作成者別アーカイブ: あさひ鍼灸整骨院 澤 孝一  プロフィール

“秋”は冬よりも体が冷えてしまいます

Amebaなうで紹介

秋は暑すぎず、寒すぎずで過ごしやすい季節ですよね 読書の秋 スポーツの秋 芸術の秋 等々 色々な事に取り組むのに、最適な過ごしやすい季節… だと思われていますが 冬よりも秋の方が体への負担、影響が大きいのです。 と言うのも、夏の暑さの名残で高い気温に体が慣れてしまっているので、 いざ秋の冷え込みが始めると体が上手に順応できない為です。 冬になると朝も、昼も、夜も寒くなります。 常に寒さに晒されるので、しっかりと寒さに耐えるように体は準備するようになるのです。 秋の季節、特に気を付けたいポイントは… 寝冷え です。 この季節は 寝始めはさほど寒くはないのですが 明け方になるにつれて冷え込みが厳しくなります。 それだけではなくて 寝ている間は起きている時と比べ物にならないほど汗をかきます。   どの季節でも寝汗をかくのですが 冷え込みが厳しくなる+寝汗をかく という組み合わせが、体に大きな影響を与えてしまいます。 それによって、引き起こされる症状は 体のだるさ、重さ 喉や耳が痛くなる トイレが近くなる 下痢をしやすい 鼻水、鼻血 足がつる 等です。 それらの対策としては 1:お風呂に入ってから1時間以上待ってから寝る (体温が上がったままで寝ると、余計に汗をかきやすくなる為) 2:冷え対策として、しっかりと布団をかぶって寝る です。 秋の体調不良が心配な方はお試しください 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

健康に過ごすための大切な2つのポイント

誰もが健康に過ごしたい、元気に毎日生活したい と思っていると思いますが、今回はそのコツについてお話させてもらいます。 元気に、健康に過ごすためには気を付けるポイントが2つあります。 それは吸収と排泄です。 食物からの栄養 空気から取り込む酸素 水分 等々 つねに出入りしていて それらの吸収、排泄が上手くできているかがとても大切になります。 ちなみに臓器に当てはめると 吸収に関係する臓器 胃 十二指腸 小腸 排泄に関係する臓器 肺 皮膚 腎臓 大腸 となります。 多くの人は、バランスよく栄養を摂取しよう、質のいいものを食べよう 等、吸収する事に重きを置いていますが いらない物を体の外に上手く排泄する事もそれと同じぐらい大切だと忘れないでくださいね。 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

涼しくなり始めた時期に、気を付けておきたい内臓って

涼しくなり始めた今の時期に気を付けておきたい内臓は… ずばり腎臓です ところで皆さんは腎臓の働きをご存知ですか?? 血液をきれいにして、いらないものを尿として排泄する そんな働きをしてくれているのですが…。 実は冷えにすこぶる弱く、足裏と密接に関係しています。 ですので、 足の裏が冷えてしまうと知らないうちに腎臓の機能が低下してしまうのです そうなると、血液中のいらない物が体の中に留まってしまい、それらが血の流れにのって色々な臓器に行ってしまうのです。 不必要な物や体にとって有害な物が臓器の機能を低下させてしまい不調の原因となってしまう事もあります。 腎臓がちゃんと働いてくれているかの目安は肌の色です。 働きが悪くなっている時は肌の色が黒っぽくなってしまいます。 もしそのようになってしまっても、足裏を温めたり、冷えないようにする事で解決できるので、心配しなくても大丈夫ですよ。 これからの寒い時期は特にお気を付けください。 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

食欲の秋に、食べ過ぎない方法

秋になると無性に食欲が… なんて方、多いのではないでしょうか? 実は秋になると食欲が湧いてしまうのには理由があります。 そして、食欲を湧きにくくする方法もあります。 ですので、今回はそれらについて説明させていただきます。 メカニズムは… 気温が下がってくると、胃腸が冷えてきます。 胃腸が冷えると動きが悪くなってしまいます。 動きが悪くなると体は胃腸を動かそうと働きかけます。 なので、胃腸を無理にでも動かそうとして、食べ物を食べたくなってしまうのです。 そして お腹が冷えなければ食欲が湧く必要がなくなるのでなくなるので、お腹を十分に温めておくだけで食べすぎ対策になります。 ちなみに、秋の時期に食べ過ぎてしまうと… 便秘 生理痛 風邪をひきやすくなる のぼせ 体が冷える 等々 の症状を引き起こしてしまいます。 十分にお気を付けください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

夏のおもだるさを引きずってしまっている方へ

夏の終わりが近づきつつあり 暑さが緩み始め少し過ごしやすい気候になってきました。 食欲が湧いてきて、夜も寝やすくなったので、体が元気になるはず… なのに、どうも体がしんどい、重い、つらい なんて方いらっしゃいませんか? 規則正しい食事、十分な睡眠を心掛けても、 それらの症状が出てしまい事があります。 その原因となっているのは… 汗です。 夏の間にじゅうぶんに汗をかいていないと 背中の筋肉が強張ってしまうのです。 たかが背中の筋肉と思ってしまいがちですが 背骨の中を通っている神経の不調 姿勢の悪化 内臓機能が低下する 血行不良 等など 色々な影響が出てしまいます。意外に、軽視する事はできません。 では、どうすれば解消できるのかと言いますと… 出す必要があった量の汗をかく事です。 どのような方法でもOKで 運動 入浴 熱いもの、辛い物を食べる 等、とっつきやすい方法でかまいません。 十分な汗をかくと、背中の強張りが解消され、不調が改善されます。 気になる方は是非お試しください 動画はこちらから      

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

夏バテ…ならぬ『秋バテ』に気を付けましょう

“夏バテ”というワードは皆さんよく耳にすると思いますが 秋バテをご存知ですか?? 夏バテは 暑さによって体力や食欲が低下してしまい、不調が現れてしまう現象です。 原因は“暑さ”によるものなので、気候が穏やかな秋になるにつれて 体調は回復していきます。 それに対して秋バテは 夏場の暑さをしのぐ為に冷房で体を冷やし過ぎてしまったり、 冷たいものを摂り過ぎてしまう事で胃腸に負担がかかり、 内臓の働きが悪くなってしまう事によって起こります。 それらの不調が夏から秋になっても解消されていないと秋バテになってしまうのです。 冷たい物の飲みすぎ→内臓が冷える→疲れ、だるさ 冷房による冷え→外気との寒暖差による自律神経への負担→疲れだるさ となってしまうのです。 どちらが原因であったとしても体をリラックスしつつ温めてあげる事が 解消への近道です。 38℃~40℃ぐらいのお風呂につかる事で体を中から温めてあげると 症状が改善されやすいです。 気になる方は是非お試し下さい。 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

膝の痛みの原因~実は腰や腎臓とも関係がある??~

多くの人が悩まされている膝の痛みですが… 色々な原因があります。 今回は“腰”と“腎臓”が関係する場合について説明させていただきます 腰と膝は一見関係がなさそうなのですが、膝に痛みがあったり調子の悪い時に腰の動きが悪くなっている場合があります。 どういう事かというと 上半身をひねるような(呼ばれた時に振り返る)動作は、腰の背骨が軸になって動くのですが この時、腰にこわばりがあると背骨を使ってひねる動作ができないので、動きを補うために“膝”を使って補助しようとします。 そうすると膝に必要以上な負担がかかることになり 膝が痛くなってしまう原因となるのです。 では腎臓についてですが… 腎臓に負担がかかると腰がこわばってしまうのです。 尿を沢山作らないといけないとき 汗を上手く書けないとき などは腎臓に負担がかかるので、それが原因となって膝が痛くなってしまう場合があります。 気になる方はお気を付けください。   動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨の時期、体がだるかったり、重く感じる方へ

梅雨の時期になると体が重い… だるくでやる気がわかない… そんな風に感じられることはありませんか?? 梅雨の時期は特有の気候によって、体が重く、だるくなりやすい時期です。 原因になるのは 体が湿気に包まれると、呼吸器(気管支・肺など)と泌尿器(腎臓)が働きにくくなるためです。 呼吸器の働きが鈍くなると酸素が体に取り込みにくい状態になり 息苦しくなり、体が重くなり気分が憂鬱になってしまいがちです。 泌尿器の働きが悪くなると体に入った水分が抜けにくくなり、だるくなってしまうのです。 それらに対しては日常生活の中で行動を工夫するだけで、解消できることがあります。 まず心掛けるのは 気分が晴れずに憂鬱だけれど、しっかりと体を動かす事です。 特に太ももの筋肉は呼吸と関係があるので、 大股で歩いて刺激を与えたり 太ももを伸ばすようなストレッチや体操 をするだけで体の重さが取れたり、気分が晴れる場合があります。 呼吸が浅くなってしまいがちなので意識して大きな呼吸をするのも効果的です 体がだるいとき、むくんだような感じがするときは泌尿器の働きが弱まっているので ①正座をして後ろを振り返るようにして体を捻ります。 ②息を吐いて力を抜く。 これを左右3、4回すると、だるさ対策にもなります。 梅雨の時期、調子が悪く感じる方は是非お試しください。   動画はこちらから    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

頭痛の意外な原因とは??

頭痛に悩まされている人はたくさんいると思います。 パソコン、スマホを使っていて目が疲れたり 長時間同じ姿勢が続いて、肩、首コリ それ以外にも色々な原因があるのですが… 実は食べすぎと頭痛が関係あるのをご存知ですか? 食べ物が沢山ある現代の生活では「お腹がすいた」と感じる事が減ってしまいました。 胃や腸などの内臓も体を動かす筋肉と同じしくみなので、休ませてあげることが必要なのですが… ご飯を食べ、おやつを食べ… と、胃や腸を常に使うような生活をしていると、内臓の筋肉が緊張して硬直してしまうのです。 そうなると、それらを支配する神経系を通じて、背中の筋肉を硬直させてしまいます。 その硬直によって背中にある大きな筋肉(僧帽筋)が引っ張られて、肩甲骨、首筋にまで硬直が広がってしまうのです。 荷物を背中にしょっているような姿勢になってしまいます。 そうなると、バランスをとるためにアゴが前に出て、首周辺の筋肉が硬直して、その結果頭への血流が悪くなって、肩こりや頭痛の原因になってしまうのです。 ですので、食べすぎてしまう事で頭痛の原因になってしまう場合もあるので、お気を付けください。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

やる気、元気がなない時には??

動画はこちらから なんだかやる気がわかない… 元気が出ない… いつもと同じように過ごしているのに、そんな風に感じてしまう事はありませんか?? それらの原因は“脳”が外からの刺激に正しく反応できなくなってしまっているからかもしれません 脳は喜怒哀楽などの感情を持ったり、物事を思考したり、外部からの情報を整理してコントロールしています。 はっきりとはわかっていないのですが、精神的な負担が続くとその働きが正常でなくなってしまう場合があります。 感情が乏しくなってしまったり、集中力や思考力が低下してしまったり… その中にやる気が出なくなってしまったり、感情をうまく表現できなくなってしまったり、他人とかかわるのがおっくうになってしまったり… 等があります。 精神的な負担がかかってしまい、その影響が体にでてしまっているか? を自分でチェックする方法があります。 左側の肋骨の真ん中あたりを触ってみてください。 指がスムーズに入れば正常です。反対に硬くて指が中に入らない場合は精神的な負担がかかってしまっているサインです。 体は前かがみになってしまい、肺がスムーズに空気を吸えず酸素を体に取り込みにくくなっています。 そんな姿勢になってしまっていると当然元気が出ないですよね。 解消方法は下腹に力を充実させて、姿勢を良くすると良いです。 おへその少し下に手を置いて、そこに空気が入るように呼吸すると自然と姿勢がシャキッと伸びて、前かがみの姿勢が改善されます。 気になる方はお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。