作成者別アーカイブ: あさひ鍼灸整骨院 澤 孝一  プロフィール

食欲の“秋”に気を付けておいた方が良い事

Amebaなうで紹介

まだまだ暑い日が続いていますが、朝夕は涼しくなり始めて秋が近づいてくるのを感じさせられますね 秋と聞くと皆さんは何を想像されますか? 最初にぱっと思い浮かぶのは食欲の秋ではないでしょうか? 涼しくて過ごしやすい気候になると おいしい食べ物が多くて、ついつい食べ過ぎてしまいますよね そんな風に過ごしていると、知らず知らずのうちにお腹(消化器)に負担がかかってしまいます 特に胃は、食べ物による負担がかかりやすくて 精神的なものからの影響も大きく受けてしまいます その結果、胃の働きが悪くなってしまうと… 胃よりも消化能力の低い腸に負担がかかり下痢を起こしてしまったり 胃の中に消化不十分の食べ物が残り、口臭の原因となってしまいます。 対策方法として『食欲』に忠実になることが大事です しかしながら食べ過ぎるのではなく 腹八分目にすることにより 胃が活動しやすくなりよけいな負担がかからないので 「もう少し食べたい」と言う気持ちで終える事がポイントになります 気になる方は是非お試しください 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

今から気を付けておきたい“秋バテ”の対策方法

“夏バテ”というワードは皆さんよく耳にすると思いますが 秋バテをご存知ですか?? 夏バテは 暑さによって体力や食欲が低下してしまい 不調が現れてしまう現象で原因は“暑さ”によるものです。 気候が穏やかな秋になるにつれて夏バテは起こりにくくなり 体調は回復していきます。 それに対して秋バテは 夏場の暑さをしのぐ為に冷房で体を冷やし過ぎてしまったり、 冷たいものを摂り過ぎてしまう事で胃腸に負担がかかり、 内臓の働きが悪くなってしまう事によって起こります。 体が冷え切ったままで内臓の動きが悪いままだと 秋バテになってしまうのです 具体的には 冷たい物の飲みすぎ→内臓が冷える→疲れ、だるさ 冷房による冷え→外気との寒暖差による自律神経への負担→疲れだるさ となってしまうのです。 どちらが原因であったとしても体をリラックスしつつ温めてあげる事が 解消への近道です。 38℃~40℃ぐらいのお風呂につかる事で体を中から温めてあげると 症状が改善されやすいです。 気になる方は是非お試し下さい。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

渋滞中やアトラクションを待っている時、イライラを少しでも減らす方法

お盆休みも近づいてきましたが、皆様はいかがお過ごしですが? 連休には里帰りをしよう、どこかに遊びに行こう そんな計画をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 楽しいはずの行事ですが、移動に時間がかかってしまったり 混雑する事で思ってもいない待ち時間があって ストレスが溜まってしまった経験、皆さんもあるのではないでしょうか? 今回は簡単にできるストレス解消方法を紹介させていただきます 1:両手の親指以外の4本を軽く組みます 2:親指をぐるぐると回します(うち回し、そと回し両方やって下さい) これを1分ぐらいする事でストレスや余計な緊張を取り除くことができます どうしてこのような方法が効果的なのかといいますと 手の親指は頭と密接に関係しているので、頭に負担がかかると親指が知らないうちに緊張してしまいます その緊張を解消する事で頭の負担を取り除くことができます ※普段から親指を頻繁に使わないといけない方は 知らず知らずのうちに頭が緊張してしまっています。   簡単にできる方法ですので気になる方はお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

熱中症かも?と思った時の対処方法

梅雨も明けて暑い日も増えてきていますね そうなってくると日射病・熱中症になってしまう可能性が高くなります 症状は軽い場合もありますし 場合によっては命を落としてしまうケースもあります ですので「熱中症かもしれない」と感じた時にできる対処方法をお伝えさせてもらいます ※熱中症の初期症状としては めまいや立ちくらみ、顔のほてり、だるさや吐き気、頭痛や筋肉がつるなどの症状です 調子は悪いけれども自力で動ける程度のときには まずは鳩尾(みぞおち)を押さえます 熱中症だけでなく急に体の具合が悪くなったときは、鳩尾が硬くなりやすいです 左右の親指をのぞく4本指を鳩尾に当て、少し押し込むようにして押さえます。はじめは硬くて押すと痛みがありますが、じーっと押さえていると、だんだん硬さがゆるんできます。ゆるんできたら、その分だけさらに押さえていって左右に少し揺すぶります。 鳩尾をゆるめて少し気分が楽になったら、頭頂部を冷やします。 冷やす場所は、髪の生え際から少し上にいったところ。(大泉門とよばれるところです)ここに、タオルでくるんだ氷を当てます。 同時に、水分と塩分を少しずつ補給します。経口補水液などでもOKです。 上に書かせていただいた方法は軽度の熱中症の場合です。 症状が重い場合や水分を摂っても吐いてしまうような場合は、医療機関を受診する方が無難です。また、意識が無いような場合には、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

暑い季節に体調をうまく保つための入浴方法

暑い季節になると体調を崩してしまわれる方が沢山いらっしゃいます その多くの原因は外気温の暑さと室内の冷房の温度差によるものです 今回はそれらによって起こってしまう不調の解消方法を紹介させていただきます   気温がかなり高くなってしまう昨今では熱中症を予防するために冷房を効かせる事が当たり前になっています それ自体は熱中症を予防するためにとても大切な事なのですが 知らず知らずのうちに体が必要以上に冷えてしまっている場合がります 冷房で体が冷えてしまうと、体は必要以上に縮んで固まってしまいます   冷えて縮んで固まった体を正常に戻すためには入浴が効果的です その際に気を付けてほしいポイントなのですが 夏は暑い上に、浴室はより高温・多湿になりますので、冬と同じ入浴温度では熱すぎます しかしながら、それなりの温度があった方が冷房の冷えを解消する効果があります 熱々でなくてよいのですが、いつまでも入っていられるような温度では少し足りないです 何分か入っていたら、熱くて出たくなるような温度がちょうどよい温度です 入浴時間はあまり長くなくて大丈夫です 一日中冷房の効いた部屋にいて体が冷え切っている場合には ・最初はバスタブに腰掛けるか浴槽の中に立つかして足だけを温めます ・次に鳩尾(みぞおち)あたりまで浸かります (このときは、手や腕はお湯から出しておきます) ・ある程度温まったら、最後に肩、もしくは首まで浸かって、温まり切る寸前にお湯から出ます。 夏はあまり長くお湯に浸かっているとのぼせてしまいます 普通に入浴した場合は体の冷えが抜けるまで温まるのが難しいのですが、このよう段階的に温まることで、のぼせることなく冷えきった体をしっかりと温めることができます (汗をかいたらしっかりと水分補給を忘れないでくださいね) これらが暑い季節におすすめな入浴方法です 気になる方は是非お試しください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

暑くなってきた時期の熱中症対策

梅雨になりましたが、暑い日も増えてきていますね そうなってくると日射病・熱中症になってしまう可能性が高くなります 症状は軽い場合もありますし 場合によっては命を落としてしまうケースもあります ですので「熱中症かもしれない」と感じた時にできる対処方法をお伝えさせてもらいます ※熱中症の初期症状としては めまいや立ちくらみ、顔のほてり、だるさや吐き気、頭痛や筋肉がつるなどの症状です 調子は悪いけれども自力で動ける程度のときには まずは鳩尾(みぞおち)を押さえます 熱中症だけでなく急に体の具合が悪くなったときは、鳩尾が硬くなりやすいです 左右の親指をのぞく4本指を鳩尾に当て、少し押し込むようにして押さえます。はじめは硬くて押すと痛みがありますが、じーっと押さえていると、だんだん硬さがゆるんできます。ゆるんできたら、その分だけさらに押さえていって左右に少し揺すぶります。 鳩尾をゆるめて少し気分が楽になったら、頭頂部を冷やします。 冷やす場所は、髪の生え際から少し上にいったところ。(大泉門とよばれるところです)ここに、タオルでくるんだ氷を当てます。 同時に、水分と塩分を少しずつ補給します。経口補水液などでもOKです。 上に書かせていただいた方法は軽度の熱中症の場合です。 症状が重い場合や水分を摂っても吐いてしまうような場合は、医療機関を受診する方が無難です。また、意識が無いような場合には、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨時期の不調解消方法

梅雨の時期になると肺と腎臓に負担がかかりやすいです それらに負担がかかる事によって息苦しさや浮腫み 冷え等々の原因になってしまいます どうしてそのような事になってしまうのかと言いますと 肺と腎臓には体にとっていらなくなった物を外に出す働きがあります 肺は呼吸をして二酸化炭素を外に出し、腎臓は血液から必要なくなった物を 尿として排出します そして体には同じような働きをしている器官がもう一つあります それは『皮膚』です 皮膚は汗として不要になった物質を体の外には出します 梅雨の時期になると、湿度が高くなり、そうなると皮膚にある汗の出口が湿気によってふさがってしまい汗が出にくい状態になってしまいます 汗として外に出す事が出来なくなってしまうので 肺や腎臓をいつも以上に働かせて老廃物を外にだそうとするのです 普段よりも肺や腎臓を頑張らせることになるので、それらの器官が疲れてしまい不調の原因となってしまうのです 梅雨の時期に体調を崩してしまいやすい方はこれらの事が原因になっている事が多いです ですので、梅雨の時期に体調を崩してしまいやすい方は 熱めのお風呂に入ったり、熱いものを摂ったりしてしっかりと汗をかき その後に水分補給をする事で不調の解消につながる事が多いです 気になる方はお試しください  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

『蒸し暑さ』とエアコンの付き合い方

少し暑い日も増えてきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?? そろそろエアコンを使おうかな… と思っている方に気を付けてほしい事があります 人間の体は、気候の変化に対応できるように上手くの変化して、体を作り変えるようになっています。 夏が近づくと、汗腺が開いて汗が出やすくなり、体がゆるみ体の中にある熱が外に出やすい状態になるのです。 それが“夏の体”の特徴になります そして「暑い」 ということに適応するよう特化した体なので、冷房の冷たい風には弱いのです。 ここ年々夏の暑さは厳しくなり、そして昔とは違い建物はコンクリートとアスファルトに囲まれていて「自然な体」が適応できる暑さを超えつつあります。 そして、住宅では断熱材を使い、気密性の高い建物が増えて 冷房を使うことが前提となっています。 それらの事を合わせて考えると、今の世の中では冷房なしの生活は とても考えられないでしょう。 しかしながらエアコンや建物によって過ごしやすい環境が作られても、 人間の体は自然によって作り上げられたものなので。 夏になると暑さに対応できるように変化します。 そして暑さに強くなる分、冷房には弱くなります。 冷房を使わなければ暑さにやられてしまいますが、 使ったら使ったで体は冷えの影響を受け体調を崩しやすくなります。 また、冷房に入りっぱなしだと、汗が出ない体になってしまいます。 あちらを立てればこちらが立たずになってしまうのですが… こまめに冷房の温度に気を配って上手に使うしかありません。 また、活動しているときは体に影響がない温度でも、 寝るとなると冷えすぎることがあります。 そのあたりも、エアコンを弱めに使ったり、 布団や寝間着を厚くする等して対応するのがベストです。 理想は…寝るときは冷房は使わないのが一番いいのですが。 しかし準備もなしに、急に冷房を切って寝ると、かえって具合が悪くなる可能性が高いので注意が必要です。 真夏に冷房なしで寝るには、初夏、梅雨から汗をかく習慣を持ち、暑ければ汗が出て体温調節ができる体を作っておかなければなりません。 チャレンジするのならば、 夏前から運動や足湯、入浴などで汗をかけるように 体をならしておくことをお勧めします。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

暑くなって、じめじめしてきた時に体調を崩してしまう方へ

気温が高くなり、湿気が多い時期になると 何だかしんどくなってしまう という方、多いのではないでしょうか? 『体が重くだるくなる、息苦しくなってしまう』 この季節になると毎年同じような症状が出てしまう… そんな声を良く耳にします 体は湿気と暑さにさらされてしまうと ・肺や気管支等の呼吸器 ・腎臓、膀胱等の泌尿器 の働きが悪くなってしまいます 肺の働きが悪くなると息苦しくなりやすく 腎臓、膀胱の働きが悪くなると体が重く、だるくなってしまいがちです 対処方法についてなのですが… まず気に留めておいていただきたい事は 湿気の多い時期は体の重さ、だるさに負けず いつもと同じように動いている方が体の調子は良くなります 息苦しかったり、気分がすっきりしない時は 呼吸器に負担がかかっている時です 大きく深呼吸をしたり、太ももの裏の筋肉(呼吸器に関係があり)を伸ばしたり、大股で歩く事で不調が解消されやすくなります 体がだるく感じる時は 泌尿器に負担がかかっている時です 正座をして後ろを振り返るように3,4回振り返るようにすると (腎臓に刺激がいきます) 泌尿器の働きが回復してだるさの解消に繋がります 今の時期に体調を崩してしまいやすい方は是非お試しください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

五月病対策

暖かくなり始めて、過ごしやすい気候になっていますが ゴールデンウイーク頃になると体調を崩してしまう… 毎年5月病になってしまう… そんな不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか? その時期の不調には原因があって 体と頭(脳)がゆるんでしまう為です 体は冬の間は寒さに耐えるためにギュッと収縮するのですが 暖かくなるにつれて体が緩み始め 5月頃に最も緩んでしまい力が入りにくい状態になってしまいます 頭(脳)は4月の初旬は環境や人間関係の変化によって ストレスがかかり緊張しやすいです 頭(脳)が緊張すると最初は固くなるのですが 一定のところを超えてしまうと、反対に力が抜けて ふにゃふにゃになってしまいます それらが合わさる事で 体と頭に力が入らなくなってしまい 体調不良の原因となってしまいます こららを取り除くためには「塩分」をいつもより多めに摂取する事です 塩分には体と頭を引き締める働きがあるので ゆるみの対策になります 気になる方はお試しください  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。