作成者別アーカイブ: 豊田整骨院 裵 智善  プロフィール

朝一体が動きにくい人にやってほしいこと

Amebaなうで紹介

朝に目が覚めると気分がすぐれない、体が重くて動きにくいといった経験はありませんか? それは眠ることにより副交感神経が優位なり、起きても覚醒モードにならずに脱力状態になってしまっているからです。 簡単に説明すると頭は起きているけど体は起きてない状態のことを言います。原因は眠りが浅かったり、睡眠時間が短かったりと様々です。 今回はこんなときにやってほしい体操をご紹介します。 1.仰向けになり、両ひざを立てて、足は肩幅に開く。両手は体の横に。 2.両ひざを両手で抱えて胸に引き寄せるのと同時に頭を上げて8秒キープ。 3.ゆっくり下ろします。 この体操は頭を上げることにより交感神経を刺激して覚醒状態にもっていき体を動かしやすくします。一度でスッキリしなければもう1、2セットやってみてください。 朝起きて布団の上ですぐできる体操なので目覚めたら即実行して一日を乗り切ってください! ⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

足の疲れを取るための簡単ストレッチ

暑さのピークは過ぎましたがまだまだ残暑が厳しいですよね。湿度も高く体がだるくて重いという方がたくさんいらっしゃると思います。 そんなときは足のリンパの流れを良くして疲労物質を流してあげるのが一番です。 足のリンパの流れを良くすることにより心臓に還る血液の流れが良くなり、全身の筋肉や内臓の血行が良くなり疲労回復につながります。 そこで足のリンパの流れを良くし、疲れを取る簡単なストレッチ法をご紹介します。 1.あお向けに寝ます。 2.片方の脚を曲げていきます。その時、両手を膝の上に置いて脚を抱えます。 3.胸のほうに向かって曲げれるところまで曲げます。 4.そこで20秒ほどキープします。 5.ゆっくりと脚を元の位置に戻します。 6.反対の脚も同様に行います。 このストレッチ法は複雑な動きがないので簡単にできます。朝を起きてから、もしくは寝る前などにやると効果的です。是非、1度ためしてみてください! ⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

夏バテを解消する健康体操

近頃、暑い日が多くなり体がしんどくなる日々が続きますね。寝ても疲労が回復しない、疲れが溜まるといった方が増えてきてると思います。 そもそもなぜ暑い時期になると疲れが溜まりやすくなるかというと、クーラーの効いた部屋で過ごし冷たい物を飲む機会が増えるため体の筋肉や内臓が冷えて代謝が悪くなるといったことが起こるためだと言われています。 そして体が緊張状態になりリラックスして寝れなかったりして疲れが取れなくなりいくら寝ても体が重だるいなどの症状が出てきます。 それを解消するには体の血液の循環をよくする、これに限ります。 でも、この暑い時期にウォーキングやジョギングで汗を流すのはちょっときついですよね。そこで寝る前にできる簡単な体操があります。 1.仰向けになり寝ころびます。 2.お腹に両手を当てます。 3.膝を立てて両足の裏をくっつけます。 4.そのまま股関節を広げた状態をキープします。 5.呼吸が大きくなるのをお腹の上に置いた両手で感じとりながら3~5回ほど呼吸を繰り返します。 ⇒動画はコチラ こうすることで全身の力が抜けて各組織や内臓に呼吸が行きわたりやすくなり、全身の循環が良くなり、リラックスモードになり質のいい睡眠がとりやすくなります。 一度でなかなか効果が感じられない場合は2~3回行ってみてください。 夏バテを克服するために是非、寝る前に取り入れてみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

つらい胃のむかつきやお腹の圧迫感を防ぐには!?

スマホやテレビゲームなどで同じ体制で長くいたり、デスクワークでの長時間のパソコン作業などにより人の筋肉は固まってしまいます。その結果、内臓の動きも悪くなり胃がムカついたりお腹に圧迫感を感じで苦しいなどの症状が表われます。 それを防ぐには適度にウォーキングやジョギングをして体の循環をよくしなければならないのですが、なかなか時間を作ってはできないですよね? そこでとっておきの体操があります。 1.足を肩幅に開いて立ちます。 2.両肘を90度にして前に上げていきます。肘が肩の位置にところまできたところまで上げます。 3.そのまま胸を張るように腕を広げます。 4.腕を元のポジションに戻します。 5.20回ほど繰り返します。 ⇒動画はコチラ この体操は動作もややこしくないため誰でも簡単にできます。 ゲームをやりすぎた、スマホ触り過ぎて体が固まってしまったというときは即座にこの体操を行ってください。放置してしまうと内臓に影響を及ぼし体に不調をきたすおそれがあります。是非、積極的にやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

手首の疲れを取るためにやってほしいこと

日常生活において物を持ったり、字を書いたり、その他多くのことに手は使われます。 そこで負担がかかってくるのが手首です。なにげなく日々使っていても疲労はどんどん蓄積し、腱鞘炎などに移行したりもします。 痛くなってからではなかなか治るのに時間がかかるため、ちょっと手がだるいなと感じたらすぐにケアしていく必要があります。 そんなときにやってほしい体操があります。 1.片方の手を前に突き出します。 2.手首を内回し、外回しで回しやすい方に10回ほど回します。 3.反対の手も同様に行います。 4.3セットほど行います。 ⇒動画はコチラ たったこれだけです。こうすることで手首の関節の循環がよくなり疲れが取れやすくなります。これにプラスして熱いお湯に手を浸けたりしてよく温めてあげるとより効果が上がります。 是非、一度お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足の疲れとむくみに悩む人、必見!!

仕事で座りっぱなしや立ちっぱなしなどで足がよく疲れる、むくむという悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。 そんな方達に朗報です!今回はそのような悩みを持つ方たちにとっておきのストレッチをご紹介したいと思います。 それは太ももの裏のハムストリングスという筋肉を伸ばすストレッチ法です! ハムストリングスを伸ばすことにより全身の血行が良くなり足の疲れやむくみの解消に繋がると言われています。 ではやり方を紹介していきます。 1.あお向けになり、両ひざを立て、足を腰幅に開きます。両手は体の横に添えてリラックスします。 2.片方のひざを軽く曲げて、両手を使い胸に引き寄せます。 3.両手を足首のほうにスライドさせて、ラクな位置で足を支え胸のほうへ近づけます。ひざは軽く曲げたままでOKです。太ももの裏側が伸びたところで10秒ほどキープします。 4.反対側も同様に行います。 ⇒動画はコチラ ハムストリングスを伸ばせば、全身の血流が良くなり足の疲れとむくみの改善に繋がるとともに安眠モードにも入りやすいと言われています。就寝前に行い、睡眠をしっかりとって、明日に備えましょう!是非、頑張ってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

デスクワークで腰が疲れる方達へ

デスクワークで長時間座ってばかりで腰やお尻周りが疲れてくるという悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。 同じ姿勢で長時間居ると筋肉が動かない状態になり血流が悪くなり凝り固まってしまいます。座りっぱなしで一番影響を受けやすいのは腰やお尻の筋肉です。 その中でも中殿筋というお尻の筋肉は体がいがんだり前かがみになるのを防ぐ大事な筋肉でこの筋肉の疲れを軽減することでデスクワークにおける腰やお尻の負担を軽くすることができます。   今回はその中殿筋のストレッチ法をご紹介したいと思います。 1.いすに座って、左足首を右ひざにかけます。 2.左ひじで左ひざが上がってこないように押えます。 3.右腕をだらりと前に垂らし、自分の体の重さ使って上体を前に倒していきます。 4.反対側も同じように行います。 ※上体を前に倒していくときは息を吐きながらゆっくりと倒していってください。   仕事の合間などにも簡単にできるのでオススメのストレッチ法です。デスクワークで疲れてる方達は是非、すぐに実践してみてください!⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

きれいな姿勢になるために必要なこと

日常生活において座ってたり、立ってたりして気が付けば体が丸くなってしまい姿勢が悪くなってしまっているという経験のある方、多いと思います。 またデスクワークなどにより画面を凝視したりしてどんどん前かがみになり猫背姿勢になる方もたくさんいらっしゃると思います。 みなさんが共通して思うことはいい姿勢をキープしたいが、保持するのがつらいといったことではないでしょうか? そんな方たちに朗報です! 簡単に良い姿勢をキープできて、体幹の運動にもなるオススメの方法があります! まず手順を説明していきます。 1.椅子に腰かけます。手はだらんと下げます。 2.軽く背すじを伸ばして肘の内側を外に向けると自然と胸が開けていきます。 3.この状態をキープします。 ⇒動画はコチラ 今回は座った状態の説明をしていますが、立った状態でも同様にできます。 デスクワークの方なども仕事の合間にしていただければ有効的です。 常日頃、きれいな姿勢を心がければ猫背改善、健康維持に繋がります!是非、頑張ってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

手が疲れやすい方、必見です!

現代社会において手を使うということは日常化しており疲れやすい部位でもあります。 この手の疲れを放置しておくと腱鞘炎、バネ指、ヘバーデン結節など様々な疾患に移行していき日常生活に支障をきたします。 そこで日々ケアしていく必要があるのですが、今回はそのケア方法についてご紹介いたします。   1.指を一本掴み軽く引っ張ってみましょう。この時に指の付け根の関節から伸びる意識ができると理想です。 2.脱力ができたら掴んでいる指を軽く揺らしていきましょう。腕全体が脱力をし、肘の方まで揺らすように動かします。 3.特に疲れている部分を重点的に5本指すべて行いましょう。これを左右行います。 ⇒動画はコチラ   基本的に力を抜くことを心がけて行ってください。余分な力が入ると指の関節などを痛めるおそれがありますのでご注意ください。 とにかく簡単なケア方法なので是非一度、お試しください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

手をよく使う方達に必見の健康情報

近年、パソコン作業や現場仕事で重い荷物を持ったりなど手をよく使う仕事は多くなってきています。 日々、手を使うことにより手の筋肉は緊張して疲れはどんどん溜まっていきます。その疲れを放っておくと腱鞘炎やバネ指など生活に支障をきたす症状に発展してきます。 それを予防するには日々のケアが必要になります。 今回はその簡単なケア方法をご紹介したいと思います。 まずは親指の付け根のケア方法です。 1.親指の付け根の厚みがある部分を対象に行います。反対の手で親指の付け根を揉んで いきます。 2.一か所ではなく少しずつ場所を変え、まっすぐ押したり、回すよう揉んだりと、場所や力の入れ方に変化をつけます。 次に小指側のケア方法です。 1.小指の付け根から手首の方へ降りていくように親指同様に筋肉を揉みほぐしていきます。付け根の内側に行くと骨に当たってしまうのでそこは触らないように気をつけます。 2.コリコリと感じる部分を反対側の手でつまんでほぐします。 3.これを左右行います。 ⇒動画はコチラ   手の疲れは休めるだけではなかなか取れないので日々ケアしていく必要があります。 このケア方法は簡単でいつでも短時間で行えるので是非、オススメです。がんばってやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。