作成者別アーカイブ: 快信整骨院 (練馬) 加藤 雅樹  プロフィール

肌のシミを無くす方法

Amebaなうで紹介

今回は、肌のシミを無くす方法を紹介します。 皆さんはシミについてどのようなイメージをお持ちですか?   加齢によって増えて仕方のないものだと思っていませんか?   実は加齢によって増えるわけでは無いそうなんです。     ある化粧品会社の研究によると体重あたりの体幹と下半身の筋肉の総量が多い人ほど顔のシミが少ないことが分かったそうです。 筋肉で、「マイオネクチン」という物質が作られています。 この物質は、骨格筋から産生・分泌されるホルモンで有酸素運動をすることで増やすことができます。   この物質が血液中を流れて皮膚に運ばれるとシミのもとになるメラニンの生成を抑制してくれます。 シミを無くすにはウォーキングがお勧めですね。 ですので、シミが気になる方はウォーキングなどの有酸素運動をてシミのもとになるメラニンの生成を抑えてシミを無くしていってください。     今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

朝スッキリ起きるコツ

今回は、スッキリ起きれない人に起きやすくなるコツを紹介します。   まず、なぜ朝スッキリと起きられないのかというと 体冷えてしまって睡眠の質が悪く、朝スッキリ起きられない。 また、体内時計のリズムが乱れていて朝スッキリ起きられないという人がいます。   では、どのようにするのかというと まずは、体を温めるということです。 体温には深部体温といって体の内部の体温があります。それは、日中は高く夜は低くなるリズムがあります。 体が冷えてしまうと深部体温がなかなか下がらずに深い睡眠をとることができません。 その結果、朝スッキリと起きれなくなります。 それと、朝起きたらすぐに太陽の光を浴びます。 太陽の光を浴びることで、体内時計のリズムを整えることができますので、朝すっきりと目覚めやすくなります。   皆さんも、朝が苦手な人は試してください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

風邪を引かないための免疫力の高め方

今回は、免疫力の高め方を紹介します。 気温が下がってきて、風邪気味の人が近くに多くないですか?   ですので、風邪を引かないように免疫力を高める方法を紹介します。 方法は、お腹の真ん中あたりにある『中脘(ちゅうかん)』というツボを刺激します。   場所は、おへそから真上に指6本分いったところ。みぞおちとおへその真ん中あたりにあります。 この場所を息を吐きながら10回程度痛くない程の強さで押してください。   このようにすることで、免疫力を高めることができます。 皆さんも、この冬風邪を引かないためにお試しください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

生理痛の予防法

今回は、生理痛の予防法を紹介します。   生理痛ってお腹が痛くなったり腰が痛くなったり ひどい人は寝込んだりするぐらいしんどいんですよね。   では、なぜ生理痛が起きるのかというと骨盤の開閉の動きが悪いんですね。 骨盤っていうのは開いたり閉じたりを繰り返して動いていて生理の時は開くようになっています。 その骨盤の開いたり閉じたりがスムーズに出来ていないと生理痛が起こります。 骨盤の開閉の動きがうまく出来ない原因の1つが「骨盤底筋をちゃんと使えていない。」ということです ですので、今回は骨盤底筋を鍛えて生理痛を予防するトレーニングを紹介します。   ①まず、膝を少し曲げて立ち膝の少し上のあたりで丸めたタオルを挟みます。 ②そこから、膝を伸ばしながらタオルの後ろ側を潰します。この姿勢で5秒キープをします。この時、肛門や腟を内臓方向に引き込むように意識して行ってください。 このトレーニングを10回×3セットを行ってください。   このトレーニングを行うことで骨盤底筋が鍛えられて生理痛の予防になりますので、皆さんもお試しください。     今日の動画です。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

急な腹痛・下痢の対処法

今回は、急な腹痛や下痢の時の対処法方を紹介します。   だんだんと涼しくなってくることで、お腹が冷えたり秋も近づいてきているので美味しいものもいっぱいでつい食べ過ぎてしまうことで胃腸に負担をかぇてしまい腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。   トイレにすぐに行ける場合はまだいいですが、大事な仕事中であったり長時間の移動中なんかに襲われると困りますよんね。   そこで、今回はそんな腹痛・下痢の対処法方を紹介します。   まず、温溜(おんる)というツボを押さえます。 場所は手首を曲げた時にできる手首の横じわと肘の真ん中ぐらいにあります。 この温溜というツボを親指で3から5秒ほどゆっくりと痛気持ちいぐらいの強さで押してゆっくり離すを繰り返してください。 これを10回程度繰り返してください。   温溜を押すことでお腹周りの血液の流れを良くすることができますので腹痛や下痢に効果があります。   皆さんも、急な腹痛や下痢の時は試してください。   今日の動画です。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足をつるのを予防する方法

今回は、足をつるのを予防する方法を紹介します。   なぜ、足をつるのかというと「水分不足」と「ミネラル不足」があります。 水分が不足すると、身体全体の血液の循環が悪くなるので筋肉が緊張しやすくなります。 また、ミネラルが不足しても筋肉が緊張しやすくなります。 その結果、足をつります。   では、どのようにして予防するのかですが まずは、足湯です。 足湯をすることで身体も温まりますし、血液の循環も良くなるので、足をつるのを予防できます。 あとは、食事でも予防できます。 ミネラル分の多い食材を積極的に取り入れてください。 例えば、大豆製品や魚介類、海藻類、ナッツなどがいいですね。 また、カリウムやカルシウムの多い緑黄色野菜も積極的に取り入れていくことで予防になります。   皆さんも、足をつりたくないという方は試してください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

シミ・ソバカスの予防法

シミ・ソバカスについてご紹介します。 これから、だんだんと日差しが強い日が続いてくると思います。 そうなると、シミやソバカスといったお肌のトラブルが気になってきます。   ですので、今回はシミ・ソバカスを予防するための食事をご紹介します。   まず、シミ・ソバカスの予防で重要なことは「抗酸化作用」です。 紫外線に当たると活性酸素が発生します。それが、シミ・ソバカスの元になります。 ですので、活性酸素を除去するために抗酸化作用が必要になってきます。 ということは、抗酸化作用の強い食事を摂ることでシミ・ソバカスの予防になるんですね。 抗酸化作用の栄養素として ・ビタミンA レバー・うなぎ・鶏肉など ・ビタミンC いちご・パプリカ・キウイなど ・ビタミンE アーモンド・アボカド・かぼちゃなど です。 こういった抗酸化作用の強い食材を積極的に摂取することでシミやソバカスを予防することができます。 皆さんも、シミ・ソバカスの予防に試してください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

手っ取り早く太ももを細くする方法

今回は、太ももを細くする方法を紹介します。   これから段々と暑くなり足を出すことが多くなる季節だと思います。 そうなると、太ももの太さが気になりますよね。   ですので、今回は太ももを細くするエクササイズを紹介します。 方法は、 ①腰に手を当てて立ちます。 ②股関節を真横から前に回すようにもも上げをします。 ③左右交互に行います。10から15回を目安に行ってください。 お風呂上りに行うと効果的です。   このエクササイズで股関節周りの筋肉を動かせますので、血液やリンパなどの流れが良くなりますので太もものむくみや脂肪を落とすことができます。   皆さんも、太ももの太さが気になる人は1度お試しください。   今日の動画です。    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寝つきを良くする方法

今回は、寝つきを良くする方法を紹介します。 皆さんも、なかなか寝れないときはあると思います。 寝ないとと思っていると余計に焦って寝れなくなりますよね。 そんな次の日は寝不足で仕事や勉強が手につかないと思います。   ですので、寝つきを良くする方法を紹介します。     まず、寝つきを良くするには「体を冷やさない」 ということです。 人間は、眠りにつく前に体温を上げます。 体温を上げて体の表面から熱を出すことで「睡眠モード」になります。   赤ちゃんでも、眠たくなると手足が温かくなります。これは手足や体から放熱することで眠れるようになります。   寝つきを良くするために体を温めるのが重要になります。 体を温めるために、まずは湯船にしっかりと浸かって温めるのがオススメです。   皆さんも、寝つきを良くして次の日も元気に過ごすために1度お試しください。     今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

極度な緊張を和らげる方法

今回は、極度に緊張をしてしまった時に緊張を和らげる方法を紹介します。 4月にもなると環境も変わり人前で話したり初対面の人と話をする機会が多くなると思います。 そんな時、緊張しますよね。 緊張しいの人にとっては辛い時期です。   ですので、今回はその緊張を和らげる方法を紹介します。 方法は、簡単で「深呼吸」です。 「深呼吸」を座って行います。 まず、鼻から大きく息を吸います。その時つま先を上げながら行います。 お腹いっぱい吸い込んだら3秒ほどキープします。 それから、口から細く長く息を吐いていきます。この時は、かかとを上げながら行います。 この深呼吸を3から5回行ってください。 そうすることで、ふくらはぎの筋肉のポンプの作用で血液の流れを良くしながら深呼吸をすることができるので自律神経も安定しやすくなります。その結果緊張を和らげることができます。   皆さんも極度に緊張した時は1度お試しください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。