作成者別アーカイブ: あさひ鍼灸整骨院 澤 孝一  プロフィール

梅雨前にの体調で気を付けてほしい事

Amebaなうで紹介

動画はこちらから 4月の後半に差し掛かると体調を崩す人が増えてきます。   その原因ですが…気温が暖かくなる事と深く関係しています。   暖かくなると汗をかきやすくなりますが、その汗が気温の急な変化や、強い風によって冷やされてしまうと出ようとしていた汗が体に引っ込んでしまうのです。   ただ出ようとしていた汗が引っ込むだけなのですが、それが体に大きな悪影響を与えてしまいます。 心悸亢進、血圧の変動や額の汗が引っ込むと脳溢血になってしまうケースもあります。   体が重くなったり、だるくなったり、むくむ、筋肉が痛む、眠くなる、頭痛、目が痛む、下痢、ガスが溜まる… 等々、ただ汗が上手く出なかったというだけで様々な症状の原因となってしまいます。 じゃあ、汗をかいてそうならないように気を付けよう と思うのですが 一度引っ込んだ汗は普通に汗を出そうとするだけでは出てこないのです 解決方法のひとつは “頭と首の間を蒸しタオルで8~10分程温める” です。 こうする事で体の中に引っ込んでしまった汗が出てきて、それによって引き起こされた不調は解消されます。 今の時期に体に不調を感じられている方にはオススメです。 気になる方は是非お試しください。        

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

今からできる5月病対策

動画はこちらから もう四月も半ばになりました 皆さんは新しい環境や職場に慣れてきましたか? 新しい人間関係で疲れたり、今までとやる事が変わって疲れを貯めてしまっていませんか?   実はそれらが“5月病”の原因になってしまうのです。 皆さんご存知でしたか?   5月病のメカニズムですが… 冬の間は寒さに耐えるために体は固まっているのですが 春の暖かさによって身体が緩んでフニャフニャになってきます。 しかし、脳は新生活のストレスや緊張によって緩む事ができません。 そしてその状態が続くと脳は緊張に耐え切れなくなりフニャフニャになります。 そうなると体も脳もフニャフニャになってしまい、どちらにも力が入らなくなってしまいます。 この状態が5月病です。 ではどうすれば対処できるのでしょうか? それは、いつもよりも・・・ 塩 を多めに摂取する事です。 塩には筋肉や血管を引き締める効果があります。 ですので、筋肉や脳が引き締まり5月病の予防になるのです。   皆様もお試しください。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春によくある2つの悩み…

動画はこちらから 4月に入り、暖かい気候になってくると…   示し合わせたかのように“ぎっくり腰”と“花粉症”についての相談が増えます。   それらの原因と簡単にできる対処方法について説明させてもらいます。   ぎっくり腰…冬の冷えによって体は固まってしまうのですが、暖かくなってくるとそれに伴って体は緩んできます。 緩んでいる状態で急に負担がかかる事でぎっくり腰になってしまうのです。 力仕事をしたり、負担がかかりそうな時は腰を意識していると予防になります。   もしぎっくり腰になってしまった時は、蒸しタオルで患部を温める事をお勧めします。   直ぐに症状が改善されるわけではないのですが、回復スピードを上げることができます。 ※温めるのは蒸しタオルでのみ効果があります。カイロで温めるとかえって悪化してしまう場合があるのでお気を付けください。   花粉症…免疫力が低下すると症状が強く出てしまいがちです。 ですので免疫力を高める事で症状を軽減させることができます。 今回紹介するのは“小腸”です。 胃や大腸、食道など、他の臓器はガンになる事がありますが、小腸がガンになってしまうケースはほとんどありません。 そうならないのは免疫力がそれだけ強いからだと言われています。 ですので、免疫力を維持するために小腸を冷やさないように気を付ける事で花粉症を軽減させる事ができる場合があります。 気になる方は是非お試しください。    

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冬→春の体の変化

動画はこちらから 季節によって体は変化しているのを皆さんご存知ですか?? 骨盤が開く、閉じる 内臓の働きが促進される、後退する 等など、それぞれの季節を上手く過ごす為に自然に変化していきます。 しかし、この変化がスムーズにできないと不調の原因や、体に大きく負担をかけてしまう事になります。 今回は冬→春の体の変化をスムーズにして、快調に過ごす為のポイントを紹介させてもらいます。 今の時期に気を付けて欲しいのは 肝臓 頭 です。 まず肝臓ですが… 春になると肝臓を中心とした消化器の活動が盛んになります。 具体的には肝臓に冬の間にため込んだ栄養、毒素を排泄するように働きます。 カロリーの高いものを摂り過ぎていたり、習慣的に食べ過ぎていたり、ストレスが溜っていたり、感情の乱れがあると要注意です。 それらを解消するために肝臓が過剰に働く事になるので、負担がかかり過ぎる事になってしまいます。 次に頭ですが… 春になると冬の寒さと乾燥によって固まっていた体が緩み始めるのですが、体が緩んでいく時に順番があります。 頭→肩甲骨→骨盤 の順番になるのですが、一番最初の“頭”が緩まないと肩甲骨や骨盤が一向に緩む事ができません。 ですので、頭を緩ませる事が大切になります。 具体的には眼の疲れ、頭の緊張、寝不足には気を付ける必要があります。 上に書いた事にプラスして花粉症の人には 水分をしっかり補充しておく事をお勧めします。 水分不足になると目や鼻の粘膜の状態が悪くなり花粉の影響を大きく受けてしまう為です。 気になる方は是非お試しください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寒い冬だからこそ気を付けたい、低体温に深く関係している塩分について

動画はこちらから 寒い季節ですが、皆さん体調を崩さず過ごされていますか? 冷え込みが厳しくなると知らないうちに体が冷えて、体温が下ってしまいがちです。 そうなってしまうと、体には色々と悪影響がでてしまいます。   体力、気力が衰えてしまうので病的な体質になってしまう 代謝が下る→糖分や脂肪の燃焼が悪くなる→肥満、血糖値の上昇につながる 体温が下ることで免疫力が下り、病気になりやすくなる 小腸の動きが悪くなって便秘気味になる 筋力が低下してしまい、足がつりやすくなる   等々、体温が下る事によって色々な悪影響が出てしまいます では、体温が下らないようにするために気を付けてほしい事があります。 それは“塩分”を多めに摂るようにすることです。   塩分を多めに摂ると高血圧になって、体に良くないイメージがありますが 塩分が不足する事によって体に色々な悪影響が出てしまいます。 その一番の悪影響は“体温調節”が上手くできなくなる事です。 ですので、塩分をしっかりとってしっかりと体温調節をして、低体温に備えましょう。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

いつでも、誰でも簡単にできる花粉症対策

動画はこちらから 2月も半ばに差し掛かっていますが、皆さんいかがお過ごしですか? この時期になってくると ・目が充血したり、かゆみがある ・鼻がつまったり、鼻水が出続ける 等、花粉症に悩まされている声を耳にするようになります。 ヨーグルトやお茶等で体質を改善させたり ワセリンを鼻や目に塗る 色々な対策方法がありますが 今回は“整体”の観点から対策方法を紹介させてもらいます。 その対策方法とは『肩甲骨を動かす』です。 やり方はすごく簡単で 1:力を入れて肩甲骨を内側に寄せる→力を抜く 2:肩甲骨を上に上げる→力を抜く これを朝、夜10回やるだけです。 肩甲骨を動かすだけで花粉症に効果があるの?? と思われるでしょうが、ちゃんとした理由があります。 少し長くなりますが、興味のある人は読んでみてください。 人間の体は四季によって状態を変化させます。 冬は寒さに耐えたり、エネルギーを蓄積しておくためにギュッと固まっています。 気温が上がるにつれて、変化に対応する為に体がゆるんでいくのですが… ゆるんでいく順番が決まって頭蓋骨→肩甲骨→顔の骨の順になっています。 この変化がスムーズに行えると良いのですが、それらの動きが悪かったり、邪魔が入ってしまうと色々な不調が現れてしまうのです。 この中で花粉症に関係があるのは“目や鼻の粘膜に深く関係する”顔の骨です。 そこがゆるまないと粘膜が過敏になって花粉による影響を大きく受けてしまうのです。 ですので、肩甲骨をゆるめると顔の骨がゆるみやすくなり目や鼻の症状が出にくくなるのです。 花粉症に悩まれている方は是非お試しください。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

体に優しい“水分”のとりかた

動画はこちらから 寒さと乾燥が気になる時期になっていますが、皆さん健康に過ごされていますか?? 冬は体にとって一番水分が不足してしまいやすい時期です (秋の彼岸~春の彼岸まで) あまり気にせず生活していると知らないうちに体が乾燥してしまい ・ドライアイ ・鼻や喉の粘膜が乾いて、風邪やインフルエンザの原因 ・肌が乾燥してかゆみが出る 等、不調の原因に繋がってしまいます。 「水分って大切で、乾燥しないように気を付けないと…」 そう思っている方に気を付けて欲しいのは 『水分の摂り方』です 効率よく吸収する為(種類、量、タイミング)には大切なポイントがあります。 1:“水”を補給する 当たり前のようですが、お茶やコーヒー、汁物よりも“常温の水”でないと上手く体に取り込まれません。 2:ガブガブ飲まずに杯でチビチビ飲むような感じで少量をちょこちょこ摂ると効率よく吸収できます 3:特に吸収しやすい方法はお風呂に入りながら飲むとGOODです。 ちなみに…この時期に多い悩みとして“むくみ”があります。 皆さんは大丈夫ですか?? 水分の摂り過ぎが原因だと思われていますが実は… 体が水分を外に出すのをおしんで捨てないようにしている為です。 そんな時は1日15分ぐらい足を高くして座ったり、寝たりして、温かい飲み物をとる事で改善されます。 気になる方は是非お試しください。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冬を上手に過ごす3つのポイント

動画はこちらから 寒さが厳しい日々が続いていますが いつも以上に不調に悩まれている人が多いように思います。 厚着をする事による肩こり 冷え性 お腹の調子が悪くなる トイレが近くなる むくみやすくなる 等々 冷えや乾燥によって体に負担がかかり、影響が表れてしまいます。 それらの症状ひとつひとつに対処するのは難しいし、大変なので 今回は冬を上手に過ごすポイントを3つ紹介させてもらいます。 ①足を冷やさないようにする ②食べ物、飲み物はとろみのある、どろっとした物を取る ③寝る2時間前までに入浴は済ませておく です。 足を冷やさないようにするのは、足の裏にポイントがある為です。足の裏は腎臓と関係していて、そこが冷やされてしまうと腎臓が冷やされてしまいます。 いくらお腹や体幹を冷えないように気を付けていてもです。 食べ物、飲み物はとろみのある物をオススメするのは、それらが喉→胃と通過していく間に普通に過ごしていると温めにくい背骨の前面を温めてくれるからです。 お風呂を寝る2時間前までに済ませておくのは、体に熱が馴染む為には時間がかかるからです。すぐに寝てしまうと体が“熱すぎる”と勘違いしてしまい体を冷やそうとする信号を出してしまう場合がある為です。 以上の3つが冬を上手に過ごすポイントです。気になる方はお試しください。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

お正月休みで生活のリズムが崩れていませんか?

お正月休みになると生活のリズムが崩れてしまいがちです。 せっかくの休日にダラダラ過ごしてしまったり、やらないといけない家の用事があるのにやる気が出なかったりしていませんか? 長期休みの終盤に「もっといろいろやっておけば良かった…」 なんて経験が皆さんあると思います せっかくの休みだから、シャキッと行動して時間を有意義に使いたいですよね。 しっかり元気に過ごすためには 食事や睡眠のリズムを崩れないよう気を付けて、お酒を控えめにして… なんて思っていても 食事に誘われて食べる量が増えたり、ついつい夜更かししてしまったり 規則正しく過ごすのはかなり難しそうです… そんな時に試してもらいたいのが 『歯磨き』 です。 そんなの毎日やっているけど? と思われるでしょうが、実は口の中には 目、首、肩、額等と関係するポイントがあったり 歯は背骨の位置に大きく関係しているのです。 歯を調整する事で全身の治療をする方法も確立されているぐらい、反応を起こせるのです。   歯ブラシで口の中を刺激するだけで体の色んなポイントに、簡単にアプローチできるのです。 ですので、気分転換したい、生活のリズムを整えたい時にお勧めです。 皆さんお試し下さい 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冬は体の調子が悪い…そんな時に体の中で何が起きているのでしょう?

皆さんは寒くなってしまう事で何か不調に悩まされていませんか? 冬の“冷え”によって体に色々な変化が表れます。 足が冷えてしまって寝にくい 寒さによって体に力が入って肩が凝ってしまう 等々 色々な意見を耳にします そんな時体には ・足の指(甲側)3番目,4番目の間がせまくなる ・腰椎1番が飛び出す ・腰椎3番がねじれる ・骨盤が縮んで固まる 等の変化が現れます。 冷えてしまっても元気で健康に過ごしたい でもでも、お風呂で温まってもすぐ冷えてしまう。 厚着をしても足先はずっと冷たいまま ショウガを食べてもあまり効果がない そして 『色んな対策をしても効果が薄くて、続けられない…』 なんて意見をよく聞きます。 そんな時にお勧めしたいのが“足湯”です。 「えっ、足湯!?お風呂に入るのと同じゃないの」 と思われるかもしれませんが、効果が大分違います。 疑われている方にこそ試してもらいたいです。 先に書かせてもらった足指(甲側)3番目,4番目の間 を押さえてから足湯をするとより効果的です。 冷え性が気になる方は是非お試しください。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。