作成者別アーカイブ: 豊田整骨院 裵 智善  プロフィール

手が疲れやすい方、必見です!

Amebaなうで紹介

現代社会において手を使うということは日常化しており疲れやすい部位でもあります。 この手の疲れを放置しておくと腱鞘炎、バネ指、ヘバーデン結節など様々な疾患に移行していき日常生活に支障をきたします。 そこで日々ケアしていく必要があるのですが、今回はそのケア方法についてご紹介いたします。   1.指を一本掴み軽く引っ張ってみましょう。この時に指の付け根の関節から伸びる意識ができると理想です。 2.脱力ができたら掴んでいる指を軽く揺らしていきましょう。腕全体が脱力をし、肘の方まで揺らすように動かします。 3.特に疲れている部分を重点的に5本指すべて行いましょう。これを左右行います。 ⇒動画はコチラ   基本的に力を抜くことを心がけて行ってください。余分な力が入ると指の関節などを痛めるおそれがありますのでご注意ください。 とにかく簡単なケア方法なので是非一度、お試しください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

手をよく使う方達に必見の健康情報

近年、パソコン作業や現場仕事で重い荷物を持ったりなど手をよく使う仕事は多くなってきています。 日々、手を使うことにより手の筋肉は緊張して疲れはどんどん溜まっていきます。その疲れを放っておくと腱鞘炎やバネ指など生活に支障をきたす症状に発展してきます。 それを予防するには日々のケアが必要になります。 今回はその簡単なケア方法をご紹介したいと思います。 まずは親指の付け根のケア方法です。 1.親指の付け根の厚みがある部分を対象に行います。反対の手で親指の付け根を揉んで いきます。 2.一か所ではなく少しずつ場所を変え、まっすぐ押したり、回すよう揉んだりと、場所や力の入れ方に変化をつけます。 次に小指側のケア方法です。 1.小指の付け根から手首の方へ降りていくように親指同様に筋肉を揉みほぐしていきます。付け根の内側に行くと骨に当たってしまうのでそこは触らないように気をつけます。 2.コリコリと感じる部分を反対側の手でつまんでほぐします。 3.これを左右行います。 ⇒動画はコチラ   手の疲れは休めるだけではなかなか取れないので日々ケアしていく必要があります。 このケア方法は簡単でいつでも短時間で行えるので是非、オススメです。がんばってやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

きれいな腹筋を作るためにすべきこと

これから夏に向けて腹筋を割りたいと思われる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? そんな方たちにオススメの健康情報があります! それは簡単にできてきれいに腹筋を割ることのできる運動方法です。 まず、腹筋をきれいに割れるように見せるには腹斜筋を鍛える必要があります。 腹斜筋とはお腹の横にあたる筋肉のことを指します。この筋肉を鍛えることできれいに腹筋が割れるのはもちろんのこと、横腹にコルセットのように巻きつき、体幹を安定させたり、排便を助けたりする働きも担うため健康な身体も作ることができます。 その腹斜筋の簡単な鍛え方を紹介したいと思います。   1.仰向けになった状態で寝っころがる。 2.膝を90度に曲げて、軽く持ち上げていく。 3.頭の後ろに手を構え、少しだけ頭を浮かせる。 4.左手の肘と右足の膝をくっつけるように動かす。 5.元の状態に戻していく。 6.この動作を20回ずつ行う。 7.インターバル【30秒】 9.残り2セット行う。 10.終了 ⇒動画はコチラ ※回数、セット数などはあくまでも目安なのでご自身に合った回数をこなすようにしてく ださい。 この運動は動作もややこしくないためいつでも簡単に行うことができます。是非、継続して行ってください!  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

大胸筋をやわらげることの大切さ

近年、パソコンやスマートフォンの影響で姿勢が悪くなり、猫背になる人が増加しています。 猫背姿勢になることで大胸筋という胸の大きな筋肉が縮こまり、呼吸がしにくくなったり睡眠時に上向きに寝にくくなり、その結果、緊張して眠りにくくなったりします。 そういったトラブルを解消するために必要なのは大胸筋の緊張をやわらげてあげることです。今回はその体操をご紹介します。 1.膝を肩幅くらいに開いて正座します。 2.両手を前方について胸を開きます。 3.腕をついた状態で20秒~30秒キープします。 4.元の位置にゆっくり戻します。 ⇒動画はコチラ   この体操は日常生活や仕事でどうしても姿勢が悪くなり気づけば猫背になってしまってる方にオススメの体操です。 身体の負担も少なく簡単にできる体操です。仕事を終えて家に帰ってすぐか寝る前にやるように心がければ必ず姿勢は変わってくるでしょう。是非、頑張ってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

腰痛対策にはこの運動がオススメ!

日頃、腰が痛くなりやすい、ぎっくり腰を何回か経験していて常に腰に不安があるといった方にお勧めの運動方法があります! 身体の背面部にある脊柱起立筋をダイレクトに鍛えて腰を強くする運動方法です。 やり方は簡単です。   1.床にうつぶせになります。 2.胸と脚を同時に床から離して浮かせていき、体を反らします。 3.その後、ゆっくりと上体を元の位置に下げて戻していきます。 4.15回×3セットを目安に行なっていきましょう。 ⇒動画はコチラ この運動は脊柱起立筋をダイレクトに鍛えて背骨を安定させることができます。同時に、必要であれば太ももを伸ばしたまま床から離していくことで、お尻の大臀筋や太もも裏のハムストリングを強化していくことが可能なります。 急ぎ過ぎて動作を早めると逆に腰を痛めることになりますのでゆっくりフォームをチェックしながらやってください。 継続してやることで腰痛になりにくくなり快適に過ごせるようになります。 是非、やってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

体幹を強くするためにすべきこと

体幹とは人間の手足を除いた胴体部分のことを言います。そして人体の主要部分であるとされています。 図が示すように体幹を構成する筋肉には多裂筋、横隔膜、腹横筋、骨盤底筋が挙げられます。 体幹が弱いと身体がすぐにぐらつき転びやすいといったことになり日常生活においても支障をきたします。 なのでいくら腕や脚だけを鍛えてもこの体幹を鍛えないとあまり意味がないと言われています。 今回は体幹を構成する筋肉である腹横筋のトレーニングをご紹介したいと思います。   1.床にあお向けになり、膝を立てる。 2.深く息を吸いながら、お腹を膨らませる。 3.息を吐きながらおへその下を、へこませた状態を10秒キープ 4.10程度ゆっくりを行っていく。 ⇒動画はコチラ この運動は簡単でそんなにきつくないためいつでも気軽に行えるオススメの運動です。 地味ですが続けていけば必ず成果を上げれるでしょう! 頑張ってやってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肩と腕の疲れを簡単に取るには!?

デスクワークなどで肩や腕が疲れるけど自分ではどのようにケアしたらいいかわからない。そういった悩みを抱える方はたくさんいらっしゃると思います。 今回は肩や腕の疲れを簡単に取ることができる体操をご紹介したいと思います。 やり方は簡単です。   1.両足を肩幅に開いて立ち、左手を腰の後ろに持っていき右手で手首をつかむ。 2.ゆっくり右の方へ引っぱる。 3.気持ち良く伸びたら反対側も同様に行う。 ※引っ張る力は強すぎないように注意して気持ちのいいところで止めて5秒ほど静止する。 この体操をすることにより肩こりの予防、肩から腕にかけて血行を促進する効果があるので日々やることをおすすめします!短い時間でできるので是非、お試しください! ⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足の冷えにはこれがおすすめ!

                  この寒い時期はじっとしてるだけで足が冷えてきてホントつらいですよね! 分厚い靴下やレッグウォーマーを履いたりして保温に気をつけても足の冷えはなかなか防げません。 足が冷えやすい人は足首が不安定なため足首周囲の筋肉も力がなくなり代謝が悪くなっています。 足首を引き締めてあげることにより代謝がアップして血液が流れやすくなります。 そこで簡単に足首を引き締めて冷えを改善する運動を紹介します。 1.両足を伸ばして座り、右足を曲げ、左足の上にのせる。 2.左手の指と右足の指を組み、右手で右足首を持ち固定し、右足首をゆっくり回す。 3.反対も同様に行う。 ⇒動画はコチラ 足首を回す回数は5~10回を目安に行なって下さい。 あまり回し過ぎると逆に足首の力が抜けてしまい余計に代謝が悪くなってしまうので気を付けてください!簡単なので継続してやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冷える手先にお困りのあなたへ

冬の寒い時期になると手先が冷えてきますよね。 冷え性対策でお風呂に長めに浸かったり、血行が良くなるように食べ物を気をつけたりしてみたけどなかなか改善しない。そういったお悩みを抱える方がたくさんいらっしゃると思います。 そんなあなたにいい体操をお教えいたします。やり方は簡単です。 1.手の先が自分の方に向くように手を床につき四つんばいの姿勢になります。 2.床についた手に軽く体重を乗せ、手のひらが床から離れないようにしながら、お尻を    ひき、かかとに乗せます。 3.手のひら、腕の内側がよく伸びているのを感じながら10秒ほどキープします。 4.ゆっくり元のポジションに戻します。 5.この動作を3回ほど繰り返します。 ⇒動画はコチラ この体操は早くやり過ぎたり無理して体重をかかとに乗せすぎると逆に手の筋肉を損傷してしまうおそれがあるのでゆっくりと無理しない程度に行ないましょう。 簡単なので毎日やることを目指して頑張ってください!  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

体幹を鍛えるために必要なトレーニングとは!?

体幹を鍛えるのに有効なトレーニングて何?一般の方でそう思う方もたくさんいると思います。体幹が弱ることにより猫背姿勢になったり腰痛を引き起こす要因にもなるため体幹トレーニングは健康に不可欠であると言われています。 そのトレーニングの1つとして腕立て伏せが挙げられます。 よく我流で腕立て伏せをやって腰や首が痛くなると聞きます。 そこで今回は正しい腕立て伏せのやり方をご紹介したいと思います。   1.腕を肩幅より拳二つ分ほど外に開いて床に着く。 2.足を伸ばして、つま先だけを床につけて腕とつま先で体を支える。 3.足から首まで一直線になるよう姿勢を整える。 4.目線は顔から1メートル先を見るように意識する。 5.肘を曲げながらゆっくりと体を倒していく。 6.床につかない程度まで下げたら、そのまま1秒間キープ。 7.その後、地面を押し上げて元に戻す。 8.この動作を20回ほど繰り返す。 ⇒動画はコチラ この時に気を付けていただきたいのは呼吸と姿勢です。呼吸は腕を下げるときに吸って上げるときに吐くように意識しましょう。姿勢は体が反り過ぎないように気をつけましょう。 ハードなトレーニングですがやればきっと効果は上がります。是非、頑張ってやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。