作成者別アーカイブ: 豊田整骨院 川越 英紀  プロフィール

風邪による腰の痛みの解消法

Amebaなうで紹介

今回の動画 整体では、風邪を病気とはとらえずに、からだのどこかに潜んでいた疲れがさまざまな症状によって引き出され、その結果からだがリフレッシュされる過程であるとかんがえています。つまり風邪は、自分自身で行える効率のよい健康法と言え、風邪の熱やせき、鼻水、からだの痛みなどは、からだの変化いう症状であっても病気ではないということです。風邪はからだの不調が極限状態まで達したときに、それを乗り越えて正常に戻すためにこれらの症状を起こしているのです。 風邪をこのように理解すると、いわゆる風邪の症状を恐れる必要などなく、逆に問題なのは「風邪ひとつひいたことのないからだ」とよく自慢する人です。こういう人は、健康体だと自信を持っているのですが、じつはからだの不調を外に出せないために風邪をひかないだけなのです。本来の意味での健康体とは、感受性を持ち、そのうえ免疫力も高く、たとえ風邪をひいても軽症のままひき終わるからだをいうのです。 風邪は全身に症状が出るので、腰が痛くなることも少なくありません。そこで今回は、風邪による腰の痛みの解消体操を紹介します。 (手順) ① あお向けに寝て、両ひざを曲げます。 ② 足を曲げたまま少し上げ、腰が床から浮かない位置でひざを上方へ伸ばします。真上まで上がったらひざを伸ばします。 ③ ひざの裏側を手で持って、ひざの裏とアキレス腱が十分に伸びるようにします。ひざの裏まで手が届かない人は、手が届くところ(ももなど)を持ちます。 ④ かかとを押し出して上方に引き上げるようにしながら、アキレス腱と脚の裏側の筋肉を伸ばします。③の動作を右足と左足で交互に行います。腰にひびくようにゆっくり小さく動かすのがコツです。 以上です。 動画を参考にしながら、お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

からだを柔軟性にして、冷え性を改善する方法

今回の動画 冷え性を訴えるのはほとんどが女性で、手や足先が冷たく感じるのが主な症状ですが、中には手足が冷えて夜眠れないという人もいます。 整体では、からだの中で温度調節(胸椎4、5番に関連)がうまくできないために、末端部である手指や足先が冷たくなって冷えを感じると考えています。また冷え症の人は、必要以上に寒さや冷たさから自分のからだを守ろうとする働きが強くなっているために、からだが硬直して温度に適応できなくなっているとも考えられます。さらに、外界の温度変化からからだを守ろう、守ろうとエスカレートしてくると、ますます変化についていけずに冷え性が進むという悪循環をおこします。 健康な人には、寒さを感じてもそれを十分に受け入れられる体力があるのですが、冷え性の人のからだは硬直して柔軟性がないので、冷えの感覚をからだの中で解消できないのです。 なので今回は、からだを柔軟性にして、また冷え性の人は肺の機能も衰えているので、呼吸器系を強くする体操を紹介します。 (手順) ① ひざ立ちし、お腹の前で両手のひらを上に向け、四指を組みます。親指は両方とも遊んだ状態です。 ② 組んだ両手の四指とも指先を手のひらにつける気持ちで曲げ、第二関節どおしをはさむように組み合わせ、腕の力の抜きます。 ③ 組んだ指を崩さないように、ひじを曲げないで、両耳に沿うようにしながら両手を真上に上げて伸ばします。(下がった肋骨が引き上げられる) ④ 上体が前かがみにならないようにひじを後方に引きながら腰をしっかり反らせ、組んだ両方の手のひら側を後頭部のくぼみ(延髄)にあてます。 ⑤ ④の姿勢を崩さずにあごを引き顔をまっすぐ立てるようにして、腰をしっかり反らせながらひじをできるだけ後ろに引きます。(胸部が開き、肩甲骨が背中の中央に寄って、下がった鎖骨も上がる) ⑥ ⑤の姿勢を崩さないように、胸を張りながらひじをゆっくり小さく左右に傾けます。このとき、傾ける反対側のひじは後ろに引きぎみにします。(傾ける側の反対の大胸筋がよく伸ばされる) 以上です。冷え性がひどく眠れない人は、夜寝る前の「足湯」が効果的です。これは、足首までの部分浴ですが、足だけでなく手の血行もよくします。 動画を参考にしながら、お試し下さい。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

きれいなウエストラインをつくり、腰痛を改善する方法

今回の動画 腰痛の原因はさまざまで、ちょっとしたからだの不調が腰の痛みになることもあります。食べ過ぎから腸が疲労を起こしてぜん動運動がスムーズにいかなくなり、腰が痛くなってしまう人も少なくありません。 特に習慣性の腰痛は、腰椎の1、4、5番に異常が起きて痛みが発生しますが、腰の骨は、内臓のさまざまな神経と関連があるために、原因の特定はなかなか困難です。ひとついえることは、人間の腰はバネ状になっていて、このバネが反ることによって腰が立ち、からだを支えることができます。習慣性の腰痛は、このバネが弱くなり、背骨のS字カーブが保てなくなったことで腰椎に負担がかかり起こるのです。 なので今回は、習慣性の腰痛やぎっくり腰などの急性の痛みにも効果のある方法を紹介します。 (手順) ① 親指を背中側にあて、残りの指でわき腹の前を押え、硬さを確かめる。肋骨と腸骨の間に指が3本(人差し指、中指、薬指)入るのが正常です。 ② 親指をわき腹の前に添えて残りの指を後ろに当てます。 ③ ゆっくりと手が外れるまでわき腹を引っ張る。これを4~5回繰り返す。その後、少し休憩を入れ、再度4~5回引っ張る。 限界まで緊張させて解放することで自然にゆるみ、良好な状態に戻ります。 以上です。 動画の参考にしながら、ぜひお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

二の腕などの腕の疲労解消法

今回の動画 日常生活ではあまり腕が疲れると感じている方は少ないかもしれませんが、実はかなり疲れているのです。特にデスクワーク主体の方に関して言えば、デスクに腕を乗せているだけでも疲れています。また、マウスやキーボードで指先しか動かしていないと思っていても、それも腕の疲労の原因です。 それではちょっとテストしてみましょう!! 座っている状態でも、立っている状態でもかまいませんので、腕を肩の位置に水平にして下さい。その状態で1分もしないうちに肩から二の腕が疲れてしまう方は、かなり腕が疲れていると思われます。 なので今回は、腕が疲れている人に最適な体操を紹介します。この体操は腕の疲労によって外側へ引っ張られている肩甲骨を元の位置に戻し、また胸郭を開くことで呼吸も楽になります。 (手順) ① ひざ立ちになり、脚を腰幅に開く。腕をまっすぐ伸ばしたまま、両腕を頭上に上げる。 ② そのまま肩甲骨を背中の中心に寄せるようにしながら手のひらを外側に返します。(体を後ろへ反らせすぎたり、前に傾けすぎたりしないように気をつけましょう) ③ ひじは左右交互に動かす。曲がっているほうの肩甲骨に力が集まっている。 ④ 肩甲骨を背中に寄せるようにしながら、腕を左右に開く。どこかで抵抗感が大きくなり、引っかかる部分が出てくる。そこで腕を止める。 ⑤ 高さを保ったまま、指先で小さな円を描くようにゆっくり数回腕を回転させると、さらに腕が下ろせるようになる。 ⑥ 胸を張って腕を伸ばしたまま、後ろから腕を下ろす。背後に楕円を描くような軌道になる。そのまま2~3呼吸こらえてから力を抜く。最後まで肩甲骨どおしの間を意識する。(胸を少し張るようにすると目的の箇所に力が集まりやすくなります) 以上です。 動画を参考にしながら、ぜひお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

慢性疲労を解消して、ヒップアップした体形にする方法

今回の動画 慢性疲労は、常に疲労感がある状態のことで、疲れが取れずからだの中に残ってたまってしまうことです。疲労といっても、肉体的なものも精神的なものもあり、さまざまです。 整体では、慢性疲労は極端に体力や持続力が不足しているために、からだから疲れが抜けていかないことで起こると考えています。この疲労感は、誰もが経験することなのですが、慢性疲労の人はこれを自分で取ることできません。つまり、からだが硬直してしまっているので、疲れを逃がすための筋肉をゆるめる働きが弱っているのです。 疲労にもよいものと悪いものがあり、よい疲労であれば横になるとすぐに眠りにつけるので、疲れは睡眠によって取れます。一方、悪い疲労はからだ全体もしくは一部、または心が極端に疲労するもので、疲れすぎて眠れない、いくら寝ても疲れが取れないということが起きてきます。 そこで今回は、慢性疲労を解消するために、体力のある正常なからだに戻す呼吸法を紹介します。この呼吸法は、下腹まで深い呼吸を誘導することで下丹田の力を充実させ、腰椎や骨盤に活力を与え、ヒップアップした弾力のある体形をつくる呼吸法です。 (手順) ① 目を軽く閉じ、あおむけに寝て足を肩幅に開きます。 ② お尻の下に手を入れ、お尻を頭のほうに引き上げて、腰の部分がアーチ状になった状態をつくります。 ③ みぞおちがゆるんで、弾力があるか手を置いて確かめましょう。 ④ 恥骨から指3本分上にある下丹田の位置を確かめ、中指を軽く起きます。息を大きく吸い、息を吐きながら下腹をふくらせます。 ⑤ 下腹部を60~70%までふくらせたまま、胸から上だけを使って浅い呼吸を繰り返します。この状態を、慣れないうちは30秒前後、慣れてきたら2~3分耐えるようにします。(吸った息を下腹に下ろさないようにします) 終えるときは、大きく息を吸い、ゆっくり全部吐きながら、全身の力をゆるめます。呼吸が落ち着いたところで、息を吐きながら、閉じていた目を右目から片方ずつ開いて終わります。(呼吸法がうまくいったときは、終えた後の次の呼吸が下腹に自然に入るのがわかります) 以上です。 寝る前や目覚めたときに、1日1~2回おこなうことを習慣にしてみてください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

新陳代謝をよくして、動悸を解消する方法

今回の動画 動悸は、普通なら意識されない心臓の鼓動を不快なものと感じ、胸のあたりがドキドキあるいはドキッと動くような感覚が特徴的な症状です。このような感じを持つのは、脈が速い頻脈や脈のリズムに乱れがあるとき、神経質になって脈や心臓を特に意識しているときなどに多く起きます。 整体では、動悸の症状をみるときは、どのような理由で起きているのかを的確に判断する必要があります。特に症状が激しい場合は、命にかかわる個所だけに専門医師の診断を受けて適切な治療をしましょう。 心臓に重大な病気がなくて、動悸が起きている場合は心臓の働きが多少、衰えていることがあり、特に胸椎4番の動きが悪くなっています。このような場合、食べ過ぎによって胃が圧迫され、心臓を取り囲む胸郭が狭くなったり、呼吸器系に異常があるために心臓に負担がかかるなど、心臓本来の役割である血液を全身に送るポンプの働きが、十分にできずに起きていることがあります。 今回の解消法では、その症状の原因がからだのどこにあるかを探す体操を紹介します。からだのどこかに血液やリンパ液がとどこおって異常がおきている個所があると、そこだけがうまく伸ばせなかったり、動かせなかったり、動かすと痛んだり、重い感じがします。さらにこの体操を続けていくと、からだが自然にゆるんで、新陳代謝が活発になり、心臓の働きもよくなって動悸も解消されます。 (手順) ① あおむけの状態でお腹の前で右手首を左手でつかみます。ひじは軽く伸ばします。 ② 組んだ両手をゆっくりと頭の上まで持っていきます。 ③ 腕と足の両方を十分に伸ばします。足はかかとを突き出し、脚の裏側を伸ばすようにします。 ④ 伸びたまま両足のつま先を内側に倒し、足先どおしをしっかりと組みます。 ⑤ 手足を同時に、左側にゆっくりと移動し、右の肋骨、わき腹が弓なりに伸びるような角度をとります。 ⑥ 角度を決めたら手足の方向にさらに伸ばすように、3呼吸分くらい耐え、1点に異常を感じたときは、呼吸とともに力を抜いていきます。違和感のある範囲が広いと感じた場合は、一気に力をポンと抜きます。左側を行う場合は手首を逆に持ちかえて、逆Cの字で行います。 以上です。 最後の体勢がCにならない場合は全身が硬直していたり、脊柱の硬直が始まっています。また、肋骨の可動性もなくなっています。 動画を参考にしながら、ぜひお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

食べすぎからくる高血圧の改善法

今回の動画 西洋医学では高血圧の症状は、心臓から送り出された血液が全身を流れるために血管にかかる圧力が強すぎることをいい、心臓が収縮して血液を送り出した瞬間の最高血圧と収縮後に血管が拡張したときの最低血圧の2つを計測して判断されます。このとき判断基準となるのは日本人の平均値で、年齢などによって多少の違いはありますが、最高が130㎜Hgまで、最低が85㎜Hg以下を正常値としているようです。 整体では血圧の値を、平均値と簡単に比較できるものではなく、その人の身長や体重などに応じて違いがあってよいと考えています。 高血圧はストレス、食べすぎなどが原因となって心臓の働きが阻害され、血液の循環が悪くなるために起こってきた症状です。それは骨の様子をみれば明らかで、背中を壁にぶつけてみると、高血圧の人は血圧に関係する胸椎の8番が突出しているためにこの骨だけ壁にぶつかるのがわかります。 なので今回は、血液の循環が良くなる体操を紹介します。 (手順) ① あお向けに寝て、お腹の上で指を組み反対に返します。 ② ひじを伸ばした状態で、ゆっくり上げていきます。 ③ ゆっくり上げていくと、引っかかるところがあるはずです。そこで止めて腕を伸ばしながら片側に倒します。(伸ばしにくい場合は手首を持っておこなう) ④ 右手で左手を引き、上体をわずかに傾け、左のわきの下から肋間のあたりを伸ばして、約2~3呼吸同じ姿勢を保ちます。反対側も同様に、左右2回ずつ繰り返します。 以上です。 この体操は就寝前や寝起きに行うと、疲労回復にも効果がありますので、ぜひお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

顔色や肌つやを良くする方法

今回の動画 顔色は、どんな人でもそのときの状況によって変化するものです。ひと口に顔色といっても、その人のもともとの顔の色にもよりますし、見る人によっても感じ方は変わってきます。たとえば健康なのに、色白のために不健康そうに見える人もいますし、反対に顔色がもともと黒ずんでいる人が、貧血を起こして顔色が悪くなってもなかなか周囲は気づかないということもあります。 整体では、顔色が悪くなる原因を血液の循環が悪くなったためと考えます。顔色は、血圧が高い傾向にあると赤くなりますが、逆に低血圧や貧血の症状があって、血流がとどこおると青くなったり白くなってきます。 さらに、顔色と同時に肌のつやも重要視しています。赤い、青いという色だけならあまり問題になりませんが、つやがなくなっている場合は、内臓に異常が起こっている可能性が高くなります。これはからだが硬直し、血流がとどこおっているために顔の色つやに異常が起きていると考えられます。 そこで今回は、全身の血行を良くする体操を紹介します。 (手順) ①  ひざ立ちし、両手の指を前で組み、手のひらを返して腕をまっすぐ伸ばします。これがやりにくい人は手首をもってもいいです。 ②  腕をまっすぐ伸ばしたママ、息を吐きながら、腕がなるべく耳につくように真上に上げます。 ③ 上体をわずかに左に傾け、右わきの下の肋間(お乳の横あたり)が伸びるように、左手を使って右手首をつき上げるようにします。この姿勢で2~3呼吸耐えます。反対側も同様に行い、左右交互に2回ずつ繰り返します。(体を倒し過ぎるとわき腹のほうが伸びて効果がなくなるので、注意してください) 以上です。 かんたんなので、ぜひお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

夏が一番!ぜんそく改善法

今回の動画 ぜんそくは、正式には「気管支ぜんそく」といい、特に子どもの場合は、小児ぜんそくといいます。ぜんそくの症状は、発作といわれるように突然起こるもので、呼吸困難とヒューヒュー、ゼーゼーという気管支からの音、せきとたんがほとんどの患者さんに見られます。 整体法では、心理的なコンプレックスを発作という形で発散させていると考えています。これは、子どものぜんそくの患者さんを診ているとよくわかりますが、家庭や学校などで常時ストレスの高い状態にあり、それから逃げたいとの心理が働いてぜんそくの発作を起こしているのです。 整体的治療では、まずせきを出す原因となる食べ過ぎをやめさせます、もしくは、心理的なコンプレックスとなっている要因を取り除くようにしますが、これには、家族や周りの人の協力が不可欠です。また、もともと呼吸器系が弱い場合のぜんそくでは、体質改善が必要になります。これを効果的に行うには、夏にしっかり汗をかいて汗をかけるからだをつくり、全身の皮フを活性化させて呼吸器の負担を軽くすることが一番です。 なので今回は、呼吸器系の働きを活発にする体操を紹介します。 (手順) ① ひざ立ちし、お腹の前で両手のひらを上に向け、四指を組みます。親指は両方とも遊んだ状態です。 ② 組んだ両手の四指とも指先を手のひらにつける気持ちで曲げ、第二関節どおしをはさむように組み合わせ、腕の力を抜きます。(肩甲骨が開いていたり、大胸筋が硬直していると、うまく組めない) ③ 組んだ指を崩さないように、ひじを曲げないで、両耳に沿うようにしながら両手を真上に上げて伸ばします。(下がった肋骨が引き上げられる) ④ 上体が前かがみにならないようにひじを後方に引きながら、腰をしっかり反らせ、組んだ両方の手のひら側を後頭部のくぼみ(延髄)にあてます。 ⑤ ④の姿勢を崩さずにあごを引き、顔をまっすぐ立てるようにして、腰をしっかり反らせながらひじをできるだけ後ろに引きます。(胸部が開き、肩甲骨が背中の中央に寄って、下がった鎖骨も上がる) ⑥ ⑤の姿勢を崩さないように、胸を張りながらひじをゆっくり小さく左右に傾けます。このとき、傾ける反対側のひじは後ろに引きぎみにします。(傾ける側の反対の大胸筋がよく伸ばされる) 以上です。 動画を見ながらお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

出産前の服が着れなくなった人の解消法

今回の動画 産後、骨盤の歪み、体型が崩れるというのは当たり前になっている話ですが、それなのに解消できずに放置されている方をよく診ます。 産後は「必ず」骨盤は歪みます。 そして、血流が悪くなり、代謝が悪くなります。その結果、下半身太り、便秘、ホルモンバランスが悪くなったりと、女性の悩みにつながります。 一番多い悩みが出産前の服が着れなくなったというもので、それが叶えられたら嬉しいですよね。 なので今回は、産後の骨盤の開きを元に戻す体操を紹介します。骨盤と肩甲骨の力を恥骨に集める体操です。肩甲骨を内側に寄せ、骨盤に刺激を与えて偏りのある骨盤を正常に戻します。 なおこの体操は、妊娠中の方は決して行わないでください。 (手順) ① 足を伸ばして座り、そのまま両足を左右いっぱいに開きます。 ② ひざを立て、両手は肩の真下くらいの位置に置き、上体を支えます。 ③ 片方の腕を前から後ろへ回し、肩甲骨を寄せながら胸を開きます。 ④ 反対側も同じように行います。 ⑤ つま先を内側に向け、両手足でからだを支えながら、ブリッジをするように、腰をアーチ状に持ち上げます。 ⑥ ブリッジをしたら、同時にひざを内側にしめ、恥骨を斜め上に突き出すようにします。頭は持ち上げないようにします。 ⑦ 重心をゆっくり、少しずつ両手側に移動させながら、肩甲骨を内側に集めます。 ⑧ ⑦の体勢のままゆっくりと重心を足側に移動させます。恥骨にもっとも力が集まったところで、2~3呼吸耐えます。ひざが外側へゆるまないように注意します。 以上です。 動画を参考にお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。