寒い時期にオススメな足湯の方法

Amebaなうで紹介

寒い時期に体を温めるのにオススメなのは“足湯”なのですが

冷え込みの厳しい今の時期により効果的な方法を紹介させていただきます

まず足湯には2つの方法があります

・足湯…くるぶしが隠れるぐらいまでお湯に浸す

・脚湯…膝が隠れるぐらいまでお湯に浸す

それぞれ効果が違い

足湯は頭が重い、鼻水、のど等の首から上の症状

脚湯はおなかにガスが溜まる、下痢等の消化器

風邪の後に咳が残る

です

そして今の寒い時期には頭の緊張が強くなるので“足湯”がオススメです

また寝る前に体を温めすぎると寝汗をかいてしまって

かえって体を冷やしてしまうので朝にするのがオススメです

気になる方はお試しください

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

すぐできる!顔のむくみを解消する方法

今回は、顔のむくみを解消する方法を紹介します。

 

朝起きて顔がパンパンにむくんでいるとテンションも下がりますし外に出たくなくなります。

また、年末年始で暴飲暴食をしたり生活のリズムが崩れることでよりむくみやすくなりますよね。

 

ですので、今回はむくみを解消する方法を紹介します。

 

方法は【承漿(しょうしょう)】というツボを押してもらいます。

場所は、顎にあります。

下唇の下にあるへこんだ部分の中心です。

このツボを人差し指で5秒ほど痛みを感じない程度に押します。

だいたい5回ほど繰り返してください。

 

このツボは、顔の水はけを良くするツボですので朝起きて顔がパンパンにむくんでいる時は洗顔後に行ってください。

みなさんも、朝起きて顔がパンパンにむくんでいたらお試しください。

 

 

今回の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

金属アレルギーかな?

金属アレルギーでも矯正は大丈夫?症状や対応を歯科医師が解説! | 新川崎おおき矯正歯科

 

指輪や腕時計などをしていた部分がかぶれて、かゆくなる。それは金属アレルギーの可能性が

あります。身に着けていた金属が汗などに反応して金属イオン化することも多くあります。金属は

身体にとって異物なので、それに対して免疫機能が働き、身体が拒絶反応を起こすことで発症します。

長年身に着けていたものが突然アレルギーの対象になることもあります。金属アレルギーは遅発性

アレルギーなので、ある程度年齢を重ねてから出ることも多く、汗をかく夏場は発症しやすいです。

症状はかぶれと強い痒みです。あせもと似たような症状ですが、金属アレルギーの場合は金属が

肌に触れた部分だけがかぶれるのが特徴です。プラチナなど純度の高いものほど出にくく、

メッキ類はリスクが高いと言われますが、体質により反応する金属の種類や純度も違います。

治りにくい口内炎など口の中にトラブルがある場合は、歯科金属アレルギーの可能性もあります。

金属の詰め物、被せ物の成分が唾液で溶け出して金属アレルギーにつながることもあるので、

心配な方は歯科などの医療機関に相談して下さい。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

年始は、足元を見直してみましょう!

今回は、体で大切な足の話をします。

なぜ足かというと、
人は基本的に「動く」という所から始まっているからです。

動画:足指を休ませる体操

そのため、手を使う事ができ、歩き回る事ができるのです。

「人は、足より手をよく使うじゃないか!」と言われそうですが、
手を使うにも、足に力が入らないといけません。

例えば、椅子に座っていて物を持ち上げるときに、
足が地面に着いているのと、そうじゃない時では、
力の入り具合は大きく違ってきます。

それは、足の指で地面をつかんでいるかで、
力が入るからです。

それによって、体が安定し、
力を入れれる土台が、できるからなのです。

また、足ツボのように
内臓をはじめ、体のパーツまで反応する「全身のツボ」があるのも足です。

それだけ、重要な部分なのです!

歩く時にも、足の指はとても重要な役割を果たします。
「地面をつかむ」この役割は、
足を滑らせない、スリップさせないために大切な事です。

そして様々な、地面に対応しバランスを取るのも、
足の指が関係しています。

【今回は、足指を休ませる体操をご紹介します!】

①足の指をゆっくり曲げ伸ばしします。
②手の指を使って足の指を反らします。
③かかとを付けた状態でトントンと地面に打ち付けます。
④足の指を曲げた状態で、足首を内、外と動かします。
⑤今度は、指を伸ばした状態で足首を内、外と動かします。
⑥最後に、親指から順番に指と指の間を押します。 

動画:足指を休ませる体操

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寒い季節の乾燥対策

秋から春にかけての間、体は知らないうちに乾燥してしまう事は皆さんご存知ですか?

そして体が乾燥してしまうと色々な不調

(むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみ、血液が濃くなり、血流 ・ 血行が悪くなるので血圧が高くなったり、脳梗塞の原因)

の原因になってしまいます

また乾燥してしまいがちな期間の中でも、時期によってどのような水分補給が体にとって有効で効率が良いのかも違ってきます

寒さの厳しい1月、2月は「水」以外の吸収が悪くなってしまうので常温の水をたっぷりと飲むのが効率的です(体の状態が良いと、水がおいしく感じます)

気を付けていただきたいのは『ちびちび』と飲むと吸収がより良いです

がぶがぶと飲むと少し効率が悪くなってしまいます

より吸収を高めたいという方は、お風呂に入りながら飲む事をお勧めします

また、今の時期にむくんでしまう方は座ってでも仰向けでもいいので1日15分ぐらい足を高くする事をお勧めします

その際には温かい汁ものをとりつつ、水をちびちび飲む事でむくみの解消に繋がります

気になる方は是非お試しください

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ひび割れて、お湯でさえしみる。

手あれ(手湿疹) | 診療案内 | えいご皮フ科

それは手湿疹かもしれません。洗剤やアルコール消毒などで本来持っているバリア機能が失われて、

皮膚が刺激に弱くなってしまった状態です。手のひらより皮膚の薄い手の甲に出ることが多いです。

薬剤やお湯に手を常にさらしている美容師さんなどの職業病としてよくありますが、最近は手を洗う

機会が急激に増えたので、多く見られるようになりました。最初は軽い赤みや乾燥から始まりますが、

単なる手荒れと甘く見て放置すると、徐々に悪化してひび割れてしまいます。それが常態化していく

ケースも少なくありません。なかなか赤みがひかないと思いつつ、それが原因と知らずにいつも通りの

洗剤や熱いお湯を使う生活を続けていると、ブツブツとした湿疹が広がり、ひび割れが出来るとお湯

さえしみるようになってしまいます。また、一過性の手荒れと自己判断し、合っていない市販薬を使い

続けていると、ひどくなってしまうこともあります。根本的治療は、原因となった刺激から離れる事です

が、それが分からなかったり、出来ないことが多いです。一度、医療機関に相談してみてはいかがで

しょうか?

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冷えの悩み対策

ここ数日、特に寒い日々が続いていますが

皆様は体調を崩されずに過ごされていますか?

・足が冷えてしまって寝にくい

・寒さによって体に力が入ってしまい、肩がこる、体が強張ってしまう

等の声をよく耳にします

冬の冷えは体に色々な悪影響を与えてしまいます

・足の甲(3番目と4番目の骨の間がつまる、狭くなる)が硬くなる

・腰椎(背骨の腰の部分)が出っ張ったり、歪んでしまったりする

・骨盤が固まってしまって動きが無くなる、縮こまってしまう

等々があります

冷えに悩まされている方の多くは少しでも体が冷えないようにする為に

厚着をしたり、お風呂でしっかりと温まったり、食べ物を工夫したり

と色々な対策をしても

中々効果が表れない、継続して続けることが難しい

等の声をよく聞きます

そんな方にお勧めなのは“足湯”です

足湯だとお風呂に入るのと同じじゃないの?

と思われるかもしれませんが、全然効果が違います

特に先程書かせていただいた

足指(甲側3番目と4番目の骨 を開くようにしてあげると

より効果的です

冷えに悩んででいる方は一度試していただけると幸いです

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

朝の目覚めで手の痺れの原因は?

1日の最初となる朝の目覚めは、
誰もがスッキリ目覚めたいと思うものです。

しかし、忙しさが続くと体が疲れ、
睡眠をとっても眠りが浅くなったり、
疲れがとれない時もあります。

そうなると、肩こりや頭痛、腰痛などが出てきたり、

普段は無いような症状も現れます。

そのような中で、手が目覚めた時にだけ痺れている感覚があって、
しばらくすると、その感覚が治る場合もあります。

このような症状では、
寝る姿勢が悪くなっている可能性
があります。

そうなると、同じ姿勢で寝てしまうので、
寝るときにかかる負担が、体の同じところになるので、
不調が現れるのです。

もし痺れの感覚が、長時間続く場合は、専門家の治療をお勧めしますが、
多くの場合、手の痺れ感は、肩が圧迫されてしまい、
腕の付け根にある血管の、神経、リンパにも負担がかかります。
そこから、手の痺れや腕のむくみに繋がるのです。

今回は、目覚めに手の痺れがある人への体操をご紹介します!

①肩を横にまっすぐ上げて肘を直角にします。(ガッツポーズみたいな感じです。)
②その状態で、前後ろと肩を動かします。(5回程度)
③次に腕をまっすぐ伸ばした状態で、腕を上げ下げします。(5回程度)
④今度は、腕を肩の高さにして肘を曲げます。
⑤この状態から、二の腕を掴んで肘を曲げ伸ばしします。(5回程度)

寒い季節は、姿勢が悪くなりますので、
この体操で、肩の巻き込みも改善してくださいね!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

女性がふとりやすいのは?

お腹ぽっこりイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

生理や更年期の症状がとても辛い時には、食欲もなくなるので体重などは気にはならないかも

しれませんが、不調がやまを越えたり、治療を行って症状が和らいでくると、体重の増加は女性が

かかえる問題の1つです。ウエストのくびれは女性ホルモンのなせる業と言われますが、女性ホルモン

が無くなる方へいく更年期だけでなく、生理期も女性ホルモンが変動するので体重がふえやすい

のです。特に下腹についた脂肪は、内臓を包んでいる腸間膜につく内臓脂肪。お腹には内臓をおおう

骨が無いので、腹筋が落ちるとポコッと出っ張ってしまいます。この対策としましてはとにかく食べ過ぎ

ない事です。今日たくさん食べてしまったから、明日は食べ無いようにしようと思っても、なかなか

節制できないです。脂肪を燃やすには筋肉をつける事も大事です。女性は外でも家でも忙しいので、

これまで運動習慣のない人は外に出るだけでも大変です。インターネットなどで楽しそうな

エクササイズ動画をみつけ、好きな時間にやってみるのもイイと思います。身体を動かすことは

ダイエット効果だけでなく、気分転換にもなり、生理や更年期の症状の緩和にもいいです。くれぐれも

無理のない範囲でお願いします。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

知らない間に乾燥してしまっているかも…冬の乾燥対策

冬になると体に大きく影響を与えるものがあります

それは…

“乾燥”です

皮膚が乾燥するので、さらっとして過ごしやすいと感じる方もいらっしゃいますが

知らないうちに体から水分が蒸発してしまっています

身体から水分が蒸発していくと

むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみ

等が現れてしまい

また、水分不足から血液が濃ゆくなってしまい

血行が悪くなってしまったり、血管、心臓に負担がかかってしまいます

ではどのように対策をすればよいのでしょうか?

水分を吸収するのに一番有効な方法は

お風呂に入りながら少量ずつ水を飲む

です。この方法が最も 吸収が良いのです。

お風呂に入りながらはちょっと難しい…

と言う方は

お水をちびちびと、杯でお酒を飲むようなつもりで、少しずつ飲みます。

思い出したらちょっと一口、そんな調子で少量ずつ、回数で量をかせぐのが有効です

乾燥は春のお彼岸頃まで続きますので、気になる方は注意されると幸いです

お試しください

動画はこちらから

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。