作成者別アーカイブ: 快信整骨院 (練馬) 加藤 雅樹  プロフィール

夏のなんとも言えないだるさの原因は〇〇〇

Amebaなうで紹介

夏になると   やる気はあるのに体がだるい。 すぐに疲れて横になりたくなる。 なんとなく元気が出ない ふらつく 眠たい   ということが皆さんはないでしょうか?   その原因は低血圧かもしれません。 夏は血管が広がりやすいです。また、汗をかいたりして体の水分が失われていき血液自体の体積が下がります。 ですので、夏が1年で低血圧になりやすい季節なんですね。   その結果、低血圧になりだるいとか横になりたくなったりすぐに疲れたりしてしまうんですね。   そこで、対策としては血圧が下がると血液の循環も悪くなりますので、血液の循環を良くするためにもウォーキングが効果的です。 ウォーキングをすることでふくらはぎの筋肉のポンプ作用を使って血液の循環を良くしていきます。 また、筋肉のポンプ作用を強くするためには筋肉が必要ですので、動物性タンパク質を食事に取り入れてほしいと思います。   皆さんも、夏を元気に乗り切るために試してほしいと思います。     今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

汗をかいて熱中症対策!!!

今回は、熱中症についてご紹介します。   熱中症というと、高温多湿な環境にいてて体が適応できなくて『めまい』や『頭痛』酷くなると『けいれん』を起こしたりします。また、亡くなられるケースもあります。   そこで、予防法として、水分や塩分をこまめに摂取したりするよに言われていますよね。 ただ、水分もとるだけではなくてしっかり汗として体の外に出していかないといけません。   汗をかきたくないからといって汗をかかないようにしていると、汗をかきにくい体になってしまいます。 その結果、体に熱がこもってしまい熱中症になってしまうケースもあります。 ですので、汗はちゃんとかくようにするのも熱中症の予防になります。 「毎日湯船に浸かる」とか「ウォーキング」をしてちゃんと汗をかいているといざ暑くなっても汗をかいて体の熱をにがることができるようになります。 皆さんも、今年の暑さを乗り切るためにも汗をちゃんとかけるような体を手に入れましょう。 ただ、汗をかいたらしっかりと水分や塩分を摂取してくださいね。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

手軽に出来る便秘解消法

今回は、便秘解消法を紹介します。   便秘という言葉はよく耳にすると思います。 僕もたまに便秘になるのですが、 便秘になると、お腹が張ってパンパンになったり痛くなったりします。酷くなってくると吐き気が起きる場合もあります。 辛いですよね。   そこで便秘の解消方法を紹介します。 方法は、腕のツボを押します。 【支溝(しこう)】というツボです。 場所は、手の甲側の手首から指4本分肘の方に行ったところにあります。 このツボを、反対の手の親指で軽く3秒から5秒ほど押してください。   このツボは体の水分代謝に関わるツボなので、刺激することで排便に必要な水分が大腸でうまいこと働いてくれるようになります。 その結果便秘が解消されていきます。   皆さんも便秘でしんどい時は1度お試しください。   今日の動画です

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

簡単にできる生理痛を和らげる方法

今回は、生理痛を和らげる方法を紹介します。   生理痛というと痛みが酷くて寝込んでしまうぐらい辛いんですよね。 また、そんなことが大事な仕事やお出かけの時に起こってしまうと仕事は手につかないしお出かけなんてできないですよね。 そんな時に薬に頼るのも仕方ないですができるだけ薬には頼りすぎないようにしたいですよね。 そこで、今回は生理痛を和らげるツボを紹介します。   【関元(かんげん)】というツボです。 場所は、おへそから真下に指4本分下がったところにあります。 このツボは、生理時のお腹の痛みや腰の痛みを和らげて体を温める効果があります。 ゆっくりと呼吸をしながら優しく押すかさする程度で大丈夫です。   皆さんも、生理痛で悩んでいて薬に頼りたくない時は1度お試しください。     今日の動画です。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

サクっとできる汗を止めるツボ

今回は、汗を止める方法を紹介します。   暑くなってくると、ダラダラと汗をかくことがあると思います。 それが大事な仕事の時や、デートの時にダラダラと汗をかくのは嫌ですよね。   すごい緊張しているよに見られたり、せっかくのメイクが落ちたり。 洋服の汗ジミや汗臭くなるのも気になると思います。   そこで、サクッとできる汗を止めるツボを紹介します。   【復溜(ふくゆ)】というツボです。 場所は内くるぶしから指3本分上にあります。 親指でゆっくりと呼吸をしながら優しく押してください。 このツボは、体の熱を静めてくれる働きと体の水分をコントロールしてくれる働きがあり、発汗を抑える効果があります。   皆さんも、大事な仕事やデートなど汗をかきたくない時にお試しください。     今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

サッとできるイライラを抑える方法

皆さんは、イライラした時はどのように対処してますか? イライラを我慢する人もいてるかもしれませんし、イライラを物にぶつける人もいてると思います。 我慢も時には必要ですが我慢しすぎるとストレスがたまり体調を崩してしまいます。また、イライラを物にぶつけたり人に当たったりっていうのは当然良くないですよね。   ただ、生きているとイライラすることがあると思います。 理不尽なことで怒られたり、納得のいかないことでイライラしたりすると思います。   そこで、今回はそのイライラを抑える方法を紹介します。   方法は、腕にあるツボを押さえてください。 内関(ないかん)というツボです。 場所は、手の平側の手首から指3本分肘よりにあります。   この場所をあまり強く押さえずに気持ちのいいぐらいで押してください。 このツボを押すことでイライラを抑えることができますので1度試してください。   今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

簡単にできる疲れ目を癒す方法

今回は、疲れ目を癒す方法を紹介します。   仕事で、パソコンを長時間行ったりすると、目も疲れてきます。また、それから頭痛がしたりすることがあると思います。 そうなると、なかなか仕事に集中できなくなり効率が悪くなります。 また、最近では若い子でもスマホを使っている時間が長くなり疲れ目や視力低下、ドライアイなどで悩んでいる方が増えています。   それでは、方法です。 承泣(しょうきゅう)というツボを押します。 場所は、目のまわりの骨の淵にあり、黒目の真下にあります。 このツボを中指で目の方向ではなくて少し押し下げるようなイメージで押さえてください。     皆さんも、パソコンやスマホを長時間使いすぎたり、目が疲れた時は試してください。   今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

急な下痢をササっと簡単に止める方法

この時期、新学期や新年度で仕事や学校の環境が変わったことによるストレスによって下痢に悩んでる人も多いと思います。   不安や緊張は、自律神経を乱してしまいます。 自立神経は腸の働きに影響を与えます。 自律神経が乱れることで、腸の正常な働きが妨げられ、その結果下痢を起こしてしまいます。     大事な会議や通勤途中にお腹が痛くなったら困りますよね。 そんな時に、ササっと簡単にできる下痢を止める方法を紹介します。   方法は、手にあるツボを押してもらいます。 【下痢点】というツボです。 場所は、手の甲側にあって中指と薬指の骨が手の甲の中心辺りで合流するところにあります。 下痢の時は強い痛みを感じます。 少し強めに押してください。 【下痢点】を刺激すると一時的に交感神経が活発になり腸の活動を司る副交感神経の働きが弱くなります。その結果、腸の動きを抑えることができるので下痢に効果的です。   皆さんも、不安や緊張などで下痢になった際や急にお腹が痛くなったがトイレに行けない時は1度お試しください。     今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

手軽にできる脇汗の抑える方法

今回は、脇汗の抑える方法を紹介します。   気温が高かったり、運動をしたりして体温が上がった時に体温の調整のために汗をかきます。 また、緊張をした時にも汗をかきますね。   運動をして汗をかくのはきもちが良くていいですが、 脇汗をかくのは出来るだけおさえていです。 服に汗シミが出来ないか気になりますし、汗臭くないかも気になります。 そんな脇汗を抑える方法があります。   方法は、ツボを押さえます。 「陰げき(いんげき)」と言うツボです。 場所は、手首の付け根の小指側から指1本分下に下がったところです。 脈を測る時に触る場所の反対側です。 この場所を押さえることで、体の余分な熱を取る事が出来ます。 その結果、汗を押さえる事ができます。   ですので、皆さんも汗が気になる時、場所で1度試してください。     今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

リバウンドをしないために!

今回は、リバウンドについてです。 リバウンドと言うとダイエットをして体重が痩せてダイエットをやめた途端に体重がダイエット前よりも体重が増えてしまうことを言います。 ダイエットを経験している6割以上の人がリバウンドを経験しているんですね。 では、なぜこんなにもリバウンドしてしまうのか。 それは、 ダイエットをして急激に体重や食事量が減ると 身体は「これ以上体重が少なくなるのは良くない」と感じます。 その結果、栄養の吸収率を多くします。また、エネルギーの消費量を抑えるように働きます。つまり、省エネになるんですね。   それと、『レプチン』というホルモンがあります。【満腹ホルモン】とも言われているホルモンです。 このホルモンは、脂肪細胞に脂肪が吸収されるときに分泌をされて満腹だと感じてベルのをやめます。 ただ、食事量や体重が急激に少なくなると『レプチン』の分泌が少なくなります。そうなると、満腹感を感じにくくなります。 その結果、省エネになり満腹感を感じにくくなるとたくさん食べていっぱい栄養を吸収してしまうのでリバウンドをしてしまいます。   じゃあ、どのようにしたらリバウンドしにくいのかというと「徐々に落としていく」のがいいです。結果的にその方がスムーズに目標の体重に落とすことができます。   皆さんも、ダイエットをする際は、リバウンドに注意してください。   今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。