前かがみになるのを防ぐ大事な筋肉でこの筋肉の疲れを軽減することでデスクワークにおける腰やお尻の負担を軽くすることができます。

 

今回はその中殿筋のストレッチ法をご紹介したいと思います。

1.いすに座って、左足首を右ひざにかけます。

2.左ひじで左ひざが上がってこないように押えます。

3.右腕をだらりと前に垂らし、自分の体の重さ使って上体を前に倒していきます。

4.反対側も同じように行います。

※上体を前に倒していくときは息を吐きながらゆっくりと倒していってください。

 

仕事の合間などにも簡単にできるのでオススメのストレッチ法です。デスクワークで疲れてる方達は是非、すぐに実践してみてください!⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。