疲れ目対策

Amebaなうで紹介

 

 

 

 

 

 

疲れ目の原因は、いろいろあります。ひとつは、長時間の読書やパソコンワー

クなどによる、目そのものの疲れです。とくに、光の集約であるパソコン画面

を見つめることは、目にとって大きな負担になります。

また、整体法では、目は脳の一部と考えています。脳が疲れると目も疲れま

す。逆にいえば、目が疲れて充血しているようなときには、脳も疲れて充血し

ているのです。

腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指は目と関連して

いるので、ここをもみほぐすと目の疲れが解消することもあります。

また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は胸椎10番のほか、体温調節に関わ

る胸椎5番とも関連していますから、目が疲れやすい人には汗をかかない、体

温が低いという傾向が見られます。

いずれにせよ、目が疲れるいちばん直接的な原因は、眼球の後ろの血行が悪く

なることですから、上頸の持ち上げで、上頸部の血行をよくしましょう。足の

趾骨間の溝掃除をして、腎臓の機能を高めることも、疲れ目の解消に効果的で

す。

目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回繰り返すのも、

血行を促す方法として有効です。

・上頸の持ち上げ

1.両手で軽く頭を支えて、親指に頭をのせるようにして上を向く。

2.頭をゆっくりと小さく左右に動かす。

・足の趾骨間の溝掃除

1.両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動

かす。片足につき1、2分で、1日2回(朝・晩)が目安。

動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

こむらがえり(足がつる時)の対策方法

寒くなってくるとよく耳にするのが、高齢者に多いのが足のこむら返りです

 

特に寝ている時になってしまうと、かなりつらく、どうしようもないですよね…

こむら返りが起きてしまう原因は色々とあるのですが

今回は原因と、その対処法をご紹介させていただきます

 

1.水分不足

寒くなるといっそうなりがちなのが水分不足。

身体の水分が不足すると、筋肉や神経、血管などにうまく血流がいかなくなってしまい

こむら返りが起こってしまいます

寝ている間は水分補給ができないので、より水分不足になってしまいやすいです

ですので、寝る前に常温かもしくはあったかい水をコップ一杯は飲む事をお勧めします

 

2.運動不足(バランスよく筋肉が使えていない)

ウォーキングをされている方は沢山いらっしゃいますが

歩くだけでは使う事が難しい筋肉があります(太ももの裏やお尻の筋肉)

足の筋肉がバランスよく動いてくれないと

ふくらはぎへの負担が助長され、こむら返りの原因となってしまいます

特に足の裏、お尻を伸ばすなどのストレッチが有効になります

3.冷え

冷えはこむら返りの大きな原因になってしまいます

実際、厚着をしても中々温まらない方も多いのではないでしょうか?

そんな時は”足湯”がおススメです

いつもより2度熱い温度のお湯をくるぶしの少し上までつけ

浸かっている部分の肌が赤くなるまで温めて下さい

中から温められることによって足の冷えが改善されやすくなり

こむら返り予防につながります。

気になる方は是非お試しください

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

女性で汗が人より気になる方は・・・

冬なのに滝汗。のぼせやほてりは漢方におまかせ!】体質から更年期ののぼせを改善したい女性向けの無料体質判定を開始|MSG株式会社のプレスリリース

 

一般的に言うところの「ほてり」は、実は{血管運動神経症状}と言い、更年期の中心的な症状の

1つでもあります。そのうち「のぼせ」「ほてり」は、ぼーと熱くなりホットフラッシュはダァ―ッと汗が

ふき出るとも言われています。それは結局、自律神経がバランスを失い、体の温度調節機能が

うまく働かなくなっている状態。症状の出かたや強さは、個人差や状況によって差があります。

1時間に何度も滝のように汗をかく人もいれば、頭から首にかけて熱く、手足は冷える、いわゆる

「冷えのぼせ」が続く人もいます。快適に感じられる温度の幅が狭くなるので、少し室温が高いと

暑いし、エアコンを強めにすると今度は冷えてしかたがない。人前に出ると汗が止まらいと言う

ケースもあります。けれど、熱いからと言って熱が出ているわけではないんです。更年期症状の

中でも、最もホルモンに対する治療法が功を奏すると言う医師もいます。気になる方は相談して

みてはいかがでしょうか?そんな症状が出ても体温が上がっているわけではないことが殆どなので、

体を冷やし過ぎないように注意して下さい。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

季節の変わり目には、大きな呼吸を。

季節の変わり目では、
体がその時期で、動きやす最適な状態へ変化してきます。

代表的なのは、骨盤の形です。

骨盤の締まり具合を調節することで、
寒さ暑さに対応でき、内臓の動きもその時期に合わせて働かせることができます。

その反面、この変化がうまく行かない場合もあります。

その原因として、
体のゆがみや、関節の硬さ、血流状態があげられます。

体の変化は、
一度に動くわけではなく、徐々に動いて体に馴染んでいきます。

この時に、うまく動かないと
神経痛や頭痛といった重い感じの痛みが現れやすくなります。

このような痛みは、じわじわとした痛みと、
気になる集中力が無くなってしまいます。

今回は、呼吸を使った改善方法をご紹介します。

①足を肩幅に開きます。
②鼻から息を吸い込み、空気が背骨を通ってお尻まで通るイメージをします。
③息を吐くときは、反対にお尻から背骨を通って口から息を吐きます。
④今度は同じように息を吸い込み、痛みがあるところが膨らむようにイメージをします。

※これを5回ほど繰り返します。大きく呼吸するのもポイントです( ^ω^ )

何回か繰り返していくと、痛みが和らいできますし、自律神経も落ち着いてきます!

ぜひ試してみてください^^

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冬の冷えに悩まされている方は、今から準備しておくと良いですよ

冷え込みが厳しい時期になると体が冷えてしまう

毎年寒い時期は体調を崩してしまいやすい

そのような不調に陥ってしまわれる方は

本格的に寒くなる前から水分補給に気を配る事をおススメします

というのも、寒い時期に水分が不足すると色々な不調の原因になってしまう為です

 

ところで皆さんは体が一番乾燥するのは、どの季節だと思いますか?

冬なんじゃないの??

と思われるかもしれませんが、実は『秋』が最も体が乾燥してしまいます

そして、秋の間に水分補給をしっかりとしていないと

冬になった時に水分が足りなくなってしまい、不調の原因に繋がります。。

 

そして本格的に冷え込む時期(1月、2月頃)は“水”以外の水分を

あまり吸収しなくなってしまいます

ですので、吸収の悪くなってしまう前に十分に体を潤わせておくことで

冬の不調を予防する事ができるのです

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

貧血の対処法

 

 

 

 

 

 

西洋医学で定義されている貧血とは、血液中の赤血球や血色素(ヘモグロビ

ン)の量が減少した状態のことです。よく知られているのは、鉄分が足りなく

て起こる鉄欠乏性貧血ですが、自覚症状がほとんどなく、健康診断などで血液

検査をして、はじめて貧血だとわかる場合も少なくありません。

これに対して、私たちが普通、貧血といってるのは、人ごみや満員電車のな

か、あるいは入浴中などにクラっときたり、朝礼などずっと同じ姿勢で立ち続

けているときにフラッときて、思わずしゃがんでしまうような状態のことで

す。ときには冷や汗が出たり、意識を失うこともあります。

ちなみに西洋医学では、これを脳貧血(一時的に脳の血流量が減少する状態)

と呼んで、貧血と区別しています。しかし、ここでは一般的な感覚に合わせ

て、クラっとかフラっとくるものを貧血と呼び、その改善策を紹介します。

立ちくらみを起こすのは、自分を取り巻く外界の変化に、体がスムーズに対応

できないからです。たとえば、入浴中は血管が広がって、血液が脳と体に同じ

勢いで流れます。しかし、風呂から上がると、脳に流れる血液の量が減ってし

まうのです。

この変化にスムーズに対応できない体だと、血液の流れの格差で貧血の状態に

なります。

整体法で見ると、貧血を起こしやすい人は、たいてい胸椎の3・4・5番が硬直

しています。体温調節に深く関わっているのは胸椎5番ですが、胸椎5番の可動

性が悪いと、肺と関わっている胸椎3番、心臓と関わっている胸椎4番の可動性

も悪くなることが多いのです。

また、貧血を起こしやすい人の体に触ってみると、上腹部全体が固くなってい

ます。さらにいえば、こういう人たちは低血圧だったり、汗をあまりかかない

ことが多いものです。

貧血をはじめとしたこのような症状を改善するには、上腹部の固さを取る必要

があります。上腹部の硬直をゆるめる方法は、手根(手のひらのつけ根)を肋

骨に当て、内側に締めるという簡単な方法ですが、とても効果があります。

締めることにより、肋骨はゆるんで、椎骨の可動性がよくなります。それによ

り、神経の伝達がスムーズにいき、これらの不調を取り除いてくれるのです。

・上腹部の硬直をゆるめる方法

1.みぞおち近くに指先が向くように、肋骨を抱える。

2.みぞおちに力を集めるように両側から肋骨を寄せ、2、3呼吸耐える。息を吸

うときにゆっくりと手をゆるめる。

動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

不眠症かなっと思ったら?

不眠症(睡眠障害) | 胃カメラ大腸カメラ 高円寺駅徒歩3分よしひさ内科クリニック|一般内科、消化器内科、内視鏡内科|中野区大和町郵便局そば

眠りにくい、眠りが浅い、夜中に目が覚めるなど不眠は女性の中でも多い症状で、40代の閉経前から

感じる人も。月経前はいくら寝ても寝足りないと感じたこともある人は多いはずですが、実は

女性ホルモンの変動と睡眠には関連があるとされています。月経が不順になるなど、

女性ホルモン不足による症状がある状態で始まった不眠は、ホルモン療法も効果があります。

日本は世界の国々と比べても睡眠時間が短いと経済協力開発機構が言っており、中でも

寝ていないのは40代の女性とされています。睡眠薬に頼ってしまうこともあると思いますが、

あまり早い年代からそれを使うとやめにくくなってしまうので、まずは生活を見直し、良い眠りの

とれる習慣をお勧めします。例えば、朝は日光を浴びて体内時計のスイッチをリセットし、

出来るだけ朝食をとって下さい。昼は体を動かし、夜ゆっくり入浴すると、脳もリラックスして

休息モードになります。布団の中や近くにスマホなどを持ち込まない事もお試しください。

年齢とともに、睡眠のパターンが変わってくることもあるので、眠ることについてそんなに

こだわらないことで、むしろ気が楽になり眠られる場合もあります。色々とやらないといけないと

思わず、気楽にお願いします。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

膝は器用に使っている関節です!

は、年齢と共に痛みが現れやすい所のひとつです。

また、体重を支えながらバランスをとり、
様々な地面や角度などにも対応しながら
歩いたり、しゃがんだりもできます。

それだけ細かい動きをして
器用に使っている関節とも言えます。

膝が痛くなる原因として、
「軟骨」のことがよく話題にあがってきます。

しかし、関節の動きは
筋肉、靭帯、骨の位置のバランスが大切です。

だから軟骨のすり減りだけが、問題では無いとも言えるのです!^ – ^

特に、膝の上下にある筋肉である
太もも、ふくらはぎは、膝を動かす時によく働いています。
また、お尻の筋肉も足をしっかり支えるためにも重要な部分です。

今回は、
しゃがむと膝が痛くなったり、痺れが出てくいる方への体操をご紹介します。

①台などに足を乗せ、膝を直角にします。
②膝よりの太ももの裏を、指で押しながら膝を曲げ伸ばしします。
③今度は、ふくらはぎの裏を指で押しながら膝を曲げ伸ばしします。
④最後に膝の裏を指で押さえ、ゆっくり膝を曲げ伸ばしします。

★②〜④は5〜10回程度動かします。きつい時は、3回程度をゆっくり行ってください。

動画:しゃがんでいると膝が痛くなる人への改善運動

膝の違和感は、そこからバランスが崩しやすいのです。
感じた時から早めに治療をすることをお勧めします!( ^ω^ )

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

秋になると食欲がわく理由

食欲の秋と言われていますが、皆様食べ過ぎてしまったりして調子を崩してはいませんか?

秋になると食欲がわくのには理由があります

それは胃液が沢山出てしまうためです

夏の間は胃液の元になる酸が汗として体の外に排出されるのですが

汗をかかない時期になると、体はおしっことして排出しようとします

しかし朝夕の冷えとともに腎臓、膀胱の働きが悪くなりおしっこの出も悪くなってしまいます

そうなると胃液となって分泌されてしまうのです

胃液が多くなると食べ過ぎてしまうだけでなく、むかつきや胸やけの原因となってしまいます

ではどうすればいいかと言いますと…

お風呂で体を温めてあげたり、脚湯とよばれる膝までお湯につかる事をオススメします

気になる方はお試しください

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

下痢の対処法

 

 

 

 

 

一般的に、やわらかい便や水のような便が出ることを下痢と言いますが、便の

状態にも個人差があります。いつも便がやわらかいが、体調に問題はないとい

う場合は、下痢とはいいません。

水っぽい便が普段よりも回数多く出たり、排便時にお腹が痛むなどの不快な症

状を伴う場合を、下痢といいます。

現代の西洋医学では薬を使って下痢を止めようとしますが、整体法では特別な

場合を除き、下痢を止めるようなことはしません。なぜらな、人間の体には不

必要なもの、害になるものが体内に入ってきたとき、それを外に出そうとする

働きが備わっており、下痢もその手段のひとつだからです。

例えば、痛んで悪くなった食べ物、食中毒を起こすような細菌やウイルスが付

着した食べ物を、うっかり食べてしまったとします。このとき下痢をして、さ

っさとそれらを体の外に出してしまえば、せいぜい腹痛程度の被害ですむので

す。

しかし、無理に下痢を止めると、大変なことになります。細菌が腸内で繁殖し

て大量に毒素が出されて、体が大きなダメージを受けてしまうのです。下痢を

止めることにより、激しい頭痛、嘔吐、発熱のほか、命を落とすことさえあり

ます。

ちなみに、嘔吐も悪いものを排泄する手段のひとつです。下痢だけでは排泄が

間に合わないような毒性の強い物質が入ってきた場合には、嘔吐も一緒に起こ

ります。また、薬で下痢を止めた場合も、それにかわる手段として嘔吐が起こ

ります。

とはいえ、長く下痢が続けば体が弱ってしまいますから、対策が必要です。こ

の場合、体が刺激に対して過剰に反応してしまったと考えられるので、脊柱を

ゆるめる体操で、体の中心部の緊張をほぐしましょう。下痢の症状が落ち着い

てきます。

この体操は、精神的なストレスが原因で起こる、過敏性の下痢にも効果があり

ます。すぐには効果が現れないかもしれませんが、続けることにより、次第に

よくなっていきます。

〈脊柱をゆるめる体操〉

1.手を前からゆっくり上にあげ、両手足で背骨を思いきり伸ばす。このとき、アキレス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。

2.背骨を伸ばしきって2、3呼吸耐えたあと、全身の力をポンと抜く。

 

下痢の時の腹痛をやわらげるには、蒸しタオルが有効です。痛い部分に温かい

蒸しタオルを当てて、冷めたら取り替える処置を数回繰り返します。

蒸しタオルは、神経過敏生の下痢にも効果があります。こちらは痛みがあって

もなくても、お腹に蒸しタオルを当てるようにします。繰り返しているうち

に、腸の過敏反応がおさまってきます。

動画はコチラ

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。