作成者別アーカイブ: 快信整骨院(八尾) 中山 信博  プロフィール

顔色の悪さ、目の下のクマ解消法!!

Amebaなうで紹介

動画はこちら   今回は、目の下のクマ、顔色の悪さの解消法で す。 顔色を見れば、その人の健康状態が、ある程度わ かります。基本的には赤っぽい色が健康的です が、血圧が高くて赤っぽくなっているのは健康的だとは言えません。 そこで、ここでは血液循環が良い人の事を「顔色が良い」と考えることにします。 逆に「顔色が悪い」というのは、低血圧や病気などで血流が滞ってしまった場合を示しま す。 さて、睡眠不足や過労でも血液の循環は滞りますし、女性なら月経の時は循環が滞りがち になります。こんな時は、原因になる状況を解消すればよいのですが、特に思い当たる原 因もないのに、いつも顔色が悪いというなら、それは全身の血流が滞っているのかもしれ ません。手足が冷たい、立ちくらみがするなどの症状があれば、まさにこれに該当しま す。 血流を流す方法をご紹介します。 ①手を前からゆっくりと上へあげ、両手足で、背骨を思いっきり伸ばす。この時、アキ レス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。 ②背骨を伸ばし切って2,3呼吸耐えた後、全身の力をポンと抜く。 背骨を伸ばすことで、まず、体を緊張させ、ポンと力を抜く反動を利用してポンプ作用の ように全身に血液を送ります。背骨がつまって老廃物が流れにくくなってる場合など効果 的です。試してみて下さいね。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

不眠症解消法!!

  動画はこちら     今回は、不眠についてです。 整体法では、睡眠をからだにエネルギーを蓄 える為の重要な行為と考えます。私たちの体は、過度な疲労があれば、自然に睡眠という 栄養を欲するように出来ているのです。 さて、不眠症には、様々なタイプがあります。 まず、なかなか寝付けない場合は、そもそも眠りが必要なほど疲れていないことが多い のです。夜中や朝早く目が覚めてしまう場合も同様で、疲労が取れてしまったから自然に 目が覚めたとも考えられます。それを「何時間寝なければいけないのに」と思い込む必要 はありません。必要な睡眠時間には個人差があり、2,3時間で十分な人もいれば、8時 間以上眠らないと調子が悪いという人もいるのです。注意を要するのは、極端な疲労のた めに体が硬直して眠れない場合で、特に大胸筋という胸の筋肉が緊張しています。この筋 肉は呼吸と関係し、息が浅く熟睡出来なくなり、脳の疲れを回復できず不眠感が残るので す。 この体操をご紹介します。 ①横向きになって寝て、下になった側の腕に頭をのせます。上側の腕を手の平を上にし て体に沿わせます。 ②前から腕を回し、耳の脇を通って斜め後方で止めます。この時、肩を支点として腕の 力を抜くと、腕の重みで大胸筋が伸ばされ、胸郭が開いてきます。 これを3回ぐらいして、逆も同じようにします。 胸の筋肉を緩めて、深い呼吸が出来るようになると、よく眠れるようになると思います。      

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

下痢の解消法!!

  動画はこちら     今回は、下痢についてです。 一般に、やわらかい便や水のような便が出る事 を下痢と言っていますが、便の状態にも個人差 があります。いつも便がやわらかいが、体調に 問題はないという場合は、下痢とはいいませ ん。 水っぽい便が普段よりも回数多く出たり、排便時にお腹が痛むなどの不快な症状を伴う場 合を、下痢と言います。 現代の西洋医学では薬を使って下痢を止めようとしますが、整体法では基本的には止める ようなことをしません。なぜなら、人間の体には不必要なもの、害になるようなものが体 内に入ってきたとき、それを外に出そうとする働きが備わっており、下痢もその手段の1 つだからです。 とはいえ、ストレスなどの精神的な事で起こる下痢は、長く続くと体が弱ってしまいます から対策が必要です。この体操で解消しましょう!! ①手を前からゆっくり上にあげ、両手足で、背骨を思いきり伸ばす。この時、アキレス 腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。 ②背骨を伸ばし切って2.3呼吸耐えたら、全身の力をポン!と抜く。 神経性の下痢は、体がストレスのどの刺激に対して、過剰に反応し、中心部が緊張してし まいます。その緊張を一気にポン!と抜く事で解消し、下痢をおさえます。 下痢と共に腹痛がある場合は、痛い部分に蒸しタオルを当てる事で、効果が期待できま す。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

眼球の運動!!

動画はこちら       今回は、目の疲れを眼球の運動によって解消する方法をご紹介します! 私たちは、現在パソコンや携帯電話の普及により目を酷使することが多くなってきていま す。目が疲れるという事は、すなわち血流が悪くなってきてるとも言えます。そうなって くると、周辺の筋肉にも影響が出てきて、肩こりや頭痛、その他にも寝不足などいろいろ なところに症状が出ます。ホットアイマスクや目薬など対処法は皆さん様々ですが、直接 眼球を動かすことによって血流を促す方法も効果的です。 ①まず顔を正面に向けて、眼球を思いっきり上に向けて、約3秒後に視線を正面に戻し ます。 ②次に右上を見て、再び視線を正面に戻します。 ③そして、次は左上を見て、視線を正面に戻します。 この3方向それぞれを、10回程度繰り返します。 目を酷使する場合、ほとんどが目線を下に落とします。この偏った使い方がコリの原因 だったりします。 普段うつむき加減なので、この体操で上に向ける習慣をつけると疲れにくかったりしてき ます。 後は、オプション的に、こめかみあたりを、目尻から耳の上まで上に向けて圧迫します。 目が疲れていると圧痛がありますが、何度かするうちに痛みが解消されていきます。 是非、試してみて下しね。    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

目の疲れ解消法!!

動画はこちら     疲れ目の原因は、いろいろあります。1つは、長時間の読書やパソコンワークなどによ る、目そのものの疲れです。特に、光の集約であるパソコン画面を見つめることは、目に とって大きな負担になります。 また、整体法では、目は脳の1部と考えています。脳が疲れると目も疲れます。逆に言 えば、目が充血しているようなときは、脳も疲れて充血しているのです。 腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指は目と関連しているので、 ここを温めたりすると目の疲れが解消することもあります。 また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は体温調節に関わっている為、目が疲れやすい 人には汗をかかない、体温が低いという傾向が見られます。腎臓の機能を高めてあげると 血行が良くなり、目の疲れが緩和してくることもあります。腎臓の機能を高めるために足 の溝掃除をします。 両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動かす。片方に つき1,2分で、1日2回(朝、晩)が目安です。 目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回繰り返すのも、血行を促す 方法として有効です。 後は、眼球を上に向けることも有効的です。日頃パソコンなどで下を向くことが多いので 眼球を運動させ、血行を良くしてみましょう!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

食べ過ぎによる肩こり対処法!

動画はこちら   今回は、食べ過ぎによる肩こりの対処法です! 肩には僧帽筋という三角形の筋肉がありますが、その 上端は首から後頭部に、下端は胃の裏あたりにつな がっています。 食べ過ぎて胃袋が膨らむと、この僧帽筋が下に引っ張られ、まず背中の上の部分が硬直 し、次に肩や首が硬直して、最後には後頭部にまで硬直が及ぶのです。食べ過ぎと肩こり は一見、関係がないようですが、筋肉のつき方を見れば、食べ過ぎで肩がこるわけが一目 瞭然に分かります。 この肩こりを解消しようと思って、強く揉んでみたり、押してみたりすると逆に揉み返し といってかえって悪くなることがあります。 手の三里という急所を使って解消しましょう! ①親指の付け根と肘の外側を結んだ線上の肘側、約1/4のところにある。 ②その腕三里(触ると硬いスジみたいなものに触れることが出来ます)をはさみ、力を 加えたまま、小さく左右に4,5回動かしはじきます。 様子を診ながら、数分おきにやっていくと肩こりが徐々に緩和されていきます。 もし、肩こりをもとから触って楽になりたい方は、蒸しタオルを当てるといいでしょう! この手三里のツボは、消化器系に効く急所ですので、胃腸に問題のある方など不調だと感 じたらやってみるのもいいでしょう!      

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

月経痛予防にこの方法!!

動画はこちら       今回は、月経痛の予防についてです。 月経痛には、子宮筋腫などの病気によるものもありますが、整体法で診ると骨盤の可動性 が悪くなりおこると言われています。骨盤は、左右バランスよくゆるんだり縮まったりし て、中心に力が集まっているのが理想です。しかし、左右どちらかの動きが悪くなると、 しだいに位置が狂ってきて、やがて痛みなどの不愉快な症状が出てくるようになるので す。 こんな時には、体操で骨盤を正しい位置に引き上げましょう! ①うつ伏せに寝て、床をすりながら両足を大きく開く。 ②膝を曲げて、両方の足の裏を合わせる。 ③両足の裏を合わせたまま、かかとをお尻に近づける。 (この時、膝が閉じないように注意します) ④かかとをお尻に近づけたまま、つま先をできるだけ上に向けて、 2,3呼吸耐える。 1日2回(朝、晩)行うのが目安。 関節や筋肉の硬直強くてこの体操が苦しい場合、仰向けに寝て両膝を立て、足だけをゆっ くり左右に倒して腰を回転させるだけでも、痛みの緩和に繋がります。        

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

貧血解消法!!

動画はこちら       今回は、貧血についてご紹介させて頂きます。 西洋医学で定義されている貧血とは、血液中の赤血球や血色素(ヘモグロビン)の量が減 少した状態の事です。よく知られているのは、鉄分が足りなくて起こる鉄欠乏性貧血です が、自覚症状がほとんどなく、健康診断などで血液検査をして、はじめて貧血だと分かる 場合も少なくありません。 これに対して、私たちが普通、貧血といっているのは、人混みや満員電車の中、あるいは 入浴中などにクラッときたり、朝礼などずっと同じ姿勢で立ち続けている時にフラッとき て、思わずしゃがんでしまうような状態の事です。時には冷や汗が出たり、意識を失うこ ともあります。 立ちくらみを起こすのは、自分を取り巻く外界の変化に、体がスムーズに対応できないか らです。そうなると血液の流れの格差で貧血の状態になってしまいます。 よくあるパターンでは、何らかの影響を受けて上腹部が固くなって脳に上手く血液が流れ にくくなる場合です。 こういう方は、低血圧だったり、汗をあまりかかないという特徴があったりします。 上腹部の固さをとる体操が効果的です! ①みぞおち近くに指先が向くように、肋骨を抱える。 ②みぞおちに力を集めるように両側から肋骨を寄せ、2,3呼吸耐える。 息を吸うときにゆっくりと手をゆるめる。 これを繰り返していると、肋骨が緩んできて、息が吸いやすくなり脳への血流も通り始め ます。 一度試してみて下さいね。    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

膝の痛み解消法!

動画はこちら   今回は、膝の痛みについてです。 一般的に、膝が痛むのは、膝が悪くなったからと思われがちです が、腰の可動性が悪くなったことによって、痛みが起こってることが多いのです。腰の骨 は体を捻じる時にも使われます。ここが動かなくなると、名前を呼ばれて振り向くような とき、腰で体を半転させることが出来なくなります。すると、無意識のうちに膝を使って 体を捻じるようになるのです。 しかし、膝はもともと、捻じる動きをするようにはできていません。そこで、そこにかか る負担が大きくなって、痛みが起こるというわけです。 腰の動きをスムーズにするためには、足の裏側の筋肉を伸ばすことが効果的です。お尻か ら太もも、ふくらはぎまでを伸ばします。これらの筋肉は腰と連動しており、これがゆる むことで、腰をゆるめ、膝の痛みを和らげることができます。 ①足を前に伸ばして座り、手でつま先をつかむ。出来なければ足首より少し上をつかん でもオッケイ。 出来るだけ腰を反らせるようにすると、効果的です。 ②左足のかかとを前に突き出すようにしてアキレス腱を伸ばしながら、腰を前後にゆっ くり小さく動かす。この時、お尻、ももの後ろ側、ふくらはぎの筋肉が伸びているのを 確認する。 ③右足も同様にする。 この後に、蒸しタオルなどで患部を温めると効果的です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

目の疲れ解消法!!

動画はこちら   今回は、目の疲れについてです。目の疲れの原因は、いろいろあ ります。長時間の読書やパソコンワークなどによる、目そのもの の疲れです。とくに、光の集約であるパソコン画面を見つめることは、目にとって大きな 負担になります。 また、整体法では、目は脳の一部としてとらえています。脳が疲れると目も疲れます。逆 に言えば、目が疲れて充血しているようなときは、脳も疲れて充血しているのです。 そして、意外なのが腎臓です。腎機能が弱くなると血行不良がおきて、眼球の後ろの血行 が悪くなります。そこからの目の疲れもあります。腎機能を高めて血行を促進しましょ う! 両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動かす。 腎臓が弱くなるとこの指と指の間が詰まります。ここを掃除することで血の戻りが早くな り腎機能が高まり、体の循環も良くなります。目の方まで行き届くと疲れ目も徐々に緩和 していきますので是非試して欲しいと思います。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。