作成者別アーカイブ: 豊田整骨院 川越 英紀  プロフィール

背骨を治して胆石予防

Amebaなうで紹介

今回の動画 胆石は女性に多くみられる病気で、その数はじつに男性の2倍にもなるといわれています。胆のうからは通常、胆汁という脂肪を分解するときに重要な分泌液が出ており、これは十二指腸を通って腸の中に排出されています。ところがこの排出がうまくいかなくなると、胆汁が胆のうの中にたまり、石のように硬くなります。これが胆石で、右の腹部に起こる、脂汗が出るほど激しい痛みで気づくことが多いようです。 胆石は、西洋医学では脂肪の多い食生活に問題があると指摘しますが、整体では精神的ストレスが胆汁の分泌を悪くさせる要因となって起こると考えます。重要な悩みをかかえていたり、睡眠不足が続いていたりすると発症しやすい点からも心理的な面が多くを占めているといえます。 今回は、胆のうにつながる神経叢を持つ背骨の胸椎9番の動きをよくする体操を紹介します。 この体操は、痛みで苦しんでいる人にはできないと思われがちですが、始めてみると痛みで硬直した部分がゆるみ、からだがだんだんと楽に動くようになってきます。 (手順) ① 足の親指が重なるように正座します。 ② 上半身だけを後ろに倒して、太ももの前の部分を伸ばします。 ③ ②の姿勢から背中とひざが床につくようにします。うまくできないときはひざを開閉したり、閉じたまま左右に振りながら行うとやりやすくなります。(体勢がきつい人はひざを開いてもいいです) ④ ③の姿勢のまま、お腹の上で手を組み、ひじを軽く伸ばします。 ⑤ ④の状態のまま上げていきます。(ひじをできるだけ床につけるようにします) ⑥ 右手で左手首を引き、からだをわずかに右に傾け、左のわきの下の肋間(お乳の横あたり)を伸ばして、そのまま2~3呼吸耐えます。反対側も同様にして左右2回ずつ繰り返します。(このとき、できるだけひざが上がらないように注意します) 以上です。 体操を行うのと同時に根本的な原因となっている悩みの解消と、睡眠をたっぷりとることも心がけてください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

骨盤のゆがみが近視の原因に

今回の動画 近くのものはよく見えるのに、遠くのものがよく見えない状態を近視といいますが、仮性近視はその名の通り、近視が一時的に起こった状態です。この症状はものを見るときに目を近づけ過ぎるため、近くにピントが合ったままの緊張状態が続くことで起こります。 整体では、目の異常は腰の異常、骨盤のゆがみから起こると考えます。つまり、本来の骨盤は左右のバランスがとれているものですが、右または左のどちらかが下がったり、開いてしまっているのです。さらに視神経を支えている首の部分の頸椎1、2、3番が下がっているのも特徴です。目は脳の状態が外にあらわれている場所でもありますから、脳が疲れることで仮性近視を起こすこともあります。 なので今回は、腰の異常を治す体操を紹介します。なおこの体操は、妊娠中の方は決して行わないでください。 (手順) ① うつ伏せに寝て、両足をできるだけ大きく開きます。 ② 足を十分に開いた状態のまま、両足の裏を合わせます。 ③ 足の裏を合わせたまま、かかとをお尻のほうに近づけます。(両ひざは十分に開くこと) ④ つま先を上に向けます。このまま2~3呼吸耐えます。 ⑤ 腸骨に集まった力を逃がさないように、腕を床に沿わせて両手を頭の上のほうに伸ばします。 ⑥ 腕を支えにして上体を起こします。 以上です、動画を参考にしながら毎日朝晩続けてみましょう。 このとき、ただ体操を行うだけでなく、ふだんの生活の中でも常に腰の部分を意識的に伸ばして、姿勢を正すよう心がけることも忘れないでください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

アトピー性皮膚炎の解消体操

今回の動画 アトピー性皮膚炎は、乳幼児に多く起こる症状で、皮膚が赤くじくじくした後にかさぶたになり、乾燥すると今度は皮膚がざらざらして硬くなってきます。その後激しいかゆみが起き、ひっかくとそれが傷になって、またじくじくしてくるという症状を繰り返します。 整体では、アトピー性皮膚炎を起こす人は、季節の変化や心理的なストレスなどに適応できず、その不安などが皮膚に異常をあらわす状態と考えます。これは、アトピー性皮膚炎が季節の変わり目の春と秋に発症したり、症状が重くなりやすいことでわかります。最近多いアトピー性皮膚炎の大人をみると本来、春に変化してゆるまなければならない腰椎の4番が硬直したままになっていて、変化を受け入れられない状態になっています。 なので今回は、アトピー性皮膚炎を改善するために、肺などの呼吸器系の働きを活発にする体操を紹介します。アトピー性皮膚炎を起こしている人は、炎症によって本来の皮膚呼吸ができないために肺に大きな負担がかかってしまい、硬直します。 そこで今回の体操を行うことによって、開いてしまった肩甲骨を正常な位置に戻し、鎖骨を上げて胸郭を広げる効果があり、肺の働きがよくなって呼吸器系を丈夫にします。 (手順) ① ひざ立ちし、お腹の前で両手のひらを上に向け、四指を組みます。親指は両方とも遊んだ状態です。 ② 組んだ両手の四指とも指先を手のひらにつける気持ちで曲げ、第二関節どおしをはさむように組み合わせ、腕の力を抜きます。 ③ 組んだ指を崩さないように、ひじを曲げないで、両耳に沿うようにしながら両手を真上に上げて伸ばします。(下がった肋骨が引き上げられる) ④ 上体が前かがみにならないようにひじを後方に引きながら腰をしっかり反らせ、組んだ両方の手のひら側を後頭部のくぼみ(延髄)にあてます。 ⑤ ④の姿勢を崩さずにあごを引き顔をまっすぐ立てるようにして、腰をしっかり反らせながらひじをできるだけ後ろに引きます。(胸部を開き、肩甲骨が背中の中央に寄って、下がった鎖骨も上がる) ⑥ ⑤の姿勢を崩さないように、胸を張りながらひじをゆっくり小さく左右に傾けます。このとき、傾ける反対側のひじは後ろに引きぎみにします。(傾ける側の反対の大胸筋がよく伸ばされる) 以上です、朝、昼、晩の1日3回は続けてみましょう。 お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

眼精疲労の解消法

今回の動画 眼精疲労は、目を酷使することで目そのものに症状があらわれます。原因は、もちろん目にある場合と、からだのどこかの異常によってあらわれている場合があります。 整体では、目は脳の一部が外に出ているものととらえています。これは、脳死の判定に目の瞳孔が開いていることが基準になっていることでもわかり、目は見たものを脳に伝えるだけでなく、脳というコンピューターの状態を外に教える役目も果たしています。つまり脳の異変を、目が教えてくれているということです。 脳は休むことなく働くコンピューターなので、非常に疲れやすく、その疲れは脳を直接支え守っている頭蓋骨を下げ、さらにその下にある視神経を圧迫して目にあらわれてくるのです。後頭部の下がりが、頸椎1、2、3番に影響します。 なので今回は、眼精疲労の解消法を2つ紹介します。 一つ目は、眼球をぐるぐると動かし延髄の働きをよくすることです。この延髄は視神経をつかさどり、眼球を動かすことで刺激されます。 二つ目は、遠くを見てから近くを見るという動作を行います。これは目の焦点を遠くに合わせたり、近くに合わせたりしながら刺激を与えることで、目だけでなくそれを見ようと働く視神経、さらには脳の働きまでも活発にします。 以上です。 しかし重要なのは、やはり目を休養させることです。目は本来、外からの刺激を苦手とするので、パソコンなどに向かっているときも長時間モニターを見続けるのではなく、ときどき休ませましょう。 お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

花粉症予防法

今回の動画 花粉症は、一般的にはいわゆるアレルギー症状のひとつで、スギやブタクサなどの花粉と接触することで起こるといわれています。くしゃみや鼻水、目のかゆみが主な症状で、顔がかゆくなる人もいます。この症状は冬から春にかけてはスギ、春から夏ではイネ、夏から秋ではブタクサが原因となります。また最近では、冬以外は何らかの花粉によるアレルギー症状が休まず続くという人も少なくないようです。 整体では、花粉症は次の季節にからだを順応させるための準備がうまくできないために起こる症状と考えています。つまり、冬の間に硬直してしまったからだを、春に向けて変化させるために、くしゃみなどの症状によってゆるめているというわけです。これが健康な人ならば、季節の変化に応じて自然にからだが変化するので、花粉症を起こしてからだをゆるませる必要がないのです。 なので今回は、からだをゆるめる体操を紹介します。 (手順) ① あお向けに寝て両腕を伸ばしたまま頭の上まで上げ、床に着いたら手のひらを上に向ける。 ② 手のひらを開いたまま「伸び」を行う。この時足は、つま先を伸ばすのではなく、かかとを突き出すように伸ばす。(背中のまんなかを伸ばし、かかとをしっかり突き出してください) ③ 5秒ほど伸ばしたら、「ポン」と瞬間的に力を抜く。 以上です。 朝、晩3~5回ずつが目安です。 かんたんなので、ぜひお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足のリンパ液の流れを良くして、水虫を改善する方法

今回の動画 水虫は足先や指の間、かかとに小さな水ぶくれができる病気で、初期の症状は主にかゆみです。水虫というと、以前は男性が多くかかる病気と思われていましたが、近年は女性の患者さんも急増しています。 整体では、水虫は体液のひとつであるリンパ液の循環が悪くなり、からだの末端部である足にたまったために起こる病気と考えます。西洋医学では、白癬菌という菌によって起こるとされているようですが、これも整体に基づいて解釈すると、リンパ液の流れが正常であればこのような菌がつくことはないわけです。 からだの中を常に流れているリンパ液は、心臓が正常な役目を果たさなくなるとうまく流れなくなり、それは特に末端部からあらわれてきます。その結果、末端部である足に水虫をつくるような不要物質がたまってきてしまうのです。 なので今回は、皮フの中にたまっている水様の物質を循環、乾燥させる方法を紹介します。 (手順) ① 手の親指で足の指の関節を広げます。このポイントは、関節のつけ根の骨まで広げるつもりで押します。 ② 足の指を開きながら、ドライヤーをあてます。このとき、やけどをしないように気をつけてください。 以上です、ドライヤーをあてることで一層効果的です。 かんたんなので、ぜひお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寝違えた首の痛み解消法

今回の動画 寝違いは、一般的には枕がやわらか過ぎて首に負担がかかったために起こるとされています。 整体では、本人のからだのほうに問題があったために首に症状が起こったと考えます。つまり、からだは健康であれば、睡眠によって休養を取るためにゆるもうとします。ところがからだは異常があると、熟睡してもからだの一部の緊張が取れないために目覚めたときに寝違いの症状としてあらわれてしまうのです。 また、寝違いは食べ過ぎにも原因があると考えます。これは、寝違いを起こしたときに食欲がなくなることでわかります。つまり、食べ過ぎて過労ぎみの胃などの消化器系統を休養させるために、首に不快感を起こして食欲をセーブさせているのです。 なので今回は、食べ過ぎに効果のある体操を紹介します。この体操は、上半身全体を使うため首の痛みが強い人には難しいかもしれませんが、できるところから少しずつ始めてみて下さい。 (手順) ① 足の親指が重なるように正座します。 ② 上半身だけを後ろに倒して、太ももの前の部分を伸ばします。 ③ ②の姿勢から背中とひざが床につくようにします。うまくできないときはひざを開閉したり、閉じたまま左右に振りながら行うとやりやすくなります。 ④ ③の姿勢のまま、お腹の上で手を組み、ひじを軽く伸ばします。 ⑤ ④の状態のまま上げていきます。(ひじをできるだけ床につけるようにします) ⑥ 右手で左手首を引き、からだをわずかに右に傾け、左のわきの下の肋間を伸ばして、そのまま2~3呼吸耐えます。反対側も同様にして左右2回ずつ繰り返します。(このとき、できるだけひざが上がらないをように注意します 以上です。 首・頸椎は人間にとってもっとも大事な頭を支えている場所ですから、むやみにいじってはいけません。硬くなった筋肉はもむことで一時的にやわらかくなり、こりが取れたように感じるかもしれません。しかし、その後はもむ前以上に硬くなってしまいます。外部からの強い刺激が繰り返されると、そこを保護するために硬直するので、過度の首のマッサージは、痛みさらに大きくするだけなのです。ぐるぐる回すのもよくありません。 動画を参考にお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

なんとか腰が動かせる状態の椎間板ヘルニアの改善法

今回の動画 腰には1番から5番までの5つの骨(腰椎)があります。これらの骨どおしはあたると痛いので、あたらないようにクッションの役割を果たしているのが椎間板です。またヘルニアとは、本来あるべき定位置からずれた状態を総称して、そう呼びます。つまり椎間板ヘルニアとは、椎間板が定位置からずれた状態をいいます。 一般的に椎間板ヘルニアは、腰椎4番と腰椎5番の間の椎間板がつぶれて飛び出し、神経を圧迫することで痛みが起きると考えられています。 整体でみると、骨はさまざまな内臓の機能と神経を通してつながっています。腰椎の4番は生殖器に関する神経と、3、5番は泌尿器系統とつながりがあります。生殖器はストレスの影響を受けやすく、泌尿器は疲労が原因で異常を起こします。つまり、椎間板ヘルニアは腰の異常によるものだけではないので、本来の原因を探さなければ根本的な解決にはなりません。 そこで今回は、椎間板ヘルニアで、腰に激痛が走り、体操などとてもできないという人が、まず足の指を動かしていき、足首も動かせるようになり、次はひざ、と順番に動かせるようになり、そして腰の痛みがやわらいで全身を動かせるようになったら、してほしい体操を紹介します。 (手順) ① あお向けに寝て、両ひざをおなかのほうへかかえこみ、腰が床から離れない程度の角度で、真上まで上げます。硬直している人はこの状態でひざが開いています。 ② できるだけ大きくひざを開きます。脚を開くと、ひざを伸ばせるようになります。 ③ ②の姿勢のまま、かかとを押し出して上方に上げるようにしながら、脚の裏側とアキレス腱をしっかり伸ばします。 ④ 足を少し閉じて、右足と左足を交互にゆっくり小さくかかとを押し出すように、脚の裏側を動かします。 以上です。 無理をしないで、お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

更年期障害を改善!からだの硬直をゆるめる方法

今回の動画 更年期障害は、40~50代の女性に起こりやすい症状で、主な原因は閉経によって女性ホルモンが減少することとされています。症状のほとんどが不定愁訴といわれ、天気や環境の変化によって不快な症状や痛みの個所が変化するなど、原因不明で一定しないのが特徴です。頭痛、肩こり、のぼせ、イライラなど個人差が大きく、ひとりでいくつもの症状を訴えるケースがほとんどです。 整体では、女性ホルモンの減少をからだがうまく受け入れられないために、更年期障害の体温調節の変調などさまざまな症状が起こると考えます。更年期は、女性ならば必ず越えなければならないハードルですが、からだが硬直して柔軟性のない場合は更年期障害という形でからだに不調が起きてしまい、このハードルを上手に越えられないのです。順応性さえあれば、簡単にそれに合わせてからだを変化させることができるのです。 なので今回は、更年期障害に効果的な、からだをゆるめる体操を紹介します、この体操が楽に行えるようになったら、更年期障害のさまざまな症状が改善されるでしょう。 (手順) ① あお向けに寝て両腕を伸ばしたまま頭の上まで上げ、床に着いたら手のひらを上にむけます。 ② 手のひらを開いたまま「伸び」を行う。このとき足は、つま先を伸ばすのではなく、かかとを突き出すように伸ばします。(背中のまんなかを伸ばし、かかとをしっかり突き出してください) ③ 5秒ほど伸ばしたら、「ポン」と瞬間的に力を抜きます。 以上です。 ①~③を3~5セットとし、一日2~3回が目安です。 かんたんなので、ぜひお試しください。    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

膀胱炎予防!腎臓の働きを正常にする方法

今回の動画 膀胱炎は、女性に多くみられ、大腸菌などの細菌が尿道から侵入して膀胱に達し、からだの抵抗力が弱まっていると炎症を起こしてしまう病気です。 膀胱炎でよくみられる症状は、尿が近くなる、尿が出きらずに残尿感がある、排尿時に痛みがある、さらに血尿や濁った尿が出ることなどです。この病気が女性に多い理由は、尿道が男性に比べて短いためで、中には症状を繰り返す人もいます。 腎臓が正常に働かないのは、疲労が引き金となっています。整体では、膀胱炎を外からの細菌の侵入だけが原因とは考えずに、腎臓が本来果たすべき老廃物のろ過という機能がうまく働かなくなったために、膀胱に炎症が起きると考えます。 腎臓の働きは腰椎5番に関連しています、なので今回は、腰椎5番の動きを良くする体操を紹介します、この体操によって腎臓が活発に働くようになると、老廃物がからだの中にたまることなく尿となって流れ出すほか、細菌が侵入しても膀胱まで入り込ませずに、尿と一緒に押し流してしまえるようになります。 (手順) ① あお向けに寝て、ひざを左右に開き、足の裏を合わせます。 ② かかとを床に沿って腰に引きつけます。 ③ ひざを小さくゆすって腰のつけ根(腰椎5番)に力を集め、動かします。 以上です、かんたんなので、ぜひお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。