熱中症の時に“心臓に関係する”絶対に見て欲しいポイント

Amebaなうで紹介

お盆が明けたものの、まだまだ暑い日が続いていますね…

 

そのせいもあってか、熱中症関係の話やニュースを耳にする機会が多いです。

 

熱中症対策として一般的なものは

水分補給&ミネラル補給

風通しの良い服を着る

腋の下や太ももの内側(大きな血管)を冷やして全体的な体温を下げる

等で…

 

さらに僕が気をつけて欲しい事として

・まめに排尿する事です。

なぜ排尿??と思われるかもしれませんが、これにはおしっこの成分が関係しています。

おしっこは身体の中でいらなくなった老廃物や不要物を体の外へ出してくれています。

しかしながらおしっこを我慢していると含まれている老廃物や不要物が血液中に戻ってきてしまうのです。

こうなってしまうと、血液の成分が悪くなってしまい熱中症が表れやすくなってしまうのです。

 

そして、今回特に皆さんにお伝えしたいのは・・・

腕の真ん中を触って欲しいのです。

ここは「心包経」と呼ばれる部分で、心臓や循環に大きく関係しています。

 

ここが固く、筋張っていれば心臓や循環機能に支障をきたしているサインなので

熱中症の症状が重篤になってしまう危険性を大いに含んでいるサインになるのです。

 

固くなっている部分を指で押さえ、3呼吸ほど我慢し、吸う息に合わせて離していくと固さや筋張りが解消されます。

熱中症かな?と感じたり、熱中症の疑いのある人がいる場合、チェックしてみて下さい。

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

もう古くなっている!? 肩甲骨を動かすよりも、簡単にできる肩こり解決法

【問題】
この病気は何でしょうか?

人口の約30%が自覚がある。
女性の第1位。
男性の第2位。

答えは。。。

肩こり』です!

そして、男性よりも女性が約2倍以上
肩こりを訴えています。

一般的には、「肩こり」と聞くと、

「仕事の疲れだからしかたないよ。」

「家で、温めてシップでも貼るぐらいしかできないし、
それで治るんじゃないの。」

このように
軽く考えてしまいがちです!

肩こりの解消法で、
最近、肩甲骨の動きを良くする体操を
されている方が多いのですが、

このような経験はありませんか。。。

『肩甲骨の動かし方ってどうするの?』

そうです!
肩甲骨は意外と動かし難いし、肩こりがあると動きが悪くなります。
動かしやすくするためには、
まず、「鎖骨」の動きをよくする必要があります!

======================
肩こりセルフチェック表
※ この表で体をチェックしてみましょう。

最近、頭痛もよくある。
集中力がすぐ切れる。
仕事や家事をしていると腕まで疲れる。
夜、肩こりで目が覚める。
上を向くと、首に詰まり感がある。
ときどき息苦しさを感じる。
朝起きた時に肩や腕にだるさ、重さがある。
鎖骨の上にゴリゴリとこりがある。
イライラする。
少しの事でも考え込んだり、落ち込みやすい。

======================

このような症状が、2つ以上ある方は
鎖骨の動きが悪くなっている
肩こりの可能性があります!

この鎖骨は、一見そんなに役に立っている骨とは
思われていませんが、骨盤とも連動して
体のバランスを取っています。

なので、イスに座った時にまっすぐ座り難い
足を組むと落ち着くや、
寝るときに抱き枕など、何かを抱いて寝ると
寝やすいなどがある場合は、
この鎖骨もゆがんでいたり、動きが悪くなっています!

そこで!
試してもらいたいのが『鎖骨まわし体操』です!

やり方は非常に簡単で、
鎖骨の周りを指で押さえながら
肩をグルグル回します。
そうすると、鎖骨の周りにある筋肉が
動き出して、胸のつまりが解消され、
胸が張れるようになって、
姿勢が良くなりますよ!

肩甲骨体操だけでは
肩こりが解消されない方は、
ぜひお試しください!

動画:肩こり解消!鎖骨まわし健康法

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

下痢になった時の対処法!!

今回は、下痢についてです。

一般に柔らかい便や水のような便が出ることを下痢と言っていま

すが、便の状態にも個人差があります。いつも便が柔らかいが、

体調に問題はないという場合は、下痢とは言いません。水っぽい

便が普段よりも回数が多く出たり、排便時にお腹が痛むなどの不快な症状を伴う場合、下

痢と言います。

現代の西洋医学では薬を使って下痢を止めようとしますが、整体法ではそのようなことは

しません。なぜなら、人間の体には不必要な物、害になるものが体内に入ってきた時、そ

れを外に出そうとする働きが備わっており、下痢もその手段の1つだからです。

例えば、傷んで悪くなった食べ物、食中毒を起こすような細菌やウイルスが付着した食べ

物を、うっかり食べてしまったとします。この時下痢をして、さっさとそれらを体の外に

出してしまえば、せいぜい腹痛程度の被害で済むのです。無理に止めると、細菌が腸内で

繁殖して、大量に毒素が出されて、体がダメージを受けてしまう事があります。

とは言え、長く下痢が続けば体は弱りますので、この場合はこの体操で落ち着かせましょ

う!

①手を前からゆっくり上にあげ、両手足で、背骨を思いっきり伸ばす。この時、アキレ

スけんは伸ばし、かかとを突き出すようにする。

②背骨を伸ばし切って2,3呼吸耐えた後、全身の力をポン!と抜く。

下痢になると体が刺激に対して過剰に反応してしまったと考えられるので、背骨の緊張を

これでとります。試してみてくださいね。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

〇〇が食べたくなる時はストレスで疲れている?

皆さんは、ジャンクフードやスナック菓子をどうしても食べたくなったことないですか?

 

僕はたまにあります。

 

ジャンクフードやスナック菓子をどうしても食べたくなる時って体はどんな状態なんでしょうね。

それは、「心が疲れています。」

ストレスを受けると副腎という臓器に負担がかかります。

その結果副腎が疲れてしまいます。

そうなると、塩分を体が欲するんですね。

 

ですので、ジャンクフードやスナック菓子といった塩分の多いものを食べたくなるんです。

 

そのまま、食べてしまってもいいとは思いますがあまり食べ過ぎるのも健康に良くありませんよね。

 

ですので、今回は、副腎に効くツボを紹介します。

 

手のひらの人差し指と中指の間で手のひらの真ん中あたりが副腎のツボです。

 

このツボを10秒ほど優しく押します。

そうすると、副腎の疲労も軽減できます。

その結果、ジャンクフードやスナック菓子といった塩分の多いものを食べなくて済むんですね。

 

皆さんも、急にジャンクフードやスナック菓子を食べたくなった時には試してください。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

近年、うつも色々。

 

プチうつ、育児うつなどの言葉が誕生し、社会現象と言われるまで広がる病気、それが「うつ」。

しかし、現在報告されているうつの患者さんの95%は、首のこりが原因の筋肉性うつであることが

明らかになってきました。以前からある精神病のうつは、大うつと双極性うつ、この2つしかあり

ません。共に、脳の病気であり、原因不明の精神疾患。非常に特殊な病気で、世界的にも発症率が

非常に低く、患者数自体が急増することは、まずありえません。一方、筋肉性うつは、筋肉の異常が

副交感神経を失調させて、不定愁訴を引き起こす病気。最近は子どもでも罹ることが多く、軽度では

全身倦怠感や微熱、胃の不調や便秘といった身体症状が現れ、重くなると精神症状が出ます。以前

からある精神病のうつの場合は、原因も理由もなく涙が止まらなくなりますが、筋肉性のうつは気分が

落ち込む、意欲や気力が落ち込むなどと、気分が症状を左右するのも特徴です。自分や自分の家族

が、少しでもこういう傾向が出てきているかも?と思ったら、一度、医療機関に相談して下さい。

→「気分がのらない時は、コレ」

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

夏を元気に過ごす為に

暑い夏が続いていますが、皆さん体調は大丈夫ですか??

いつも涼しいオフィスで仕事しているのに、休日は炎天下で過ごしてクタクタになってしまったり

暑さのせいで食欲がわかなくて、ついつい冷たい物を沢山飲んでしまっていたり・・・

そんなこんなで“夏”はどうしても体調を崩してしまいやすい時期なのです。

その対策方法なのですが、結論から言いますと・・・

“しっかりと汗をかく”

シンプルですが、それが一番大切なのです。

汗をかかずにいると、段々体がこわばってきて体調を崩す原因になってしまうのです。

可能ならゴールデンウイーク頃から汗をかける体にしておくと、上手に汗をかける体を作る事ができるので、スムーズに夏を乗り切る事ができます。

と言うのも、汗のあまりでない冬~春にかけて老廃物や毒素がたまっていきます。

それらは暑くなってくると発汗と共に汗腺から外へ排泄されるはずなのですが、汗をかかないと身体に溜めこまれてしまうのです。

それらが夏バテであったり、熱中症のなりやすい身体を作ってしまうのです。

夏の体調が不安な方は、ウォーキングや入浴でお気を付け下さい。

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

原因が無い疲労はもしかすると、あの内臓が関係しているかも。。。!

原因がよく分からない。
悪い所が無いのに痛みがある。
慢性の疲労感など。

そんな症状を「不定愁訴」と言いますが、
検査で異常が見つかる時には、
予想以上に悪くなっていることも多くあります。

多少の毒素や異常は、
自分で治そうとするし、
実際、治ることもあります。

しかし、毒素や異常が完全に治りきらなかった場合、
体には少しずつ悪いものが蓄積されて、
じわじわと体を痛めつけます。

その痛みつけている間が、
「不定愁訴」という訴えになります。
つまり、
「早く、治してよ!」
と体が訴えているのです。

血液の老廃物を水溶性に変えて一掃!

血液中の毒素や老廃物は腎臓が働いて、
血液濃度の調節、血液を中性に保つようにしています。

====================
その働きは、5分間で全血液を浄化するほど凄いのです。
この腎臓が弱ってしまうと、
血中に少しずつ毒素や老廃物が溜まり、
それが、細胞にもしみ渡っていくことで、
疲労感や足腰の冷え、
しみ、ソバカスなどの皮膚の異常や皮膚病が増えます!

====================

実は、血液中の老廃物が体に巡ることで、
慢性疲労や皮膚のトラブルが出てきていたのです。
そこで、今回は『腎臓を元気にする体操』をご紹介します!

腎臓の近くにある筋肉を動かして
圧迫しないようにする体操、
その筋肉は肩甲骨や背骨にも関係している筋肉なので、
そこを動かしていきます。

【やり方】

  1. まずは背伸びをします。
  2. 次にガッツポーズで肩甲骨を寄せます。
  3. 今度は腕を背中に回します。(左右交互に行います。)
  4. 腰に手を当て左右に体を倒します。
  5. 最後に腕を回しながら深呼吸をします。

動画:腎臓を元気にする体操

 

もし、疲れが溜まりやすい、足腰が冷えやすい方などは
ぜひ試してみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

クーラーなどでこむら返りになったら!!

ふくらはぎの筋肉がけいれんし、痛みを感じるのが、

こむら返りです。この状態を「足が、つる」と表現する人もいま

す。睡眠中や、足を動かした直後に起こりやすい傾向がみられま

す。睡眠中に起こるのは、体が休んでることで、ゆるんでる箇所

と、ゆるみにくい箇所との格差が大きく出て、この格差が筋肉の硬直を生む

からです。そして今の時期、クーラーなどで冷えると顕著に出てしまいます。

この硬直は実は、腰のこわばりからくるものもあります。骨盤が下がった状態で腰がこ

わばると、その影響で足の裏側の筋肉を硬直させるのです。

こむら返りが起こったときの応急処置としては、まず、膝を抱くようにして、腰の筋肉を

伸ばすことが先決です。大元である腰の筋肉をゆるめれば、足の裏側の硬直はとれます。

一般的には、足の親指を甲側に引っ張る方法がいいといわれてるようですが、痛い箇所は

無理には動かさず、おさまってから引っ張るのがいいでしょう!!体育座りの形でされる

のが望ましいですが、起き上がれなければ、仰向けに寝たままやってもオッケイです。痛

みが残るようなら、ふくらはぎに蒸しタオルを当てます。また、こむら返りになる前に、

腰に蒸しタオルをすると予防にもなります。1度試してみてくださいね。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

なんかボーッとする〜それって脳疲労かも!〜

皆さんは、仕事をしていたり勉強をしていて集中できなかったり、

 

考え事をしてても、思考がまとまらなかったりすることはないですか?

 

そんな時は、脳が疲れているのかもしれません。「脳疲労」ですね。

 

 

そんな状態になっていると、仕事がはかどらないとか考えがまとまらないとか、

頑張ろうと思っても頑張れなかったりします。

 

そんな「脳疲労」を解消する方法を紹介します。

 

その方法は、まずは睡眠ですね。

睡眠を取るもしくは目を閉じるだけで脳に入ってくる情報量が少なくなるので、脳を休めることができます。

 

次に、映画を見る。特に、アクション映画がオススメです。

アクション映画は映像も激しくので、脳が緊張するんですね。その緊張が和らいだ時にスッと脳疲労が和らぎます。

ですので、仕事がはかどらなかったり、頭がボーッとしてきたり、やる気が出ない時は一度休んで、睡眠もいいですがアクション映画を見るのもいいですよ!

 

一度お試しください。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

大人になって経験?

 

大人になるにつれて、特に女性の多くが経験し、なんとかしたいと思っているでしょう、それが頭痛。

慢性頭痛の主なものは、片頭痛と緊張性頭痛で99パーセントを占めています。あとの1パーセントに

群発性頭痛など病的な頭痛が含まれます。このうち最も患者数が多いのが緊張性頭痛。慢性頭痛

全体の7割近くの人が日本全国で悩んでいるとされています。緊張性頭痛はデスクワーカーに多い

頭痛で、特に長時間パソコン作業をしている人に目立ちます。頭がキリキリと締めつけられるように

痛む。頭が重い感じがする。額や目の奥に鈍痛を感じる。後頭部や首に突っ張ったような感じがある。

こうした症状が、続くのが緊張性頭痛の特徴です。痛みは、仕事や家事で疲れてきた夕方ごろに

ひどくなりやすいが、朝起きた時から痛みがキツイという人も。また、頭痛と一緒に、耳鳴り、めまい、

ドライアイ、貧血などの症状が現れる場合もありますので、そういったことが続いている人は、一度、

医療機関に相談して下さい。  →「自分でできる、頭痛対策」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。