免疫の手助けに『のど伸ばし体操』

Amebaなうで紹介

ふだん免疫は何もしていないようでも、
病原体となるウイルスや細菌、カビなどから
身体を守って、病気にならないようにしてくれているのです。
また、体の細胞に異変があるものも退治して増殖時ないようにも監視を行なっています。

非常に大切な働きですね。

ごはんを食べるとのどを通って胃に入り、
息をするときは必ずのどを通って肺に酸素が入ります。
この時にも、悪いものが進入しないように免疫が働いています。

免疫の初めは、口の中の唾液や鼻の粘膜が最初になりますが、
喉のリンパも免疫が働く大切な部分です。

いわゆる門番みたいな場所なのです。
ここで、多くの悪いものを退治して体内へ進入するのを防いでいます。

しかし、首と喉のねじれや歪みがあると喉にあるリンパの働きも低下します。

さらに、のどに悪いウイルスや細菌が溜まりやすく、
それだけ退治しないといけません。

そうなると、ウイルスや細菌は体内へと進入しやすくなってしまうのです。
少しでも免疫の手助けになるように、姿勢を改善して首や喉まわりの捻れ、ゆがみが
起きないように注意しましょう。

今回は、喉まわりのねじれを改善して
免疫の働きを助ける「のど伸ばし体操」をご紹介します。

①空を見るように顔を上げて背伸びをします。
②喉の下から耳に向かってさすります。(5回ほど)
③もう一度、①のように背伸びをします。
④再度、喉の下から耳に向かってさすります。(5回ほど)
⑤最後に鼻から大きく息を吸い込んで深呼吸をします。
息を吐くときは、ゆっくりと吐きます。(自律神経を落ち着かせる効果があります。)

ぜひ、試してみてください!

動画はコチラから

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

花粉症対策

コロナ禍の影響で毎年話題になる花粉症が薄れてきていますが、花粉は相変わらず飛んでいます。

5月に入って特にヒノキやイネ科の時期ではありますが、自分で対処できればいいと思いませんか?

花粉症のメカニズムは空気中に舞っている花粉が口や鼻を通して体内に侵入した時に体が異物(アレルゲン)として認識し、それをやっつけようと炎症反応として示します。

この時にかゆみやくしゃみ、鼻水や涙というような症状が表れます。

整体では、鼻や目、喉の粘膜を支配している神経に異常が出ると、それぞれの部位で血液循環が悪くなり、炎症症状が顕著に出てしまいます。

特に頸椎第3番が花粉症に関係していると言われています。

なので頸椎3番を整える事ができれば、花粉症の症状を抑えることができます。

今回は頸椎3番を調整する体操をご紹介します。

https://youtu.be/81x6rie6MUc

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

疲れ目の対処法

 

 

 

 

 

 

 

疲れ目の原因は、いろいろあります。ひとつは、長時間の読書やパソコンワー

クなどによる、目そのものの疲れです。とくに、光の集約であるパソコン画面

を見つめることは、目にとって大きな負担になります。

また、整体法では、目は脳の一部と考えています。脳が疲れると目も疲れま

す。逆にいえば、目が疲れて充血しているようなときには、脳も疲れて充血し

ているのです。

腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指は目と関連して

いるので、ここをもみほぐすと目の疲れが解消することもあります。

また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は胸椎10番のほか、体温調節に関わ

る胸椎5番とも関連していますから、目が疲れやすい人には汗をかかない、体

温が低いという傾向が見られます。

いずれにせよ、目が疲れるいちばん直接的な原因は、眼球の後ろの血行が悪く

なることですから、上頸の持ち上げで、上頸部の血行をよくしましょう。足の

趾骨間の溝掃除をして、腎臓の機能を高めることも、疲れ目の解消に効果的で

す。

目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回繰り返すのも、

血行を促す方法として有効です。

・上頸の持ち上げ

1.両手で軽く頭を支えて、親指に頭をのせるようにして上を向く。

2.頭をゆっくりと小さく左右に動かす。

・足の趾骨間の溝掃除

1.両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動

かす。片足につき1、2分で、1日2回(朝・晩)が目安。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

蒸し暑くなってきた時に体調が悪くなりやすい方へ

湿気が多い時期になると体が重くなる

梅雨の時期は体がだるくなってしまう

毎年そのような症状が出てしまう…

そのような声を頻繁に聞きます

体は湿気にさらされてしまうと肺や気管支等の呼吸器と

腎臓、膀胱等の泌尿器の働きが悪くなってしまいます

肺の働きが悪くなると体が重く、息苦しくなり

腎臓、膀胱の働きが悪くなると体がだるくなってしまいます

対処方法なのですが…

まず基本的な事ですが

湿気の多い時期は体の重さ、だるさに負けずに動いている方が体の調子は良くなります

息苦しかったり、気分がすっきりしない時は

呼吸器に負担がかかっている時です

大きく深呼吸をしたり、太ももの裏の筋肉(呼吸器に関係があり)を伸ばしたり、大股で歩く事で不調が解消されやすくなります

体がだるく感じる時は

泌尿器に負担がかかっている時です

正座をして後ろを振り返るように3,4回振り返るようにすると

泌尿器の働きが回復してだるさの解消に繋がります

今の時期に体調を崩してしまいやすい方は是非お試しください

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

首の後ろがつらい人のためのストレッチ

スマホやパソコンが普及している現代で首が常につらい、凝るといった人はたくさんいます。

特に首の後ろがつらくなると頭痛やめまいなどにも移行するため注意が必要です。

どのように予防するか、やり方は簡単です。

1.仰向けに寝ます。

2.膝を立てます。

3.背中をペタンとつけてあごを引きます。

4.あごを引いた状態をキープしながら胸を張ります。

5.5秒そのままでキープします。

6.力を抜いて元の状態に戻します。

7.1~6を5回ほど繰り返します。

⇒動画はコチラ

首の疲れを溜めてしまうと血圧が上がる原因にもなりますので日々ケアしながら、健康維持するようにしてください。

簡単なストレッチなので是非、一度お試しください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

背中のお肉を落として背中美人になる方法

今回は、背中にお肉がつきにくくする方法を紹介します。

 

最近では、コロナの影響でテレワークの人が多くなっていて、パソコンの前で座っている時間がすごく長くなっていると思います。

 

そうなると、姿勢がだんだん悪くなってきて背中が丸くなってきます。

そういった姿勢が長く続くとだんだんと背中にお肉がつきやすくなります。

これから、薄着にもなるので背中のお肉は気になりますよね。

 

ですので、今回は背中にお肉がつきにくくなるエクササイズを紹介します。

 

1、上体をまっすぐに立てて座ります。腕は手のひらを上に向けて肘を伸ばして真横に出します。

2、息を吐き、骨盤を引き締めるように意識しながら両肘を背中の真ん中に向けて引き寄せていきます。

3、息を吐ききったら、息を吸い腕を元の位置に戻します。

このエクササイズを5回ほど行ってください。

このエクササイズをすることで背中の大きな筋肉を動かすことができマウスので、いい姿勢を保ちやすくなりますし、背中にお肉がつきにくくなります。

 

ですので、背中のお肉が気になると言う方はお試しください。

 

 

今日の動画です。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

首コリを自分で治す方法

自宅で過ごす時間が増え、運動不足も重なり、身体の不調を訴える患者様が増えています。

特にテレワークによる肩こりや腰痛、首コリに悩む人が多いようです。

今日はその中でも首のコリについてご紹介します。

首のこりの場合によく緊張している筋肉は胸鎖乳突筋や斜角筋とよばれるもので、首を動かすうえでとても重要です。

これらの筋肉に負担がかかると、痛みやこりとなって表れます。

その状態を放っておくと、肩こりや腰痛、さらに首から上の血流が悪くなるので、目、鼻、のど、耳の不調、頭痛など他の疾患も伴いやすくなります。

今は外出もしにくいので、自宅で簡単にできる首コリを治す方法をご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=Gc-pNqHauXQ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

貧血の対処法

 

 

 

 

西洋医学で定義されている貧血とは、血液中の赤血球や血色素(ヘモグロビ

ン)の量が減少した状態のことです。よく知られているのは、鉄分が足りなく

て起こる鉄欠乏性貧血ですが、自覚症状がほとんどなく、健康診断などで血液

検査をして、はじめて貧血だとわかる場合も少なくありません。

これに対して、私たちが普通、貧血といってるのは、人ごみや満員電車のな

か、あるいは入浴中などにクラっときたり、朝礼などずっと同じ姿勢で立ち続

けているときにフラッときて、思わずしゃがんでしまうような状態のことで

す。ときには冷や汗が出たり、意識を失うこともあります。

ちなみに西洋医学では、これを脳貧血(一時的に脳の血流量が減少する状態)

と呼んで、貧血と区別しています。しかし、ここでは一般的な感覚に合わせ

て、クラっとかフラっとくるものを貧血と呼び、その改善策を紹介します。

立ちくらみを起こすのは、自分を取り巻く外界の変化に、体がスムーズに対応

できないからです。たとえば、入浴中は血管が広がって、血液が脳と体に同じ

勢いで流れます。しかし、風呂から上がると、脳に流れる血液の量が減ってし

まうのです。

この変化にスムーズに対応できない体だと、血液の流れの格差で貧血の状態に

なります。

整体法で見ると、貧血を起こしやすい人は、たいてい胸椎の3・4・5番が硬直

しています。体温調節に深く関わっているのは胸椎5番ですが、胸椎5番の可動

性が悪いと、肺と関わっている胸椎3番、心臓と関わっている胸椎4番の可動性

も悪くなることが多いのです。

また、貧血を起こしやすい人の体に触ってみると、上腹部全体が固くなってい

ます。さらにいえば、こういう人たちは低血圧だったり、汗をあまりかかない

ことが多いものです。

貧血をはじめとしたこのような症状を改善するには、上腹部の固さを取る必要

があります。上腹部の硬直をゆるめる方法は、手根(手のひらのつけ根)を肋

骨に当て、内側に締めるという簡単な方法ですが、とても効果があります。

締めることにより、肋骨はゆるんで、椎骨の可動性がよくなります。それによ

り、神経の伝達がスムーズにいき、これらの不調を取り除いてくれるのです。

・上腹部の硬直をゆるめる方法

1.みぞおち近くに指先が向くように、肋骨を抱える。

2.みぞおちに力を集めるように両側から肋骨を寄せ、2、3呼吸耐える。息を吸

うときにゆっくりと手をゆるめる。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

今の季節の汗は…におう??

汗をかいた時のニオイは誰でも気になると思うのですが…

春から夏の間にかく汗は特に匂ってしまいやすい事をご存知ですか??

理由は冬から春の汗をかかない時期に老廃物や毒素が溜ってしまいやすい為です

汗をかく季節になると、それらが汗と共に体の外に出ていき

それらの溜っているものがニオイの原因となってしまうのです

それらが出きってしまうと自然とニオイが気にならなくなっていき

いつの間にか消えていくのです

汗をかく事は本当に大切で、汗を上手くかけないと

・夏バテ

・熱中症のリスク

等も上がってしまい

もちろん、上記させていただいたように毒素が体に溜まってしまうので

体が重だるくなってしまったりもしてしまいます。

ですので、運動や入浴でしっかりと汗をかく事が大切ですし

常温の水や温かい飲み物で水分を補給したり

塩分が足りなくならないようにしておいてあげることをオススメします

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足のむくみに効く簡単なストレッチ

仕事が終わると足がパンパンにむくむといった経験は誰しもあると思います。

そのむくみはお風呂に入って睡眠を取っても完全には抜け切れません。

そしてそのむくみが蓄積すると慢性的な冷え症や足に脂肪が溜まりやすくなります。

それを予防するために簡単なストレッチがあります。

 

1.仰向けに寝ます。

2.片脚を両手で抱えて胸に近づけていきます。このとき息をゆっくり吐きながら行います。

3.無理のないところまで脚を胸に近づけたら5秒ほど静止します。

4.息を吐きながら脚を元の位置に戻します。

5.もう片方の脚も同様に行います。

このストレッチで立っているときや歩くときに最もよく使うお尻周りと太もも裏の筋肉が伸ばされ疲労物質を流し血流を良くしてむくみを軽減させる効果があります。

寝る前にやるだけでも効果があるので是非一度お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。