だるさに効果的な体操

Amebaなうで紹介

動画はこちら

 

 

 

 

 

体のだるさの原因は、さまざまなところに

求められます。なかでも「だるさ」と聞いたき、いちばんに連想するのは腎臓に原因があ

るケースです。

腎臓の機能が低下し、たまった老廃物をうまくろ過・排出できなくなると、体がむくんで

だるくなります。だるさとともにむくみが見られるときは、腎臓の働きが弱くなっていな

いか、疑ってみましょう。

また、心臓の働きが弱まると、血流やリンパがうまく流れなくなり、老廃物がたまって、

だるくなることもあります。この場合、おもに足のむくみを伴います。寝ていてもだるい

ようなときは、心臓に原因があることが多いようです。膵臓の働きが弱くなったときに

も、だるくなります。糖尿病の人が訴えるだるさが、これです。ほかに、肝臓や肺の動き

が弱くなったときにも、体がだるくなります。

またストレスなどの精神的な理由から、体が、だるくなることもあります。ショックを受

けて動けなくなることがあるように、体にうまく力が入らないとき、人の体はだるさを感

じるのです。

このように、だるさのもとはいろいろあるのですが、精神的なものが理由である場合を除

けば、血液やリンパの流れがとどこおったため、全身に老廃物がたまることが共通してい

ます。
では、老廃物をどうやって排出するかですが、腎臓は胸椎の10番に関連しています。内

臓の機能を高めるために複合体操を行いましょう。

①正座から後ろに手をつきながら、ゆっくりと上体を後ろに倒していく。

②上体が床についたら、おなかの前で一方の手首を片手でつかむ。

③肘を軽く伸ばし、頭の上に腕をあげて、そこで、さらに腕を伸ばします

一度試して欲しいと思います。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

首のシワをスッキリ伸ばす方法

今回は、首のシワを伸ばす方法を紹介します。

これからの季節、暖かくなってくると首元のスッキリとした服を着るようになると思います。

そうなると、首のシワが気になってくる人も多いんじゃないんでしょうか。

首にシワが有るのと無いのとでは実年齢よりも5歳ほど違って見えると言われるぐらいです。

 

では、なぜシワができてしまうのか

・コラーゲンが少なくなる

・表情筋の筋力の低下

・乾燥

などなどいろんな原因があります。

 

そこで、今回は手軽にできる首のシワの伸ばし方を紹介します。

それは、ツボを押します。

場所は、【天窓(てんそう)】と言うツボです。

アゴを上にあげた時にちょうど喉仏の高さで耳の真下の場所にあります。

ここを刺激することで、血液の流れやリンパの流れを良くすることができますので、表情筋や皮膚の血行を良くすることができます。

その結果、首のシワが伸びてきます。

この刺激を5秒を5セットほど左右行います。

 

皆さんも、首のシワが気になってきていたり首元のスッキリとした服を着たいという方は試してみて下さい。

 

今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

猫背改善のために大事な大胸筋

近年、日中のパソコン作業やスマホ操作により猫背になる人が増加しています。実際にご自身がパソコンやスマホを操作している姿勢を想像してみて下さい。

パソコンやスマホの画面を見るため首は下を向いて背中は丸まった状態になっている方が多いと思います。

そうなると身体の前側にある筋肉が委縮して肩関節が前方に引きつけられ猫背になってしまう方が多くなっています。

この猫背になる原因を作っている筋肉が「大胸筋」という筋肉です。

本来、大胸筋は腕を上げたり横に開いたりして腕を動かす際に必ず動く筋肉で生活していく上で大事な役割を担っています。しかしながら最近ではパソコンやスマホの普及により日常生活で腕を動かすという動作が極端に少なくなっています。

そうなると肩関節に付着している大胸筋は徐々に本来の柔軟性を失い筋肉が縮みやがて肩が前側に引き寄せられて猫背の姿勢になってしまいます。

その改善策として大胸筋の柔軟性をつける必要があります。

そこで簡単に大胸筋を引き締めて柔軟性をつける体操を紹介します。

動画はコチラ→大胸筋の簡単な鍛え方

筋肉は30分以上動かないでそのままでいると、その状態を記憶すると言われています。仕事でパソコンやプライベートでスマホを使う多くの人はこれに該当すると思われます。

自宅に帰られたら少しの時間でもいいのでこういった体操をして筋肉の状態をリセットすることをおすすめします。頑張ってやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

産後に絶対やらないといけない体操!

体操動画はこちら!

出産をされたお母さん。産後2、3か月まではどのように過ごされたでしょうか?

本来、その時期というのは絶対安静が必要なのです。できれば入院していてもらいたいぐらいの安静が必要です。なぜなら骨盤は産後2~3か月をかけて正常な位置に戻っていくからです。その時期に無理をすれば、骨盤が歪んだ形で固まってしまい、骨盤が支えているたくさんの臓器に負担がかかります。特に子宮や卵巣は骨盤の歪みによってすぐに悪くなってしまい、ホルモンバランスなどが崩れ身体に大きな悪影響を与えてしまいます。

その結果産後に

・頭痛

・貧血

・めまい

・腰痛

・太りやすくなった

・足の冷え

などあらゆる体の不定愁訴を引き起こしてしまう可能性があります。

今は昔と違って核家族化が進み産後に安静にできることが少ないかと思います。そのため、多くのお母さんは出産をきっかけに身体に異常をきたしています。症状が現在出ていなくても将来症状が出てくる可能性があります。

ですから、出産をされた方は骨盤を正しく戻す必要があります。 そんな方がやらなければいけない体操があります。

①まず足を肩幅に開いて立ちます

②その状態でおへそと股下の間に力をいれます(力は入れれるだけいれてもらったほうが効果があります。)

これだけです!

これを1回5分以上、1日に3回ほどやってもらえれば早い方で2週間ほど、遅い人でも1か月ほどで骨盤が良い位置に戻ります。

産後に体調が悪くなったお母さんは絶対やってくださいね!!

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

いつでも、誰でも簡単にできる花粉症対策

動画はこちらから

2月も半ばに差し掛かっていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

この時期になってくると

・目が充血したり、かゆみがある

・鼻がつまったり、鼻水が出続ける

等、花粉症に悩まされている声を耳にするようになります。

ヨーグルトやお茶等で体質を改善させたり

ワセリンを鼻や目に塗る

色々な対策方法がありますが

今回は“整体”の観点から対策方法を紹介させてもらいます。

その対策方法とは『肩甲骨を動かす』です。

やり方はすごく簡単で

1:力を入れて肩甲骨を内側に寄せる→力を抜く

2:肩甲骨を上に上げる→力を抜く

これを朝、夜10回やるだけです。

肩甲骨を動かすだけで花粉症に効果があるの??

と思われるでしょうが、ちゃんとした理由があります。

少し長くなりますが、興味のある人は読んでみてください。

人間の体は四季によって状態を変化させます。

冬は寒さに耐えたり、エネルギーを蓄積しておくためにギュッと固まっています。

気温が上がるにつれて、変化に対応する為に体がゆるんでいくのですが…

ゆるんでいく順番が決まって頭蓋骨→肩甲骨→顔の骨の順になっています。

この変化がスムーズに行えると良いのですが、それらの動きが悪かったり、邪魔が入ってしまうと色々な不調が現れてしまうのです。

この中で花粉症に関係があるのは“目や鼻の粘膜に深く関係する”顔の骨です。

そこがゆるまないと粘膜が過敏になって花粉による影響を大きく受けてしまうのです。

ですので、肩甲骨をゆるめると顔の骨がゆるみやすくなり目や鼻の症状が出にくくなるのです。

花粉症に悩まれている方は是非お試しください。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

寝過ぎの腰痛は、体のこわばりを改善すれば解決!

昔から、風邪やインフルエンザの最も効果的な

治療は、「睡眠」でした。

(風邪関係の記事は、このブログ内を検索するとありますので、参考にして下さい!)

 

寝ることによって、起きている間に使われている

筋肉や感覚の働きを最小限にして、菌やウイルスに

侵されている部分を、最大限に回復させることができるからです。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以前は、“風邪は体にとって悪いこと”とばかり思っていましたが、

「身体」から見ると、免疫の活性化や体のゆがみを回復させるなど

健康を保つためには、必要な反応もたくさんあると分かってきました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

風邪をひいて調子が悪い時には、やる気はでない。しんどいし、、、

とマイナスな状態ですが、晴れて回復すると

途端にやる気がみなぎってきたり、頑張る力が湧いてきます。

 

その時、改めて健康な身体はいいものだ!と感じ、これからは

風邪に気をつけよう。健康にしようと思うものでした。

 

 

そんな感じで、風邪などの病気は自分の体、健康の大切さを

気付かす大切な役割もあるのではないかと感じます。

 

 

最初で話したように、風邪やインフルエンザを治す

最良な事は「睡眠」ですが、これは日頃よりも圧倒的に睡眠時間が増え

今度は、”腰痛”に悩まされてしまう人が、現在では増えるようになりました。

 

その為、今度は「腰が痛くて眠れない」という悩みが出てきて、

特に、高熱が出ていた人は余計に感じるようになります。

 

これは、発熱によって筋肉が「緩む」から

回復段階の「適度な硬さになる」、ちょうど中間の状態です。

 

だから、筋肉が思うように動けないので、腰痛という形で表れています。

 

==================================

これを、少しでも回復させるには、この体操を試して下さい!

  1. 立った姿勢で、腰を右に傾けます。
  2. その時に、反対側にある腰の筋肉を足の方向に向かって押します。
  3. そのまま3呼吸して、まっすぐの姿勢に戻ります。

※1 左にも同じように傾けて行います。

※2 左右3回ほど繰り返すと、徐々に腰の動きが出てきます。

動画:風邪やインフルエンザで寝過ぎた後の腰痛解消法

===================================

人それぞれ回復するには個人差があり、

年齢によっても変わりますが、治り始めや

回復していく過程も大切です。

 

ただ、「治れば解決」と思っていると、

また、同じようにぶり返してしまいますからね!
動画:風邪やインフルエンザで寝過ぎた後の腰痛解消法

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

下痢に効果的な体操

動画はこちら

 

 

 

一般に、やわらかい便や水のような便が出

る事 を下痢といっていますが、便の状態にも個人差 があります。いつも便がやわらかい

が、体調に 問題はないという場合は、下痢とはいいませ ん。

水っぽい便が普段よりも回数多く出たり、排便時にお腹が痛むなどの不快な症状を伴う場

合を、下痢と言います。

現代の西洋医学では薬を使って下痢を止めようとしますが、整体法では特別な場合を除き

下痢を止めるようなことをしません。なぜなら、人間の体には不必要なもの、害になるよ

うなものが体 内に入ってきたとき、それを外に出そうとする働きが備わっており、下痢

もその手段のひとつ つだからです。

たとえば、傷んで悪くなった食べ物、食中毒を起こすような細菌やウイルスが付着した食

べ物を、うっかり食べてしまったとします。このとき下痢をして、さっさとそれらを体の

外に出してしまえば、せいぜい腹痛程度の被害ですむのです。

とはいえ、長く下痢が続けば体が弱ってしまいますから、対策が必要です。この場合、体

が刺激に対して過剰に反応してしまったと考えられるので、脊柱を緩める体操で、体の中

心部の緊張をほぐしましょう。下痢の症状が落ち着いてきます。

この体操は、精神的なストレスが原因で起こる、過敏性の下痢にも効果があります。すぐ

に効果が現れないかもしれませんが、続けることにより、しだいによくなっていきます。

①手を前からゆっくり上にあげ、両手足で、背骨を思いきり伸ばす。この時、アキレス

腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。

②背骨を伸ばし切って2.3呼吸耐えたあと、全身の力をポンと抜く。

一度試してみて欲しいとおもいます。

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

頑固な冷え性の原因は〇〇だ!

今回は、冷え性についてです。

 

冷え性で悩んでいる人ってすごい人数いてると思います。

手足が冷えすぎてなかなか暖まらない。とか

冷えすぎで夜寝れない。とか

厚着をしているのに全然暖かくならない。って

すごい辛いですよね。

 

そう言って人は大体【毛細血管の衰え】が原因になっています。

毛細血管が衰えると血管があってもそこに血液がうまく流れなくなります。

そのような状態だと、どんなけ暖かくしていても全然暖まらないんですね。

 

ですので、毛細血管を元気にする方法を紹介します。

 

その方法は

①壁に手をつき、足を肩幅に広げて立ちます。

②ゆっくりと踵をあげていき、ゆっくりと踵をおろしてきます。

この運動を1日20〜30回行ってください。

この運動で、ふくらはぎの筋肉を使いポンプ作用が働いて血液を送り出すことができますので毛細血管もだんだん元気になり血液が隅々まで行きわたるようになります。

そうすることで、冷えてもすぐに温まる体が出来上がります。

 

皆さんも、冷え性で困っているのであれば試してみてください。

 

今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

体に優しい“水分”のとりかた

動画はこちらから

寒さと乾燥が気になる時期になっていますが、皆さん健康に過ごされていますか??

冬は体にとって一番水分が不足してしまいやすい時期です

(秋の彼岸~春の彼岸まで)

あまり気にせず生活していると知らないうちに体が乾燥してしまい

・ドライアイ

・鼻や喉の粘膜が乾いて、風邪やインフルエンザの原因

・肌が乾燥してかゆみが出る

等、不調の原因に繋がってしまいます。

「水分って大切で、乾燥しないように気を付けないと…」

そう思っている方に気を付けて欲しいのは

『水分の摂り方』です

効率よく吸収する為(種類、量、タイミング)には大切なポイントがあります。

1:“水”を補給する

当たり前のようですが、お茶やコーヒー、汁物よりも“常温の水”でないと上手く体に取り込まれません。

2:ガブガブ飲まずに杯でチビチビ飲むような感じで少量をちょこちょこ摂ると効率よく吸収できます

3:特に吸収しやすい方法はお風呂に入りながら飲むとGOODです。

ちなみに…この時期に多い悩みとして“むくみ”があります。

皆さんは大丈夫ですか??

水分の摂り過ぎが原因だと思われていますが実は…

体が水分を外に出すのをおしんで捨てないようにしている為です。

そんな時は1日15分ぐらい足を高くして座ったり、寝たりして、温かい飲み物をとる事で改善されます。

気になる方は是非お試しください。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

痛みがあるのに原因不明はどういう状態?

足を捻挫すれば、足首の靭帯や筋肉のダメージで痛みが出ます。

また、胃が荒れると食欲が無くなり不快感を感じます。

 

痛みや違和感など、体が不快に感じるのは、健康な体と比べると

どこかに異常を感じているからです。

 

しかし、痛みや症状があるにも関わらず、

はっきりとした原因が特定できないことが、しばしばあります。

東洋医学では、「未病」とも言ったりしますが、

それとは、ちょっと違っていて、

本当は原因があるのに、隠れている場合もあります。

 

例えば、痛みが出ている所とまったく予想もできないところに原因がある。

また、痛みや症状に関係しないところに原因がある。などです。

 

こういった事で、見逃されてしまって、結論が出ない。原因が分からない。

になってしまい、痛みに苦しめられてしまいます。

 

これは、リウマチと似たような症状があるが、

検査では、リウマチだと確証が得られない。という方や、

今まで、普通に歩けていたのに、突然、足が痛くなり

思うように歩けなくなったなど。がこのような状態に該当することもあります。

 

検査では特に目立った異常は見当たらない、、、

しかし、確かに痛みや症状が表れている。

それなのに原因が特定できないのは不思議だと思いませんか?

 

 

その理由の1つに、「体のバランスと血流」の問題があります。

重心がズレると、病気でなくても内臓の機能が徐々に低下して、

血液の流れに乱れが表れます。

初期の段階では大丈夫ですが、これが崩れ始めると

ジワジワゆっくりと体が悪くなります。

検査では、重心や血流などそういった所までは調べません。

 

初めは痛みなどはありませんが、体の限界を超えると

一気に痛み出すのが特徴です。

 

例えは悪いですが、家がシロアリに食べられているようなものです。

気付いた時には、ボロボロになっているような状態ですね。

 

その主な原因が、”首”にある事が多くあります!

 

 

しかも、首の前にある血液の流れが停滞していることで、

調子が悪くなってしまいます。

 

よく、喉のリンパが腫れて痛い。とか言われる首の部分の

血管が弾力が少なくなったり、筋肉が固まったりして、

血液の流れが乱れてきます。

 

頭に血液を送る大切な血管だからなのか、

体にとっては危険信号に感じてしまうのかもしれません。

だからこそ、体に痛みを作り出して「何とか治して欲しい」と

訴えているのかもしれません。

 

この血管の流れをよくするには、

首の前の筋肉に沿って、鎖骨まで刺激(押す)していく

流れが一気に改善しやすくなります。また、首の前を温めるのも

有効ですので、もし痛みで困ったときはこれを試してください!

動画:『原因不明の痛みや、ながく続く痛みの対処方法』

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。