作成者別アーカイブ: あさひ鍼灸整骨院 澤 孝一  プロフィール

夏と気候とエアコンの付き合い方

Amebaなうで紹介

最近エアコンで冷えたために体調をくずしている人がとても多いように思います。 不調の理由は『冷えたこと』と、『汗が出なくなった事』に起こる為です。 夏は暑いので体は暑さに適応するために体を「夏仕様」にします 汗を出やすくする為に汗腺が開きます 寒い冬と違って、皮膚も筋肉もゆるんでいます。 なので反対に夏用の体は、冷えることには弱いです 汗をかいたまま、エアコンのきいた部屋に入ったりすると すぐに汗が体の中に引っ込んでしまいます 汗をかいて、それが冷えることで体に悪影響を与えることを「汗の内攻」と言われていて 自分でかいた汗が、自分を攻めるという意味です ただ冷えるのに比べて、汗をかいている状態で冷える方が 体に対するダメージは断然大きいので   夏は汗をかきやすいので、エアコンによって汗が内攻してしまい 知らないうちに悪影響を与えてしまっているケースはとても多いです   夏は汗を上手にかいていれば、だいたい健康に過ごせます 汗を自然にかけている人は、暑さに強いですし。 汗が出ないと、体温調節がうまくいきにくくなる為に のぼせやすくなり、熱中症にもなってしまいやすいです また、汗には老廃物・毒素の排泄の働きもあるので 汗をかける時期にしっかりと汗をかいておくのがとても大切です   一日中エアコンの効いた部屋にいるような生活習慣だと 汗をかけない体になってしまいます そうなってしまうと、ちょっとした暑さでも、すぐにのぼせたり暑気がしてしまうので ますますエアコンから離れられなってしまい、どんどん汗をかきにくくなる という悪循環になってしまいます   生活習慣で汗をかけない環境にいる人は、入浴や運動などで汗をかく機会を 日常生活の中でつくると健康に繋がります。 気になる方は気を付けて下さい

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

夏を迎える前に準備しておきたい事

以前は春を快適に過ごす方法をお伝えしましたが… 今回は夏を上手に迎えるためのコツをお伝えさせてもらいます。 その方法とは… ・とにかく汗をかく ・汗によって出たミネラル(塩分等)を補う です。 どうして汗をかく事が夏を迎える為に良いのかと言うと 汗によって体の中に溜まっている、老廃物や不要物が外に排出されるからです 秋や冬は体の中に色々なものが溜りやすくなり (秋は食欲の秋と言われているように、エネルギーが蓄えられます) (冬は寒さに耐えるため体が縮み、水分等が外に出にくい状態になります) 夏には汗とともにそれを出す時期なのですが、その時期に排泄しておかないといらないものが体の中に溜まったままになり不調の原因になってしまいます。 特にエアコンが普及してからは夏でも汗をかきにくい世の中になっているので、意識をして汗をかくという事が健康に過ごすうえでとても大切な意味を持ちます。 汗をかく方法は運動、入浴、食事等々どのような方法でもOKです そして、汗をかいたらしっかりと塩分を補給するように気を付けて下さい。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

知らないうちになってしまうクーラー(冷房)による不調

暑い日々が続いているので クーラーに頼ってしまいがちになっていませんか?? そうでなくても 公共施設や店舗、電車やバス等々 至る所でクーラーは使われています。   涼しくて気持ちいい♪ でも、ちょっと効きすぎかも… なんて経験、皆さんお持ちだと思うのですが クーラーによる弊害は皆さんが思っている以上に多岐にわたります。 ・体が冷やされて代謝が下がり、同時に目や喉、鼻の粘膜が冷風によって乾燥してしまうと鼻炎やアレルギー反応が起きる ・足首が冷える→生理不順や婦人科系の不調 ・首筋のが冷やされてしまう→頭痛、腹痛、神経痛 ・頸椎下部~胸椎上部の冷え→血圧の不安定、目まい、風邪 等など、色々とあります。 上に書いた症状や、クーラーの冷えへの対処方法は “水分”という経穴(おへその指一本分上)を温めるとOKです。 そうする事で、クーラーの冷えに関係する不調は解決されます。 気になる方はお試しください。 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

今の梅雨時期 体調を崩してしまう方 体がなんだか重たい 毎年この時期には調子が悪い・・・ 等々のお悩みを持ってらっしゃる方が多いと思います。 なので今回は 梅雨時期をうまく過ごすコツ を紹介したいと思います。 1:気温と体温をうまく調整する。 暑かったり、ひんやりしたり、日によって天気がまちまちです。 また、室内ではエアコンが効いている所もあります。 それらに対応できるよう、羽織れる物をもっておく。 ジメジメしている日は汗をかきにくいので、運動や熱いものを食べてうまく汗をかく。 2:光をしっかりと浴びる 光を浴びることで、睡眠のリズムを整えるホルモンが分泌されます。 梅雨時期の薄暗い天気が多いと、そのホルモンの分泌が減少します。 梅雨時期に調子を崩しやす方は是非お試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨の時期は“肺”と“腎臓”に負担がかかりやすいです

梅雨の時期になると肺と腎臓に負担がかかりやすいです それらに負担がかかる事によって息苦しさや浮腫み 冷え等々の原因になってしまいます どうしてそのような事になってしまうのかと言いますと 肺と腎臓には体にとっていらなくなった物を外に出す働きがあります 肺は呼吸をして二酸化炭素を外に出し、腎臓は血液から必要なくなった物を 尿として排出します そして体には同じような働きをしている器官がもう一つあります それは『皮膚』です 皮膚は汗として不要になった物質を体の外には出します 梅雨の時期になると、湿度が高くなり、そうなると皮膚にある汗の出口が湿気によってふさがってしまい汗が出にくい状態になってしまいます 汗として外に出す事が出来なくなってしまうので 肺や腎臓をいつも以上に働かせて老廃物を外にだそうとするのです 普段よりも肺や腎臓を頑張らせることになるので、それらの器官が疲れてしまい不調の原因となってしまうのです 梅雨の時期に体調を崩してしまいやすい方はこれらの事が原因になっている事が多いです ですので、梅雨の時期に体調を崩してしまいやすい方は 熱めのお風呂に入ったり、熱いものを摂ったりしてしっかりと汗をかき その後に水分補給をする事で不調の解消につながる事が多いです 気になる方はお試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨前の健康管理方法

梅雨が近づいてきましたが、みなさんいかがお過ごしですか? どうも梅雨の時期は体調を崩してしまう じめじめしてくると気持ちまで重くなってしまう と言う方、多いのではないでしょうか? どうしてそのような事が起こってしまうのかといいますと 人間の体は梅雨の時期になると、汗をかきやすい体に変化します その理由は じめじめとして空気中に湿気が多くなると、汗をかきにくくなってしまうので でも、体の中にあるいらない水分をなんとか外に出すために いつもの時期よりもより汗が出やす体に作り変えるのです しかしながら、肋骨の動きが悪いと汗をかきたいのに汗をかけない状態になってしまうのです その状態がだるさ、頭痛、のどの不調、むくみ等 の原因となってしまうのです ですので、汗をかきやすい体にして、肋骨が動くようになると不調は解消されることになります 汗を上手にかくためには… 胸椎の5番(肩甲骨の間にある背骨)を刺激すると良いです 自分でこすっても、人に叩いてもらっても良いので、そこを刺激すると汗をかきやすくなります またその部分は呼吸にも関係しているので一石二鳥になります 気になる方は是非お試しください。   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

五月病になってしまわないか、不安な方へ

今、まさしくゴールデンウィーク中ですが、どのように過ごされていますか?? ストレスから解放されて毎日楽しい♬ もうすぐ連休が終わっちゃうから、その先の事を考えると憂鬱… 色々思いがあると思うのですが、毎年連休が明けると多くの患者さんに 体がだるくてしんどい やる気が出ない 何もしたくない 等などの“五月病”の相談を受けます。 不安感、無気力等の精神的なもの 不眠、だるさ、目まい等の肉体的なもの。 心身ともにやられてしまうのが特徴なのですが 実は五月病になってしまう、はっきりとした原因が2つあります。 1:気候 冬から春になってくるとだんだん暖かくなってきます。 それに伴って体は柔らかくなってきます。 適度な弾力を持ちつつ、柔らかい だと良いのですが、暖かさによって弾力が無くなる程柔らかくなってしまう場合があります。そうなると体に力が入りにくくなり“だるさ”の原因となってしまいます。 2:脳への負担 4月は色々な事が大きく変化する季節です。自分の立場、周りの人間関係等。それらに上手く適応するために脳はいつも以上に頑張ります。ただ、頑張りすぎてしまうと急に疲労が現れて、突然働きが悪くなってしまいます。こうなると本来の脳が出している信号がうまく伝わらなくなってしまうのです。 この2つが合わさる事で五月病になってしまうのです。 原因が2つあるから対策をするのは難しいんじゃ… と思われるかもしれませんが、日常生活でちょっと工夫するだけで改善できる方法があります。 その方法は… 塩分を少し多めに摂るだけで良いんです。 そうすることで血管の働きが活性化して、血行が良くなり。 脳、筋肉への状態を良くするように働いてくれます。 五月病が心配な方は是非お試しください。。。。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春に多いふたつの不調

4月に入り、暖かい気候になってくると…   “ぎっくり腰”と“花粉症”についての相談が増えます。   それらの原因と簡単にできる対処方法について説明させてもらいます。   ぎっくり腰…冬の冷えによって体は固まってしまうのですが、暖かくなってくるとそれに伴って体は緩んできます。   緩んでいる状態で急に負担がかかる事でぎっくり腰になってしまうのです。 力仕事をしたり、負担がかかりそうな時は腰を意識していると予防になります。   もしぎっくり腰になってしまった時は、蒸しタオルで患部を温める事をお勧めします。   直ぐに症状が改善されるわけではないのですが、回復スピードを上げることができます。 ※温めるのは蒸しタオルでのみ効果があります。カイロで温めるとかえって悪化してしまう場合があるのでお気を付けください。   花粉症…免疫力が低下すると症状が強く出てしまいがちです。 ですので免疫力を高める事で症状を軽減させることができます。 今回紹介するのは“小腸”です。 胃や大腸、食道など、他の臓器はガンになる事がありますが、小腸がガンになってしまうケースはほとんどありません。 そうならないのは免疫力がそれだけ強いからだと言われています。 ですので、免疫力を維持するために小腸を冷やさないように気を付ける事で花粉症を軽減させる事ができる場合があります。 気になる方は是非お試しください。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

今からできる5月病対策

暖かくなり始めて、過ごしやすい気候になっていますが ゴールデンウイーク頃になると体調を崩してしまう… 毎年5月病になってしまう… そんな不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか? その時期の不調には原因があって 体と頭(脳)がゆるんでしまう為です 体は冬の間は寒さに耐えるためにギュッと収縮するのですが 暖かくなるにつれて体が緩み始め 5月頃に最も緩んでしまい力が入りにくい状態になってしまいます 頭(脳)は4月の初旬は環境や人間関係の変化によって ストレスがかかり緊張しやすいです 頭(脳)が緊張すると最初は固くなるのですが 一定のところを超えてしまうと、反対に力が抜けて ふにゃふにゃになってしまいます それらが合わさる事で 体と頭に力が入らなくなってしまい 体調不良の原因となってしまいます こららを取り除くためには「塩分」をいつもより多めに摂取する事です 塩分には体と頭を引き締める働きがあるので ゆるみの対策になります 気になる方はお試しください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

かゆみを抑える方法

今の時期になると花粉や黄砂によって 目や鼻、皮膚のかゆみに悩まされている方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか? そもそもかゆみとは、人間の防御反応のひとつで痛みや吐き気と同じような役割を持っていて 痛みと同じように皮膚表面の異常を教えてくれるシステムなのです 痛みとの違いは、それぞれの刺激を感じ取るセンサーや 脳に伝わるまでのルート(神経)が違っている事です かゆみの原因には何種類もあり 接触アレルギー 植物アレルギー:ウルシ、タンポポ、イチョウなど 金属アレルギー:アクセサリー、虫歯や矯正の金属など 化粧品:口紅、染毛剤、日焼け止め、アロマオイルなど 薬:湿布、ばんそうこう、目薬、防腐剤、消毒薬など その他:ゴム手袋、歯みがき粉、シャンプー、洗剤など 食物アレルギー 卵、肉、乳製品、アルコール類など 虫刺され 蜂、ムカデ、蚊、アブ、毛虫、ガなどです。 温度変化 お風呂やスポーツ、暖房器具など ストレス   勉強や仕事で感じる強いストレスなど   があります 今回は目や鼻、皮膚のかゆみの対処方法をご紹介させていただきます 先程書かせていただいたように『かゆみ』には色々と原因があるのですが かゆみを過剰に感じる箇所は(皮膚にたるみ、ゆるみ)があります 反対に言うと皮膚が突っ張っていたり、ゆるんでいない箇所は 必要以上にかゆみを感じないようになっています かゆい部分をひっかきたくなるのは、そうする事で たるみ、ゆるみをとろうと無意識でする為です ですのでかゆみを感じる箇所周辺の皮膚を軽く叩いて引き締める事で、予防する事ができます 気になる方はお試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。