作成者別アーカイブ: 豊田整骨院 裵 智善  プロフィール

手が果たす重要な役割とは!?

Amebaなうで紹介

現代社会において人間の手は常に重要な役割を担っています。物を持ったり字を書いたり、何かするときに必ず動かしています。 常に動かしているからこそ酷使することも多くなり疲労も蓄積していきます。その影響は手の指や手首のみならず全身に及んでいきます。 解剖学的に手を動かす筋肉の神経は首から出ていて更にその神経は脳からの命令で伝達していきます。したがって手の影響は腕から肩、首、脳にまで影響を及ぼすと言われいます。肩こり、首こり、頭痛なども手の使い過ぎにより起こるケースもたくさんあります。 スマートフォンやパソコンが普及しているこの世の中では日常生活で手を使う頻度が極端に多くなり体に負担をかけやすくなっています。 例えば肩の調子が悪くて整骨院などに通い治療しても日常生活においてスマートフォンやパソコンをやり続けると身体はたちまち元の悪い状態に戻ってしまいます。しかしながら現代社会においてそれを完全にやめるのはなかなか難しいと思います。仕事で常にパソコンを扱う人もいれば、スマートフォンを使い知人と連絡を取るなどほとんどの方がやっているからです。 なので少しでもその負担を軽減するために自分自身でケアしていく必要があります。 パソコン、スマートフォン、日常生活においてあらゆる動作で手を使うときに必ず指を使います。指をケアすることで手の疲労を回復させることができます。 簡単なケア方法を動画で紹介したいと思います。 ⇒動画はコチラ なかなか肩こりや首のこり、腕のだるさなどが改善しない。整骨院などで治療してもらってもすぐに体が悪い状態に戻るといった方たちに是非オススメのケア方法です。 治療をしてもらいきちんと自分でケアする。これが健康への一番の近道になると思います。特に手は日常的に必ず使うことになるのでちゃんとケアすることをお勧めします。 是非、頑張ってやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

腰痛の原因となる腸腰筋の働きとは!?

腰痛は様々な原因で起こります。その原因の一つとして考えられているのが腸腰筋です。 腸腰筋とは図に示しているように股関節の前側についている筋肉のことです。 背骨と脚をつなぐ大腰筋、骨盤と脚をつながぐ腸骨筋の二つの筋肉から成り立ち、インナーマッスルと呼ばれるカラダの深層の筋肉です。 この筋肉は太ももを上げたり、骨盤を起こし、いい姿勢を保とうとするときに働きます。 また、きれいに歩いたり走ったりするときにも大切な筋肉であり、近年健康を意識する方々に注目を集める筋肉でもあります。 腸腰筋は股関節の前側にあるため、膝を抱えれば縮こまり、足を後ろに反らせば引き伸ばされます。この筋肉が硬くなることで腰痛が起きやすくなると考えられています。 腸腰筋が腰痛の原因と考えられている理由は腸腰筋が縮んだ状態で硬くなってしまうと、骨盤が前に倒れた状態となり、腰を反った状態になりやすくなるからです。 なので腸腰筋をしっかりと動かし鍛えることにより腰痛の予防になります。 そこで簡単な運動方法をご紹介します! 動画はコチラ→腰痛予防の運動 このように簡単な運動で腰痛が改善でき、なおかつ日常生活においてもスムーズに過ごしやすくなります。日々、継続して腰痛の予防、改善に向けて頑張ってください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

便秘の改善に知っておきたいこと

便秘とは「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。 便秘には2種類のものがあり食事性便秘、水分不足、環境の変化などにより急性で起こる便秘もありますが、多くの方が悩んでいる慢性便秘です。   慢性便秘の種類 弛緩性便秘・・・腸の運動や筋力の低下によるもの。高齢者やお産回数が多い女性などがなりやすい。 痙攣性便秘・・・腸の運動が引きつったようになり、便の通りが悪くなるもの。下剤の乱用、過敏性腸炎などが関連している。 直腸性便秘・・・排便の反射が弱くなっているもの。排便を我慢すること、浣腸の乱用などが原因。 便秘に伴い肌荒れや吹き出物、お腹の張り、食欲不振などの症状が出てきます。   便秘にならないためのポイント 必ず毎日、朝食を食べる・・・朝食は便意をうながすきっかけとなるので必ず毎日食べましょう! 食事に注意する・・・繊維質の多い食品(野菜類、豆類、いも類、海藻、果物類)を摂るようにしましょう。食物繊維は便の量を増やしたり、有害物質を吸着する働きがあります。 水分をしっかり摂る・・・腸の内容物が通過しやすくなるよう水分を多く摂りましょう。また起床時に冷たい水や牛乳を飲んで、排便を促しましょう。 適度な運動をする・・・腹筋を鍛えたりすることにより腸に刺激が与えられて排便が促されます。 排便のリズムを身につける・・・規則正しい日常生活を送り、毎日時間を決めてトイレに行くように心がけましょう。特に朝食後は胃腸の働きも活発になるため、いちばん排便が促される時間帯です。 さらに便秘改善のための簡単な運動方法を紹介します。 動画はこちら→便秘改善のための簡単な運動方法 便秘を改善していくのに重要なのはすべてにおいて生活リズムにあります。最初はめんどくさくても継続していけばかならず改善できます。毎日少しずつでもいいので頑張ってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

猫背改善のために大事な大胸筋

近年、日中のパソコン作業やスマホ操作により猫背になる人が増加しています。実際にご自身がパソコンやスマホを操作している姿勢を想像してみて下さい。 パソコンやスマホの画面を見るため首は下を向いて背中は丸まった状態になっている方が多いと思います。 そうなると身体の前側にある筋肉が委縮して肩関節が前方に引きつけられ猫背になってしまう方が多くなっています。 この猫背になる原因を作っている筋肉が「大胸筋」という筋肉です。 本来、大胸筋は腕を上げたり横に開いたりして腕を動かす際に必ず動く筋肉で生活していく上で大事な役割を担っています。しかしながら最近ではパソコンやスマホの普及により日常生活で腕を動かすという動作が極端に少なくなっています。 そうなると肩関節に付着している大胸筋は徐々に本来の柔軟性を失い筋肉が縮みやがて肩が前側に引き寄せられて猫背の姿勢になってしまいます。 その改善策として大胸筋の柔軟性をつける必要があります。 そこで簡単に大胸筋を引き締めて柔軟性をつける体操を紹介します。 動画はコチラ→大胸筋の簡単な鍛え方 筋肉は30分以上動かないでそのままでいると、その状態を記憶すると言われています。仕事でパソコンやプライベートでスマホを使う多くの人はこれに該当すると思われます。 自宅に帰られたら少しの時間でもいいのでこういった体操をして筋肉の状態をリセットすることをおすすめします。頑張ってやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

美しい肩を作るのに必要な三角筋の役割

三角筋とは画像の赤い部分にある、腕を上げるときに使う筋肉で前部、中部、後部の3つに分かれる筋肉で重たい物を持つときなどによく使います。 三角筋を鍛えることで、肩のラインがすっきりしてきちんと肩幅がある美しい姿勢に見えるそうです。特に男性は肩幅をがっしりと見せることで男らしい魅力的な体に見せることができます。 肩幅が狭かったり、内巻の肩だと、自信がなく見えたり説得力がない印象になってしまうこともあります。 女性の場合、肩幅ががっちりしてるのが嫌がる方も多いようですが、実は肩幅が大きいと相対的に顔が小さく見えるそうです。 また、肩の筋肉が衰えている女性は、胸の筋肉も衰えている可能性があるそうで、姿勢にも影響がある場合が多いとされています。 そういった理由で、女性でも筋肉で体のバランスをきれいに作っている方もたくさんいます。 三角筋を鍛えるには肩や腕を動かす運動が必要になるそうですが、そういった運動をして定期的に筋肉をつけることで、血液もめぐり代謝も良くなるほか、筋肉がつくのでしっかりと上半身を支えられるので肩こりにも良いと言われています。 肩を鍛える簡単なトレーニング法はコチラ→美しい肩を作るトレーニング法 三角筋が衰えてしまい姿勢が悪くなり体が前に傾くと頭は通常の2倍以上の重さにまでなってしまうと言われています。定期的に筋肉を鍛えて美しく健康的な体作りを心がけましょう!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

簡単にできるなかなか取れない手首の痛み、違和感の解消法

手首を捻挫したりして痛みは取れたけど、違和感が残るという声をよく聞きます。 それは捻挫により損傷した靭帯の痛みはアイシングや湿布で楽になっても手首を痛めたときの衝撃でねじれた関節の状態が元に戻っていないからです。 手首は腕と掌(てのひら)を繋げる関節であり細かい骨や靭帯で構成されており損傷することにより手のひらや腕などに及ぼす影響も多いと言われています。 なので、捻挫により関節の軸がぶれてしまうと手を使う度に違和感が出たりします。損傷した靭帯などの痛みはアイシングなどで解消されるケースも多いですが、関節の軸を戻してあげないと完治までには至りません。 このようになかなかスッキリしない手首の症状に対する有効な体操法があります。 詳しくはコチラ→簡単にできるリストアップ体操 手首を正常な位置に戻さないと物を持った時に力が入らなかったり少し手を着いただけで痛みがぶり返したりと日常生活に支障をきたすことが多くなります。 早めに対処して後遺症を残さないように気を付けて下さい。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

心臓の負担を軽くするための豆知識

冬場は血圧の変動が多い季節です。 特に冬の浴室やトイレなどが挙げられます。温度差の大きい場所では血圧が急激に上下して心臓や血管に一時的に大きな負荷がかかり、心筋梗塞や狭心症などの引き金となりかねません。 特に浴室は暖かいリビングから寒い脱衣場へ、そして再び熱いお湯につかるというように大きな温度差を繰り返し、血圧も変動しやすくなります。 脱衣場を小型の暖房機で暖めておく、浴室は入る前にシャワーを出しておき、蒸気で暖めるなどの工夫をしましょう。 また高齢になるとお湯の温度を感じにくくなるため、つい熱い湯に長く入ることが多く、それも心臓に負担をかける原因となります。湯温は40℃以下にしましょう。 トイレの場合にはカーディガンなどをはおり、靴下をはき、体を冷気から守ることが大切です。 また睡眠不足が続いているときも、発作に注意する必要があります。特に40歳をすぎた頃からは若い頃とと同じように夜更かししていると、体に与えるダメージが大きく、心臓の負担となるので注意しましょう。 心臓の負担を軽減するための簡単な体操もあります。 ⇒血液循環を良くして心臓の負担を軽くする体操 簡単な体操なのでこちらも参考にしながらがんばってください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

今すぐ実行!! 二の腕引き締め体操

二の腕のたるみが気になる、もっと腕を細くしたい!そんな方はたくさんいるはず! 二の腕とはいわゆる上腕三頭筋という上肢の筋肉のことを言い腕を伸ばした時に浮き出る筋肉のことです。 ボディビルなどで、上腕部のトレーニングを行う際には、つい力こぶの上腕二頭筋を鍛えることに集中しやすいですが、筋肉の大きさだけ言えば上腕三頭筋の方が太いため、こちらの筋肉を鍛える方が腕が引き締まり美しくすることができます。 二の腕は、体の中でも痩せにくい部位だと言われています。それは、食事制限による原料を行っても二の腕が細くならないからです。これにはきちんとした理由があり、摂取カロリーを抑えることで脂肪が減ることは確かものの、二の腕は筋肉よりも脂肪のついている量が多いためなかなか減りづらいことが挙げられます。 仮に脂肪が減ったとしてもたるみが解消されない限りは、ぷよぷよしてるように見えてしまいます。 しかしこれらは、言い換えれば脂肪を筋肉に換えることで解消されるという意味にもなります。 すなわち、二の腕は筋肉を増やすことで引き締めることができます! 「二の腕ってなかなか痩せない・・」と悩んでる方も多いようですが、実は二の腕を引き締める方法はたくさんあります! その1つがこちらの体操です! 二の腕引き締め体操 この体操をがんばって美しい腕を手に入れて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

知って得する骨盤を引き締める簡単な鍛え方

骨盤を引き締めるのに重要な筋肉、それは内転筋です。内転筋は美脚の要と言われています。 内転筋とは太ももの内側にあり、ももの内側の付け根から膝の内側をつないでいる筋肉、女性が気にする「内もも」のことです。内転筋は脚を閉じたり内側にひねったりするときに使われる筋肉です。大きく脚を開いたときにピンと張る筋肉です。 内転筋は太ももから骨盤側へとつながっているので、内転筋が衰えると骨盤のゆがみへとつながる言われています。 キュッとしまったまっすぐで太ももに隙間のあるすらっと伸びたキレイな脚は女性なら誰しも憧れますよね!そんな脚になるための簡単な内転筋の鍛え方を紹介します。 ⇒骨盤を引き締める簡単なスクワット ○ 内転筋を鍛えることで内ももが引き締まり太ももが細くなります。 ○ 太ももを鍛えるのでセルライト予防になります。 ○ 骨盤を下からしっかり支えられるようになるので下半身太り解消になります。   憧れの脚になるために是非、頑張ってみてください!  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

とても簡単! 足を引き締めて股関節を強くするには!?

股関節は人体にとって重要な関節です。   股関節が安定しないことにより腰痛を引き起 こしたり足がすぐに疲れやすかったりと日常 生活にも支障をきたしやすくなります。   また股関節は骨盤から連動して背骨から肩にまで影響を及ぼすと言われており、股関節周囲の筋肉が弱ることにより全身が危険にさらされます。   そこで股関節を鍛える簡単な体操法をご紹介いたします。 簡単な足を引き締め股関節を鍛える体操   この体操は股関節を支える中臀筋と呼ばれる筋肉を鍛える簡単な体操です。   この筋肉を鍛えることにより股関節が安定し足のリンパの流れもよくなり足も引き締まり やすくなります。産後の女性で骨盤をちゃんと元に戻さずにそのままにしてる方で腰痛や 足のむくみ、だるみがきになる方たくさんいらっしゃると思います。そういう方達には是 非、お試ししていただきたいですね!   単純な体操ですが継続してやればきっと効果は出るはず!頑張ってみてください!            

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。