作成者別アーカイブ: 快信整骨院(八尾) 中山 信博  プロフィール

こむら返りにはこの体操

Amebaなうで紹介

動画はこちら         ふくらはぎの筋肉がけいれんし、痛みを感 じるのが、こむら返りです。この状態を「足が、つる」と表現する人もいます。 睡眠中や、足を動かした直後に起こりやすい傾向が見られます。また、筋肉の弱い人が 急激な運動をしたときや、妊娠中の人や糖尿病の人もこむら返りを起こしやすいようで す。 これはこむら返りが、筋肉の硬直を起こしているときに起こるからです。 睡眠中に起きるのも、体が休んでいることで、ゆるんでいる箇所と、ゆるみにくい箇所 との格差が大きく出て、この格差が筋肉の硬直を生むからです。 そのため体全体に硬直がある人、とくに老人の様な体はゆるむ箇所がないため、こむら 返りはまず、起こらないのです。 さて、整体法では、このこむら返りを腰が疲れたときに起こるものと考えています。腰 が疲れてこわばり、ゆるみが悪くなって、足の裏側の筋肉を硬直させるのです。 とくに、骨盤が下がった状態で腰がこわばると、ひんぱんにこむら返りが起こってしまい ます。また、寝ているとき、普通なら体全体がゆるむのですが、ほかの部分はゆるんで も、ふくらはぎの筋肉だけ硬直が残るようになります。 そして、ゆるんだ筋肉と硬直した筋肉のあいだに生じる落差が、痛みのもととなるので す。寝入りばな、あるいは明け方にこむら返りが起こりやすいという場合は、たいていこ のタイプです。 こむら返りが起こったときの応急処置としては、まず、ひざを抱くようにして、腰の筋 肉を伸ばすことが先決です。大元である腰の筋肉をゆるめれば、足の裏側の硬直はとれま す。 一般には足の親指を甲側に引っ張る方法がいいといわれているようですが、つま先は足 裏側にまるめる方が、足の裏側の筋肉がゆるみます。 痛みが残るようなら、ふくらはぎに蒸しタオルを当てます。温かい蒸しタオルを当てて、 冷めたら取り替える処置を、数回繰り返しましょう。これで痛みを一掃することができま す。 ①ひざを抱えるように曲げて、腰を伸ばしてゆるめる ②あお向けに寝たままやってもOK 一度試してみて欲しいと思います。

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

頭痛にはこの体操

動画はこちら       ひとくちに頭痛といっても、その原因はさまざまです。 なかには脳の神経の異常や腫瘍など、重大な病気が原因で起こる頭痛もありますが、私た ちが普段よく悩まされる頭痛の多くは、疲れや食べ過ぎ血行障害などが原因で起こるもの です。 食べ過ぎが頭痛の原因というと、意外に思う人がいるかもしれません。しかし、食べ過ぎ てふくれた胃が背中から肩を通り、後頭部にかけて走っている僧帽筋を下に引っ張ると、 肩がこります。肩こりが高じると頭痛が起こってくることは、皆さんもよくご存じでしょ う。片頭痛を起こしたとき、吐くと治る場合がありますが、これなどは食べ過ぎによる頭 痛の典型的な例です。 頭痛を解消するには、とどこおった血液の流れを、よくしてやらなくてはなりません。後 頭部のいちばん出っ張っているところから指3本くらい外に親指を当て、頭を上に向かせ て、頸椎の動きをよくし、血行を改善しましょう。 後頭部のいちばん出っ張っているところから指3本くらい外のところは、整体法における 頭の急処のひとつです。少しくぼんでいるので、指を当てるとスッとはまります。一般の 方にも探しやすい場所です。 ①両手の親指を後頭部のいちばん出っ張っているところから指3本くらい側方(指3本 くらい外側にある溝)に当てて、頭を支える。 ②親指に頭を乗せるような感じで、そのままゆっくりと上を向く。一回につき1,2 回、一日2回(朝・晩)が目安。 一度試してみて欲しいと思います。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

顎関節症にこの体操

動画はこちら         顎関節症はあごを動かす筋肉が異常を起こ して、口の開閉がうまくできなくなり、口を無理に開けようとすると痛みが起こるのが主 な症状です。この症状は、口を大きく開けようとしと開かず、そこではじめて異常に気づ くことが多いのが特徴で、上下の葉の間が1cmほどしか開かなくなります。 顎関節症の原因は、あごの骨や筋肉の異常だけではなく、首から顔につながっている胸鎖 乳突筋という筋肉が硬直したり、伸びきってしまうことが考えられます。さらに、整体法 でその奥に潜んでいる根本的な原因を探ってみると、意外にも肺などの呼吸器系統に問題 のあるケースがほとんどです。 あごの異常は肺からきているわけですから、あごだけに行う体操では効果が低く、根本的 な解決にもなりません。そこで、肺の機能を高める体操を行ってみてください。 ①あおむけに寝て両手を前から頭上に上げ、背骨を思い切り伸ばします。 ②瞬間的に全身の力をポンと抜きます。 この体操では、背伸びをした筋肉を収縮させる動きと、全く正反対のポンと力を抜いて弛 緩させる二つの対照的な動きの反動を利用して、肺の機能を活発にできるのです。 また「蒸しタオル法」は、あごが痛んでいるときに、痛みのある部分に蒸しタオルをあて るのがよいでしょう。痛みが徐々にとれてきます。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

月経痛の予防法!!

動画はこちら     今回は、月経痛の予防法です! 月経痛には、子宮筋腫などの病気によるものもあり、 その場合は、病気を治さなくてはいけません。 しかし、病気でなくても、生理痛に悩まされる事があります。整体法でみると、そうゆう 人は、たいてい骨盤に問題がある人が多いです。 生理痛以外でも婦人科系に不調がある人の場合、腸骨、あるいは股関節などを診ていきま す。月経痛の場合は、骨盤が下がって可動性が悪くなってる事が多いです。 普段の姿勢の悪さや、骨盤を保持するための筋肉が低下すると下がってきます。 こんな時は、この体操で骨盤を引き上げ、正しい状態に戻しましょう! ①うつ伏せに寝て、床をすりながら両足を大きく開く。 ②膝を曲げて、両足の足の裏を合わせる。 ③両足の裏を合わせたまま、かかとをお尻に近づける。 この時、膝が閉じないようにする。 ④かかとをお尻に近づけたまま、つま先を出来るだけ上に向けて、しばらくじっとして います。 この体操を繰り返し行う事で、骨盤を引き上げ、月経に備えておきます。 関節や筋肉の硬直が強くてこの体操が苦しい時は、仰向けに寝て両膝を立て、 足だけをゆっくり左右に倒して腰を回転させるだけでもいいです。 参考にしてみて下さいね。    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

夕方からきつくなるむくみ解消法!!

動画はこちら     今回はむくみについてご紹介します!! むくみはいろいろな場所に出ますが、大ざっぱにいえば、 顔のむくみと足のむくみに分けて考えることが出来ます。 顔のむくみの多くは目に出やすいものです。正確には、まぶたあたりがむくみます。これ はたいてい、脳の疲れや睡眠不足が原因です。 足のむくみ、とくに朝よりも夕方になるとむくんでくるという場合、骨盤が下がってき て、足の付け根の血管を圧迫し、腰から足にかけての血行が悪くなっていることが原因で す。 腰から下の循環をよくする体操をしてみましょう!! ①仰向けに寝て、膝を抱える。 ②その位置から、膝を伸ばして、手を持てる位置にもち替える。 ③持てる人は、そこから足首を持つ。 ④アキレス腱がしっかり伸びた状態で、左右のかかとを交互に突き出すようにして、ふ くらはぎ、ももの裏を伸ばす。 かかとを押し出して上方に引き上げるようにするのがコツ。 同時に足湯をしたり、蒸しタオルでふくらはぎを温める事をされるとより効果的です。 それでも解消しない場合は、腎臓や肝臓、泌尿器にも原因があるかもしれません。 たかがむくみと安心しないでキチンと原因を把握する事が大切です。      

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肩コリ 腕の疲労解消法!!

動画はこちら   今回は、肩コリ、腕の疲れについてご紹介し ます。   長時間、同じ姿勢を続けたり、細かい作業をしてると肩が凝ります。この時肩の周りの筋 肉や関節は硬直しており、血行も非常に悪くなっています。多くの人が経験する不快な症 状の1つですが、肩こりは欧米人にはほとんどありません。 なぜなら背骨がしっかり湾曲していて、腰や首に弾力があるからです。腰や首の弾力があ ると、上体がよく伸びます。それで肩に余分な力が入らないので、凝らないのです。骨格 自体を変えて症状を取るのは不可能ですが、肩コリ、腕コリを解消するポイントを使えば コリを軽減させていくのは可能です。 腕の三里を使います。 ①親指のつけ根と肘の外側を結んだ線上の肘側、約1/4のところにある。 ②そこを逆の4指で小さく左右に動かし、はじきます。 パソコンや事務作業の後、どこでも出来るので定期的にする事をおすすめ致します。 また、ここは食べ過ぎによる胃腸の負担にも効果がある場所です。 肩こりや腕コリがあると、つい強い力で揉みたくなりますが、筋繊維を痛める恐れがある ので我慢し、この方法で腕から解消するか、蒸しタオルといって患部に直接温めるという 方法があります。試して下さいね。          

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

むくみ解消法!!

動画はこちら   むくみは、正式には浮腫といわれるふくらみや腫れが 起きた状態の事で、体の末端部である足や手、特 に足に症状が出る人が多く、足が重く感じたり、 靴がきつくなったように感じて分かります。 整体法では、むくみを一種の血行障害ととらえ、 正常ならばスムーズに流れる血液や体液、老廃物が滞り、心臓からもっとも遠い足にた まってしまう事で起こると考えられています。これは、心臓が行うポンプの働きの衰え や、腎臓や肝臓の機能が落ちているとも考えられています。 むくみは、立ちっぱなしで作業した夕方などに起こることがありますが、これも心臓の働 きが弱く、血液や体液の循環が悪い為に起こってくると考えられています。 今回は、心臓の持つポンプの働きを助ける体操をご紹介します。 ①座った状態で足を前に出し、くるぶしの周辺を持ちます。 ②その状態でつま先を前後に動かすことによって、足首を上下に動かします。 足首の関節が硬くなって、そこに老廃物が溜まると心臓に負担がかかります。 この体操で柔らかくする事で、たまっていた老廃物が肝臓や腎臓でろ過され、 循環をよくします。 また、足首から下を温める「足湯」も効果的な方法です。 試してみて下さいね。              

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

耳鳴り緩和法!!

動画はこちら       今回は、耳鳴りについてご紹介します!! 実際には鳴っていない音が、自分にだけ聞こえるのが耳鳴りです。 ブーンというモーター音のような低い音が聞こえたり、キーンという金属的な高い音が聞 こえたりと、人によって聞こえる音も様々です。 耳鼻科などの病院に行って原因が分かる場合は、良いのですが、たいてい耳にも脳にも異 常がなく、「老化」であったり、「ストレス」と言われ帰ってくることも少なくないよう です。 あれこれ騒がしい昼間はともかく、あたりが静かになる夜中には、どうしても耳鳴りの音 が気になってしまい、眠れなくて悩む人も少なくないでしょう。 整体学的にみると、耳と関連しているのは首の骨の4番目です。ここが硬直すると、耳鳴 り、耳づまりといった症状が現れます。また、この4番目の骨に異常が起こると、3番目 の骨とくっついてしまうこともあります。3番目は目、鼻、肺と関連の深いところですか ら、それらの箇所にも異常が起こってきます。 耳鳴りとめまい、鼻づまりや呼吸困難が同時に起こる場合はこのためです。 高血圧が原因で耳鳴りがするような時も、4番目に硬直がみられることが多いようです。 耳鳴り緩和に効果的な方法! ①手の4指で軽く頭を支えて、親指に頭を乗せるようにします。 ②頭を上下にゆっくり動かし、親指を置いてるところに刺激を加えます。 この親指を置いてるところは4番目の骨と関連しており、そこを刺激することで間接的に 4番目の骨を正常に戻していきます。 1度試してみて下さいね。          

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

顔色の悪さ、目の下のクマ解消法!!

動画はこちら   今回は、目の下のクマ、顔色の悪さの解消法で す。 顔色を見れば、その人の健康状態が、ある程度わ かります。基本的には赤っぽい色が健康的です が、血圧が高くて赤っぽくなっているのは健康的だとは言えません。 そこで、ここでは血液循環が良い人の事を「顔色が良い」と考えることにします。 逆に「顔色が悪い」というのは、低血圧や病気などで血流が滞ってしまった場合を示しま す。 さて、睡眠不足や過労でも血液の循環は滞りますし、女性なら月経の時は循環が滞りがち になります。こんな時は、原因になる状況を解消すればよいのですが、特に思い当たる原 因もないのに、いつも顔色が悪いというなら、それは全身の血流が滞っているのかもしれ ません。手足が冷たい、立ちくらみがするなどの症状があれば、まさにこれに該当しま す。 血流を流す方法をご紹介します。 ①手を前からゆっくりと上へあげ、両手足で、背骨を思いっきり伸ばす。この時、アキ レス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。 ②背骨を伸ばし切って2,3呼吸耐えた後、全身の力をポンと抜く。 背骨を伸ばすことで、まず、体を緊張させ、ポンと力を抜く反動を利用してポンプ作用の ように全身に血液を送ります。背骨がつまって老廃物が流れにくくなってる場合など効果 的です。試してみて下さいね。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

不眠症解消法!!

  動画はこちら     今回は、不眠についてです。 整体法では、睡眠をからだにエネルギーを蓄 える為の重要な行為と考えます。私たちの体は、過度な疲労があれば、自然に睡眠という 栄養を欲するように出来ているのです。 さて、不眠症には、様々なタイプがあります。 まず、なかなか寝付けない場合は、そもそも眠りが必要なほど疲れていないことが多い のです。夜中や朝早く目が覚めてしまう場合も同様で、疲労が取れてしまったから自然に 目が覚めたとも考えられます。それを「何時間寝なければいけないのに」と思い込む必要 はありません。必要な睡眠時間には個人差があり、2,3時間で十分な人もいれば、8時 間以上眠らないと調子が悪いという人もいるのです。注意を要するのは、極端な疲労のた めに体が硬直して眠れない場合で、特に大胸筋という胸の筋肉が緊張しています。この筋 肉は呼吸と関係し、息が浅く熟睡出来なくなり、脳の疲れを回復できず不眠感が残るので す。 この体操をご紹介します。 ①横向きになって寝て、下になった側の腕に頭をのせます。上側の腕を手の平を上にし て体に沿わせます。 ②前から腕を回し、耳の脇を通って斜め後方で止めます。この時、肩を支点として腕の 力を抜くと、腕の重みで大胸筋が伸ばされ、胸郭が開いてきます。 これを3回ぐらいして、逆も同じようにします。 胸の筋肉を緩めて、深い呼吸が出来るようになると、よく眠れるようになると思います。      

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。