耳に何か入った!

Amebaなうで紹介

 

一般的には、幼児が小さなモノや砂、小石、食べ物などをイタズラで入れてしまう事が多いです。

自分で入れたことをすぐに認めた場合や、周りにいた大人が目撃した場合は簡単な対応で済む

ことが多いですが、イタズラした事を怒られると思って、恐れて言わない場合は経過が不明となり、

化膿してしまったり、血が出てしまったり、痛みを訴えたりすることがあります。また、それ以外には、

昆虫や害虫が耳に入るケースもあります。その場合は、虫が耳の中で動くたびに不快な音がしたり、

耳の中を虫のトゲや足で傷つけて痛みを伴ったりすると、そのまま医療機関に行く場合が多いです。

いずれにしましても、命にかかわるような緊急性は高くないです。しかし、本人や家族(特に両親)は

時としてパニック状態となることがあり、コミュニケーションすらままならない場合もあります。そして、

小児の場合などは特に医療機関や白衣を着ている人に対して、恐怖感を抱いていることがあり、まず

気持ちを落ち着かせるようにするのが大切です。それから診察をきちっと受けることができればと

思います。  →「耳に入った時の流れ、注意点」

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

じめじめして、この時期やる気が出ない人へ

じめじめすると、中々やる気が出ない・・・

ぼーっとしてしまう

そんな風に感じる方、結構多いのではないでしょうか??

一番の原因は息がしにくくなってしまうので

症状が出てしまうのですが…

原因は“胸の筋肉や肋骨が縮んで、呼吸が浅くなってしまう”為です。

では、その元になるのは…

梅雨の時期特有の“腰の縮み”によるものです。

そして同時に

気候の変化が激しく、気圧や気温の影響が大きい時期です。

それらが冷え緊張よりという形で体に負担をかてしまい、症状に拍車がかかってしまいます。

では、これらを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

まず、浅くなってしまった呼吸を正常化するために足の指を引っ張ります

???

と思われるかもしれませんが

足の指を引っ張る→腰の縮みが解消→胸の筋肉や肋骨がゆるむ→呼吸がしやすくなる

のような流れになります。

その後、お風呂に入り冷えと緊張を取り除けばばっちりです。

不調を感じられる方は是非お試しください。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

外反母趾になってくるのはナゼ??

夏場になると、サンダルやパンプスなど足の指が見える
履物になると、足の指の形が気になりませんか?

指の形で気になるのが外反母趾(がいはんぼし)です。
指が曲がって見た目にも気になりますが、
親指の付け根が痛い!など歩く時にも支障が出てきます。

この外反母趾は、足の親指が小指側に向き、
酷いものになると隣の指に重なったり、直角まで曲がってしまう場合もあり
曲がり始めたら、年月をかけて曲がり痛みも徐々に出てきます。

『外反母趾になりやすい体型がある!』

ヒールなどのつま先に圧力がかかりやすい履物で
なりやすいのですが、首が前に出ている。背中が丸い。など
特に、背中の上から首にかけて猫背になっている人
外反母趾になりやすい体型と言えます。

それは、ヒールなどでわかるように、
体重が前にかかってしまうからです。
ヒールに加え姿勢の悪さがさらに悪化させてしまう原因、

これは、男性にも外反母趾が増えているのにも関係していて、
ヒールを履く習慣が無いにもかかわらず、
気付いたら足が曲がっていた、、、それは、姿勢から影響して
外反母趾になりますので、ヒールを履かないからと言って
安心していると危険ですよ!

外反母趾予防法

    動画:『外反母趾予防法』 

  1. 足の指を足首に向ってやや強めに擦ります。
  2. 足首と掴んで前後に足を動かします。
  3. 骨盤を両手ではさみ屈伸運動をします
カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

顔色の悪さ、目の下のクマ解消法!!

動画はこちら

 

今回は、目の下のクマ、顔色の悪さの解消法で

す。

顔色を見れば、その人の健康状態が、ある程度わ

かります。基本的には赤っぽい色が健康的です

が、血圧が高くて赤っぽくなっているのは健康的だとは言えません。

そこで、ここでは血液循環が良い人の事を「顔色が良い」と考えることにします。

逆に「顔色が悪い」というのは、低血圧や病気などで血流が滞ってしまった場合を示しま

す。

さて、睡眠不足や過労でも血液の循環は滞りますし、女性なら月経の時は循環が滞りがち

になります。こんな時は、原因になる状況を解消すればよいのですが、特に思い当たる原

因もないのに、いつも顔色が悪いというなら、それは全身の血流が滞っているのかもしれ

ません。手足が冷たい、立ちくらみがするなどの症状があれば、まさにこれに該当しま

す。

血流を流す方法をご紹介します。

①手を前からゆっくりと上へあげ、両手足で、背骨を思いっきり伸ばす。この時、アキ

レス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。

②背骨を伸ばし切って2,3呼吸耐えた後、全身の力をポンと抜く。

背骨を伸ばすことで、まず、体を緊張させ、ポンと力を抜く反動を利用してポンプ作用の

ように全身に血液を送ります。背骨がつまって老廃物が流れにくくなってる場合など効果

的です。試してみて下さいね。

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

止まらないと困る!

 

 

鼻血の原因として、鼻粘膜の毛細血管が外部からの刺激によって傷つき、出血する場合が多い。

この出血は鼻の入り口から1㎝~1.5㎝くらい奥にある鼻中隔前方の部位によるものが70%以上

で、小児の鼻血では、この部位からの出血が90%以上です。鼻腔粘膜は内頸動脈と外頸動脈の

両者の分枝から血流を豊富に受けており、この吻合部にこの部位があります。ここは、毛細血管が

多い上に、薄い粘膜で出来ているため、わずかな刺激でも出血しやすい。例えば、アレルギー性鼻炎

などで、頻繁に鼻をかむなどにより、傷をつけると鼻血となります。中高年の鼻血では、高血圧、

糖尿病、心臓病などのことがある場合に、持続性の止まらない鼻血が起こることがある。心筋梗塞、

脳梗塞の治療や予防のための抗凝固薬や抗血小板薬により、血が止まりにくくなるためであり、

頻繁に鼻血が起こる原因となる事があります。稀な原因としましては、女性の場合、代償性に起こる

ことがあります。月経時や初潮前、妊娠時などに鼻血が出ることがあるのがそれです。いずれにしても

まずは、衣服のボタンなどを緩めて安静にすることで、血は止まります。それから、心配な方は耳鼻

咽喉科へ行きましょう。  →「素早い対応が大事です。」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨の快適な過ごし方

梅雨 の季節は湿度が高く呼吸器が働きにくくなり、

そのせいで体が重くなったり、だるくなりやすい時期です。

体に溜まってしまった水分を汗として排泄する事ができるとよいのですが

今はどこに行ってもエアコンがあるので、汗をかいてもすぐに体が冷やされてしまい

本来出るべきだった汗が中に引っ込んでしまいます。

その程度の事なら、また汗をかけばいいじゃないか?

と思われるかもしれませんが

一度引っ込んでしまった汗は中々かきにくく、そして汗と一緒に外に出るはずだった老廃物が体の中に入り込んでしまうのです。

この現象がやっかいで

体が重い、だるい、むくむ、筋肉が痛む、妙に眠くなるなど。

頭痛、眼の奥が痛む、鼻水がる、急な下痢、ガスがたまってお腹が痛い

など、いろいろな症状を引き起こします。

汗を引っ込めたために体調が悪くなったときは

もう一度汗をかくのが一番です。

ただし、入浴などで温めて汗を出しただけでは、なかなか解消しません。 

頭と頚の境目にある「頚上(けいじょう)」というところを温めると効率よく汗が出てきます。頚上は、蒸しタオルを小さくたたんで当て、8分から10分ほど温めます。

そのときに出る汗は、ベタベタした汗です。さわるとベタついています。これが、だんだんサラッとした汗に変わってきます。そうすれば汗が引っ込んでしまった影響は抜けたと思ってOKです。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

お尻の位置が左右で違うのは、腰椎の影響が大きい

まっすぐ立っているのにお尻の位置が左右で違っていたり、
座っているのに、どちらかのお尻に体重が掛かってしまう。など

まっすぐにしているつもりでも見た目や感じ方に、
左右差が出ている時は、
お尻の筋肉が緩んでいるかもしれません。

筋力が無くなっているのとは違って、
「力が入らない」状態になっています。
普通は100%入って正常ですから、1%でも入らなくなると
「体が歪みやすくなる」のです。

そうなると、
下がって見えたり、左右差を感じてしまうことになります。

この原因の1つに、腰椎1番のズレ。

この部分がズレて神経の伝達が上手くいかないと
おしりの筋肉が緩む以外に、夢を見やすくなって眠りが浅くなるという症状が出現しやすくなります。

この腰椎1番がズレているかどうかを判断するには、
立った姿勢で、体を左右に傾けた時に突っ張る筋肉がある側に
この腰椎がズレている事になります。

実は、この腰椎1番。
糖尿病にも関係していて、インスリンを出す膵臓に負担を与えてしまいます。
簡単に言うと、この腰椎という骨がズレた影響で
膵臓を圧迫し続け、ストレスを与えているので、疲れやすくなる内臓環境ができています!

今回は、このズレを解消する方法をが紹介します!!
立った姿勢で、体を左右に傾けた時に、突っ張る筋肉がある側の筋肉を
背骨に向って弾くように押します。これを4,5回繰り返すと元の位置に戻ってきます。

動画:『片方のお尻が下がっている人の解消法』

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

不眠症解消法!!

 

動画はこちら

 

 

今回は、不眠についてです。

整体法では、睡眠をからだにエネルギーを蓄

える為の重要な行為と考えます。私たちの体は、過度な疲労があれば、自然に睡眠という

栄養を欲するように出来ているのです。

さて、不眠症には、様々なタイプがあります。

まず、なかなか寝付けない場合は、そもそも眠りが必要なほど疲れていないことが多い

のです。夜中や朝早く目が覚めてしまう場合も同様で、疲労が取れてしまったから自然に

目が覚めたとも考えられます。それを「何時間寝なければいけないのに」と思い込む必要

はありません。必要な睡眠時間には個人差があり、2,3時間で十分な人もいれば、8時

間以上眠らないと調子が悪いという人もいるのです。注意を要するのは、極端な疲労のた

めに体が硬直して眠れない場合で、特に大胸筋という胸の筋肉が緊張しています。この筋

肉は呼吸と関係し、息が浅く熟睡出来なくなり、脳の疲れを回復できず不眠感が残るので

す。

この体操をご紹介します。

①横向きになって寝て、下になった側の腕に頭をのせます。上側の腕を手の平を上にし

て体に沿わせます。

②前から腕を回し、耳の脇を通って斜め後方で止めます。この時、肩を支点として腕の

力を抜くと、腕の重みで大胸筋が伸ばされ、胸郭が開いてきます。

これを3回ぐらいして、逆も同じようにします。

胸の筋肉を緩めて、深い呼吸が出来るようになると、よく眠れるようになると思います。

 

 

 

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

白髪を増やさない様にする方法

今回は、髪についてです。

白髪って鏡を見ていると結構見つけてしまったりないですか?

僕は結構見つけちゃうんですね。

また、見つけるとちょっとショックです。

ですので、できるだけ白髪を増やさない様にしたいんですよね。

そこで、白髪を増やさない様にするにはどうすればいいのか。

それは、生活習慣にあります。

運動や食事、睡眠等々ありますよね。

 

特に睡眠は大事で、寝ている間に成長ホルモンが分泌されることで白髪の予防や改善がされます。

ですので、熟睡をするのが1番なんですね。

熟睡するためには、

①寝室の照明を暗くするのがいいです。

明るいと目からの刺激があるので、それがストレスになり熟睡できません。

②睡眠時間をしっかりとる。

睡眠時間が短く慢性的に睡眠不足になってしまうと身体も疲労が溜まります。

その結果代謝や頭皮に行く血流が悪くなり白髪の原因になります。

③寝具を清潔にする。

寝具やシーツは寝ている時の寝汗などで雑菌が増えてきます。そのまま、洗わずに寝ていると頭皮に雑菌が来ます。その結果毛穴を詰まらせてしまったりして毛に栄養が行きにくくなり白髪が増えます。

 

最近白髪が気になるという方は、睡眠に気を付けて白髪を減らしていってほしいと思います。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

様々な種類のストレス

 

私たち人は、日々さまざまなストレスの影響を受けています。暑さ寒さ、大気汚染などの物理的、環境

的ストレス、仕事や勉強などの社会的ストレス。病気やケガなどの肉体的ストレス、失敗や挫折などの

精神的ストレスなど、ありとあらゆるものがストレスになる可能性があります。どの種類のストレスを

受けやすいかは、年齢や性別、職種、住んでいる地域などによっても違いますし、その人の性格や

ストレスへの耐性が強いか弱いかなど個人差もあります。ストレスも軽いうちならリラックスを心がける

などで対処できますが、重く、長く続くと精神的にも肉体的にも疲労こんぱいしてしまって、自律神経の

バランスが乱れて身体にも様々な悪影響を及ぼします。初期の段階では、まだ心身に反応が生じて

いるぐらいでも、中期になってくると、かろうじて心身がバランスを取っている状態になり、末期には

ストレスに耐え切れず心身に不調が現れるようになってしまいます。中期になってくるぐらいから、

積極的に休むことが求められ、末期になると、もはや専門的に治療を受ける必要が出てくるレベル

です。誰にでも大なり小なりストレスはあり、長く続くと心身の不調も大きくなります。そうなるまでに、

医療機関に相談するなど対処して下さい。→「自分で自分のストレスを取る?」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。