胃を強くする体操

Amebaなうで紹介

胃の調子が悪いとき、たいてい胃のなかには必要以上の量の胃

酸がたまっています。そのため、正常な胃のぜんどう運動が起

こらないので、消化機能が低下します。あまりにも酸が増えて

くると、胃壁が炎症を起こすこともあります。

また、ストレスでも胃のぜんどう運動は鈍くなります。けれど

も、おかまいなしに胃酸だけは増えるので、よけいに胃の調子

が悪くなるのです。

こういう場合、胃の機能を正常に戻したり、ストレスを除くこ

とが根本的な治療になるわけです。現代人の多くが選ぶ、胃の

薬を飲んでてっとり早く調子を良くする方法は、その場しのぎ

の対策にすぎません。胃の調子は、またすぐ悪くなり、そし

て、再び薬を飲むことになるのです。

こんなことをくり返していて、胃の調子が本当によくなるはず

はありません。けれども、私たち現代人は、それを慢性胃炎な

どと呼んで、治らなくても当たり前のように錯覚しています。

くり返し強いストレスをうけているうち、胃壁がこわれてしま

うこともあります。これが胃潰瘍です。

困ったことが起きたときに「胃が痛くなりそう」ということが

あるように、胃の調子はストレスと大きくかかわっています。

感情的なものが最初に伝わるのは腎臓で、次に胃腸となります

が、逆に感覚的に最初に感じるのは腸で、最後が腎臓です。昔

はストレスで盲腸炎になることが多かったのですが、現代は過

敏性大腸炎などの腸炎を起こすことが多くなっています。

ストレス性の胃腸トラブルが起こったとき、すでに腎臓もスト

レスの影響をうけています。腎臓の不調は泌尿器ばかりでな

く、生殖器系にもでます。たとえば、性欲が減退したり、女性

であればホルモンのバランスをくずしたり、月経痛や月経不順

などの月経に関するトラブルが起こります。

胃の不調では、胃がストライキを起こして消化活動を停止し、

食べたらすぐ下痢をするような状態も含まれます。

 

胃を強くする体操

1、前屈しながら肋骨の下に指を入れ、肋骨を上にあげる。

2、指が肋骨の下に入り込んでもOK。1日2回(朝・晩)が目安。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

火傷(やけど)をした時の対処方法

今回は火傷(やけど)をしてしまった時の対処方法についてお話させてもらいます。

この方法はいつでも、どこでも、道具も必要なく、凄く簡単にできるので

覚えておいて損は無いと思います。

やり方は

『やけどをしてしまった患部に、手のひらをかぶせる』

だけです。

それだけで効果があるの??

と思われでしょうが、これにはちゃんとした理由があります。

やけどは「患部を正常な部分と同じ温度にする」と早く、キレイに治ります。

患部の温度は高くなっているので、正常な温度(手のひら)をかぶせる事で高くなっている温度を下げる効果があります。

可能であれば

患部にかぶせた手にやけどのあつさを感じ取り、それを外へ逃がすように動かす。

そしてまた患部に手をかぶせ、熱を感じ取り、それを外へ逃がす

何度も繰り返しているうちに手に熱を感じ無くなればOKです。

一般的には氷や冷水で冷やす事が勧められていますが、確かに患部を冷やす事ができますが、必要以上に冷えてしまうと回復が遅れてしまう場合があります。

ですので、手をつかって対処する事をお勧めします。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

免疫力を高めよう!!

最近の肌寒さを感じるほどの気温の変化で体の調子が優れないという人も多いのではないでしょうか。

この時期は体調管理が難しく、免疫力の低下が体調不良を長引かせてしまいます。

免疫力とは、ウイルスや細菌からカラダを守る自己防衛力のことです。




生活リズムの乱れ、ストレスや睡眠不足などで、自律神経のバランスが乱れる事により

免疫力は低下してしまいます。


そこで、今回は免疫力アップの体操をご紹介したいとおもいます。

 

 

【免疫力UP体操
1.姿勢を正して座ります。
2.
両腕を前に出します。
3.
両腕を引くいていきながら胸を突き出します。
4.
次に両腕を前に出していきながら背中を丸めて行きます。

 

動画はコチラ

 

ポイントはゆっくり背骨の動きを感じながら、カラダが温まってくるくらいまで行いましょう。

免疫力のUPには自律神経の働きが大切です。
自律神経は背骨の近くを通っています。
背骨を動かすことで自律神経が働きやすくなり、免疫機構が活発化します。

パソコンなどのデスクワークをされる方のように、1日の中で背骨が固まってるなと感じている方は、ぜひ免疫力UP体操をやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

腰痛を和らげる方法

動画はこちら!

今回は腰痛を和らげる方法をご紹介したいと思います。

腰痛の原因には

まず内臓からの影響で出ているもの

そして股関節の動き悪くなって出ているものがあります。

股関節の動きが悪くなって出ている腰痛に対しては次のような体操で和らげることができます。

 

その方法をご紹介したいと思います。

① まずリラックスした状態で立ちます。

② その状態から股関節をまっすぐ上にあげていきます。

③ あげた状態のまま股関節を外側に開いていきます。

④ その後内側に閉じるようにしていきます。

⑤ そしてまっすぐに戻していきます。

⑥ そして足を降ろしていきます。

 

これを両足行い終わりになります。片方を3回ずつ計6回を1セットとし1日2セットを目標にやってみてください。

股関節の動きが悪くなることで起きている腰痛の場合

この体操を続けることで股関節の動きがよくなり、腰の痛みが軽減されていきます。

腰痛を改善して健康な生活を送っていきましょう!!

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

冬は“目”と“脳”に負担がかかるんです

冬になると目と脳に負担がかかる事、皆さんご存知ですか??

その理由は…

目は常に外の空気に晒されているからです。

冬の空気は乾燥していて、冷たいので

潤いが大切な目にとってはかなり負担が大きいのです。

目に影響が大きい理由は伝わったと思うのですが…

“脳”に負担がかかる理由は

脳は目と一緒だからです。

????

と思われるかもしれませんが

目は元々脳と同じ組織で、同じ場所にありました。

しかしながら進化、成長するうちに

別の場所になったのです。

その時の名残で目に入った刺激は脳に伝わるのです。

 

ちなみに…

冬は乾燥、冷えによって目と脳に緊張しやすい状態になるのですが…

逆に言うと

目と脳の働きが活発になる時期でもあります。

しっかりと使って、しっかりと休める

そうする事で冬を快適に過ごすことができます。

気になる方はお試しください。

動画はこちらから

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

こむら返りの対処法

動画はこちら

 

 

 

 

 

 

ふくらはぎの筋肉がけいれんし、痛みを感じるのが、こむら返りです。この状態を「足

が、つる」と表現する人もいます。

睡眠中や、足を動かした直後に起こりやすい傾向が見られます。また、筋肉の弱い人が急

激な運動をしたときや、妊娠中の人や糖尿病の人もこむら返りを起こしやすいようです。

これはこむら返りが、筋肉の硬直を起こしているときに起こるからです。

睡眠中に起きるのも、体が休んでいることで、ゆるんでいる箇所と、ゆるみにくい箇所と

の格差が大きく出て、この格差が筋肉の硬直を生むからです。

そのため、体全体に硬直がある人、とくに老人の様な体はゆるむ箇所がないため、こむら

返りはまず、おこらないのです。

さて、整体法では、このこむら返りを腰が疲れたときに起こるものと考えています。腰が

疲れてこわばり、ゆるみが悪くなって、足の裏側の筋肉を硬直させるのです

とくに、骨盤が下がった状態で腰がこわばると、ひんぱんに、こむら返りがおこってしま

います。また寝ているとき、普通なら体全体がゆるむのですが、ほかの部分はゆるんで

も、ふくらはぎの筋肉だけ硬直が残るようになります。

そして、ゆるんだ筋肉と硬直した筋肉のあいだに生じる落差が、痛みのもととなるので

す。寝入りばな、あ?いは明け方にこむら返りが起こりやすいという場合は、たいていこ

のタイプです。

こむら返りが起こった時の応急処置としては、まず、ひざをだくようにして、腰の筋肉を

伸ばすことが先決です。大元である腰の筋肉をゆるめれば、足の裏側の硬直はとれます。

一般には、足の親指を甲側に引っ張る方法がいいといわれているようですが、つま先は足

裏側に丸める方が、足の裏側の筋肉がゆるみます。

 

 

こむら返りが起こった時の応急処置

1、ひざを抱えるように曲げて、腰を伸ばしてゆるめる。

2、あお向けに寝たままでやってもOK。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

“秋”は冬よりも体が冷えてしまいます

秋は暑すぎず、寒すぎずで過ごしやすい季節ですよね

読書の秋

スポーツの秋

芸術の秋

等々

色々な事に取り組むのに、最適な過ごしやすい季節…

だと思われていますが

冬よりも秋の方が体への負担、影響が大きいのです。

と言うのも、夏の暑さの名残で高い気温に体が慣れてしまっているので、

いざ秋の冷え込みが始めると体が上手に順応できない為です。

冬になると朝も、昼も、夜も寒くなります。

常に寒さに晒されるので、しっかりと寒さに耐えるように体は準備するようになるのです。

秋の季節、特に気を付けたいポイントは…

寝冷え

です。

この季節は

寝始めはさほど寒くはないのですが

明け方になるにつれて冷え込みが厳しくなります。

それだけではなくて

寝ている間は起きている時と比べ物にならないほど汗をかきます。

 

どの季節でも寝汗をかくのですが

冷え込みが厳しくなる+寝汗をかく

という組み合わせが、体に大きな影響を与えてしまいます。

それによって、引き起こされる症状は

体のだるさ、重さ

喉や耳が痛くなる

トイレが近くなる

下痢をしやすい

鼻水、鼻血

足がつる

等です。

それらの対策としては

1:お風呂に入ってから1時間以上待ってから寝る

(体温が上がったままで寝ると、余計に汗をかきやすくなる為)

2:冷え対策として、しっかりと布団をかぶって寝る

です。

秋の体調不良が心配な方はお試しください

動画はこちらから

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

呼吸力UP↑↑のポーズ

日差しも柔らかくなり、過ごしやすい気候になってきましたね。

『スポーツの秋』

と、言われるようにこれからの季節は
運動をするのにとても良い季節です。

心もカラダも適度な運動をすることで
日頃の緊張が解放されます。

しかし、カラダの状態によってはせっかくの
運動がカラダに負担をかけ過ぎてしまっている可能性があります。

そこで意識したいのが『呼吸』です!

皆さんご存じの通りカラダを動かすのには酸素が必要です。
呼吸とは酸素をカラダに取り込むためにおこないます。

ただ、呼吸がカラダにもたらす事はそれだけではありません。

呼吸を上手く利用することで軽くカラダを動かせるようになります!

どのようなスポーツをするにしてもカラダの機能を上手く使うには

『呼吸』

が大切なのです!!

そこで今回は『呼吸』を上手におこないやすくするポーズをご紹介いします。

 

【呼吸力UPポーズ】

1.肩幅に足を広げて立つ。

2.胸の前で手を合わせる。

3.手のひらを付けた状態で指先を胸の方に向けていく。

※この時、肘が肩のラインにくることが大切です。

4.この状態でキープし、鼻で深呼吸を約30秒行う。

 

動画【呼吸力UPのポーズ】はコチラをご覧ください。


このポースをすることで呼吸と関係する胸の前の筋肉を中心に
肋骨の動きに関係する筋肉の働きが高まります。

 

『呼吸』を上手におこない、楽しく運動しましょう!

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

気になるむくみの解消法

今回は、むくみの解消方法を紹介します。

 

むくみは代謝が悪いということです。

筋肉の表面を流れているリンパの流れが悪くなり皮膚の下にリンパ液が溜まってしまうんですね。

むくみやすい人は、骨盤がねじれているのが特徴です。

ですので、ねじれを整える体操を紹介します。

 

方法は

①仰向けになり両手両足を広げて大の字になります。

②右足を伸ばして左側に向けて伸ばしていきます。同時に、左腕を右側に投げ出します。おへそを中心に体全体をねじります。そのまま5秒キープします。

③元の姿勢に戻って、次は反対側も同じように行います。

この体操を左右2回ずつ行います。

 

この体操で骨盤のねじれが整ってきますので、むくみが気になる方は1度試してください。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肩の安定性を高めるインナーマッスル その1

肩甲下筋は肩周りのインナーマッスル(ローテーターカフ)の一つで肩甲骨の前面から起始して上腕骨を引きつけて肩関節の安定に貢献している筋肉です。

肩甲下筋の作用は以下の通りです。

・肩関節の内旋・・・腕を横に伸ばした状態で肘を左回しに回転する動作

・肩関節の安定

・肩関節の水平内転・・・両腕を真横に伸ばした状態から体の内側に寄せていく動作

また日常生活で腕を振る動作やボールを投げる動作で肩甲骨が動くときに肩の骨同士を引きつけて外れないように安定させる働きに貢献しています。

肩甲下筋の貢献度は肩関節の筋肉でも高く、故障してしまうと肩関節の動きをスムーズに行えなくなるリスクがあります。したがって普段からしっかり強化しておく必要があります。そこで紹介するのはこちらです。

肩甲下筋を鍛える簡単な運動⇒動画はコチラ

スポーツにおいても肩甲下筋は貢献度が高いのでアスリートの方などは特にこの筋肉を強化することをオススメします!頑張ってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。