作成者別アーカイブ: あさひ鍼灸整骨院 澤 孝一  プロフィール

夏バテ…ならぬ『秋バテ』に気を付けましょう

Amebaなうで紹介

“夏バテ”というワードは皆さんよく耳にすると思いますが 秋バテをご存知ですか?? 夏バテは 暑さによって体力や食欲が低下してしまい、不調が現れてしまう現象です。 原因は“暑さ”によるものなので、気候が穏やかな秋になるにつれて 体調は回復していきます。 それに対して秋バテは 夏場の暑さをしのぐ為に冷房で体を冷やし過ぎてしまったり、 冷たいものを摂り過ぎてしまう事で胃腸に負担がかかり、 内臓の働きが悪くなってしまう事によって起こります。 それらの不調が夏から秋になっても解消されていないと秋バテになってしまうのです。 冷たい物の飲みすぎ→内臓が冷える→疲れ、だるさ 冷房による冷え→外気との寒暖差による自律神経への負担→疲れだるさ となってしまうのです。 どちらが原因であったとしても体をリラックスしつつ温めてあげる事が 解消への近道です。 38℃~40℃ぐらいのお風呂につかる事で体を中から温めてあげると 症状が改善されやすいです。 気になる方は是非お試し下さい。 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

膝の痛みの原因~実は腰や腎臓とも関係がある??~

多くの人が悩まされている膝の痛みですが… 色々な原因があります。 今回は“腰”と“腎臓”が関係する場合について説明させていただきます 腰と膝は一見関係がなさそうなのですが、膝に痛みがあったり調子の悪い時に腰の動きが悪くなっている場合があります。 どういう事かというと 上半身をひねるような(呼ばれた時に振り返る)動作は、腰の背骨が軸になって動くのですが この時、腰にこわばりがあると背骨を使ってひねる動作ができないので、動きを補うために“膝”を使って補助しようとします。 そうすると膝に必要以上な負担がかかることになり 膝が痛くなってしまう原因となるのです。 では腎臓についてですが… 腎臓に負担がかかると腰がこわばってしまうのです。 尿を沢山作らないといけないとき 汗を上手く書けないとき などは腎臓に負担がかかるので、それが原因となって膝が痛くなってしまう場合があります。 気になる方はお気を付けください。   動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨の時期、体がだるかったり、重く感じる方へ

梅雨の時期になると体が重い… だるくでやる気がわかない… そんな風に感じられることはありませんか?? 梅雨の時期は特有の気候によって、体が重く、だるくなりやすい時期です。 原因になるのは 体が湿気に包まれると、呼吸器(気管支・肺など)と泌尿器(腎臓)が働きにくくなるためです。 呼吸器の働きが鈍くなると酸素が体に取り込みにくい状態になり 息苦しくなり、体が重くなり気分が憂鬱になってしまいがちです。 泌尿器の働きが悪くなると体に入った水分が抜けにくくなり、だるくなってしまうのです。 それらに対しては日常生活の中で行動を工夫するだけで、解消できることがあります。 まず心掛けるのは 気分が晴れずに憂鬱だけれど、しっかりと体を動かす事です。 特に太ももの筋肉は呼吸と関係があるので、 大股で歩いて刺激を与えたり 太ももを伸ばすようなストレッチや体操 をするだけで体の重さが取れたり、気分が晴れる場合があります。 呼吸が浅くなってしまいがちなので意識して大きな呼吸をするのも効果的です 体がだるいとき、むくんだような感じがするときは泌尿器の働きが弱まっているので ①正座をして後ろを振り返るようにして体を捻ります。 ②息を吐いて力を抜く。 これを左右3、4回すると、だるさ対策にもなります。 梅雨の時期、調子が悪く感じる方は是非お試しください。   動画はこちらから    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

頭痛の意外な原因とは??

頭痛に悩まされている人はたくさんいると思います。 パソコン、スマホを使っていて目が疲れたり 長時間同じ姿勢が続いて、肩、首コリ それ以外にも色々な原因があるのですが… 実は食べすぎと頭痛が関係あるのをご存知ですか? 食べ物が沢山ある現代の生活では「お腹がすいた」と感じる事が減ってしまいました。 胃や腸などの内臓も体を動かす筋肉と同じしくみなので、休ませてあげることが必要なのですが… ご飯を食べ、おやつを食べ… と、胃や腸を常に使うような生活をしていると、内臓の筋肉が緊張して硬直してしまうのです。 そうなると、それらを支配する神経系を通じて、背中の筋肉を硬直させてしまいます。 その硬直によって背中にある大きな筋肉(僧帽筋)が引っ張られて、肩甲骨、首筋にまで硬直が広がってしまうのです。 荷物を背中にしょっているような姿勢になってしまいます。 そうなると、バランスをとるためにアゴが前に出て、首周辺の筋肉が硬直して、その結果頭への血流が悪くなって、肩こりや頭痛の原因になってしまうのです。 ですので、食べすぎてしまう事で頭痛の原因になってしまう場合もあるので、お気を付けください。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

やる気、元気がなない時には??

動画はこちらから なんだかやる気がわかない… 元気が出ない… いつもと同じように過ごしているのに、そんな風に感じてしまう事はありませんか?? それらの原因は“脳”が外からの刺激に正しく反応できなくなってしまっているからかもしれません 脳は喜怒哀楽などの感情を持ったり、物事を思考したり、外部からの情報を整理してコントロールしています。 はっきりとはわかっていないのですが、精神的な負担が続くとその働きが正常でなくなってしまう場合があります。 感情が乏しくなってしまったり、集中力や思考力が低下してしまったり… その中にやる気が出なくなってしまったり、感情をうまく表現できなくなってしまったり、他人とかかわるのがおっくうになってしまったり… 等があります。 精神的な負担がかかってしまい、その影響が体にでてしまっているか? を自分でチェックする方法があります。 左側の肋骨の真ん中あたりを触ってみてください。 指がスムーズに入れば正常です。反対に硬くて指が中に入らない場合は精神的な負担がかかってしまっているサインです。 体は前かがみになってしまい、肺がスムーズに空気を吸えず酸素を体に取り込みにくくなっています。 そんな姿勢になってしまっていると当然元気が出ないですよね。 解消方法は下腹に力を充実させて、姿勢を良くすると良いです。 おへその少し下に手を置いて、そこに空気が入るように呼吸すると自然と姿勢がシャキッと伸びて、前かがみの姿勢が改善されます。 気になる方はお試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

不眠症対策と梅雨時期にしっかりと眠る方法

最近のデータでは成人の5人に1人が不眠症だと言われています。 環境や状況次第で誰にでもなってしまう可能性があり自律神経の乱れが不眠症の原因だと言われています。 昼間、活動する時には交感神経が働き 夜、体を休めるときには副交感神経が働くのですが この交感神経→副交感神経の移行がスムーズにできないと睡眠に悪影響を及ぼしてしまいます。 交感神経は精神的な負担や外的要因からの影響を受けやすく、ストレスや興奮、また寝具が体に合わない事や騒音、光によっても眠りの質が悪くなってしまいやすいです。 ちなみに、皆さんは睡眠の役割ってご存知ですか?? ・こわばった体をゆるめる ・筋肉や脳の疲れをリセット する事なのです。 いくら沢山寝ても体がこわばったままで、筋肉や脳の疲れが取れていないと、寝覚めが悪く疲れが全然取れていない、なんて事になってしまいます。 これからの湿度の高い時期は眠りの質が悪くなってしまいがちなので、その対策方法を書かせてもらおうと思います。 体は寝ている時は無防備で、外部環境の影響を凄く受けやすいです。 湿度が高くなると… ①皮膚呼吸が出来なくなり、酸素が体にいきわたりにくくなる ②湿気によって毛穴がつまり、汗がかきにくくなる。汗として外に出るはずだった水分が体の中に溜まってしまい浮腫んだような状態になる。 等の状態になり易いです。 ですので、エアコンを使う事で湿度を下げ質の良い睡眠を得やすい環境を作る事をお勧めします。   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨前にの体調で気を付けてほしい事

動画はこちらから 4月の後半に差し掛かると体調を崩す人が増えてきます。   その原因ですが…気温が暖かくなる事と深く関係しています。   暖かくなると汗をかきやすくなりますが、その汗が気温の急な変化や、強い風によって冷やされてしまうと出ようとしていた汗が体に引っ込んでしまうのです。   ただ出ようとしていた汗が引っ込むだけなのですが、それが体に大きな悪影響を与えてしまいます。 心悸亢進、血圧の変動や額の汗が引っ込むと脳溢血になってしまうケースもあります。   体が重くなったり、だるくなったり、むくむ、筋肉が痛む、眠くなる、頭痛、目が痛む、下痢、ガスが溜まる… 等々、ただ汗が上手く出なかったというだけで様々な症状の原因となってしまいます。 じゃあ、汗をかいてそうならないように気を付けよう と思うのですが 一度引っ込んだ汗は普通に汗を出そうとするだけでは出てこないのです 解決方法のひとつは “頭と首の間を蒸しタオルで8~10分程温める” です。 こうする事で体の中に引っ込んでしまった汗が出てきて、それによって引き起こされた不調は解消されます。 今の時期に体に不調を感じられている方にはオススメです。 気になる方は是非お試しください。        

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

今からできる5月病対策

動画はこちらから もう四月も半ばになりました 皆さんは新しい環境や職場に慣れてきましたか? 新しい人間関係で疲れたり、今までとやる事が変わって疲れを貯めてしまっていませんか?   実はそれらが“5月病”の原因になってしまうのです。 皆さんご存知でしたか?   5月病のメカニズムですが… 冬の間は寒さに耐えるために体は固まっているのですが 春の暖かさによって身体が緩んでフニャフニャになってきます。 しかし、脳は新生活のストレスや緊張によって緩む事ができません。 そしてその状態が続くと脳は緊張に耐え切れなくなりフニャフニャになります。 そうなると体も脳もフニャフニャになってしまい、どちらにも力が入らなくなってしまいます。 この状態が5月病です。 ではどうすれば対処できるのでしょうか? それは、いつもよりも・・・ 塩 を多めに摂取する事です。 塩には筋肉や血管を引き締める効果があります。 ですので、筋肉や脳が引き締まり5月病の予防になるのです。   皆様もお試しください。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春によくある2つの悩み…

動画はこちらから 4月に入り、暖かい気候になってくると…   示し合わせたかのように“ぎっくり腰”と“花粉症”についての相談が増えます。   それらの原因と簡単にできる対処方法について説明させてもらいます。   ぎっくり腰…冬の冷えによって体は固まってしまうのですが、暖かくなってくるとそれに伴って体は緩んできます。 緩んでいる状態で急に負担がかかる事でぎっくり腰になってしまうのです。 力仕事をしたり、負担がかかりそうな時は腰を意識していると予防になります。   もしぎっくり腰になってしまった時は、蒸しタオルで患部を温める事をお勧めします。   直ぐに症状が改善されるわけではないのですが、回復スピードを上げることができます。 ※温めるのは蒸しタオルでのみ効果があります。カイロで温めるとかえって悪化してしまう場合があるのでお気を付けください。   花粉症…免疫力が低下すると症状が強く出てしまいがちです。 ですので免疫力を高める事で症状を軽減させることができます。 今回紹介するのは“小腸”です。 胃や大腸、食道など、他の臓器はガンになる事がありますが、小腸がガンになってしまうケースはほとんどありません。 そうならないのは免疫力がそれだけ強いからだと言われています。 ですので、免疫力を維持するために小腸を冷やさないように気を付ける事で花粉症を軽減させる事ができる場合があります。 気になる方は是非お試しください。    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冬→春の体の変化

動画はこちらから 季節によって体は変化しているのを皆さんご存知ですか?? 骨盤が開く、閉じる 内臓の働きが促進される、後退する 等など、それぞれの季節を上手く過ごす為に自然に変化していきます。 しかし、この変化がスムーズにできないと不調の原因や、体に大きく負担をかけてしまう事になります。 今回は冬→春の体の変化をスムーズにして、快調に過ごす為のポイントを紹介させてもらいます。 今の時期に気を付けて欲しいのは 肝臓 頭 です。 まず肝臓ですが… 春になると肝臓を中心とした消化器の活動が盛んになります。 具体的には肝臓に冬の間にため込んだ栄養、毒素を排泄するように働きます。 カロリーの高いものを摂り過ぎていたり、習慣的に食べ過ぎていたり、ストレスが溜っていたり、感情の乱れがあると要注意です。 それらを解消するために肝臓が過剰に働く事になるので、負担がかかり過ぎる事になってしまいます。 次に頭ですが… 春になると冬の寒さと乾燥によって固まっていた体が緩み始めるのですが、体が緩んでいく時に順番があります。 頭→肩甲骨→骨盤 の順番になるのですが、一番最初の“頭”が緩まないと肩甲骨や骨盤が一向に緩む事ができません。 ですので、頭を緩ませる事が大切になります。 具体的には眼の疲れ、頭の緊張、寝不足には気を付ける必要があります。 上に書いた事にプラスして花粉症の人には 水分をしっかり補充しておく事をお勧めします。 水分不足になると目や鼻の粘膜の状態が悪くなり花粉の影響を大きく受けてしまう為です。 気になる方は是非お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。