作成者別アーカイブ: あさひ鍼灸整骨院 澤 孝一  プロフィール

春を迎えた時に起こりやすい体の不調

Amebaなうで紹介

暖かくなり春を迎えると体は緩んで開いていきます 【体が緩む】という表現はあまりピンとこないかもしれませんが 後頭部(頭の骨)から始まります 頭の骨は多くの骨がパズルのようにかみ合っていて、その部分に少し隙間ができて緩んでいきます そして次に肩甲骨が緩みます 肩甲骨は冬の時期は肩をすくめたような状態(首の方に上がっている)で固まってしまっています 頭の骨も肩甲骨もうまく緩まないと それを解消するために風邪や花粉症のような症状(鼻水、くしゃみ、涙、咳etc)をおこして、体を変化させようとします 冬から春の季節の変わり目に毎年体調を崩してしまいやすい方は 頭の骨や肩甲骨の動きが悪くなっているかもしれません 頭の骨は蒸しタオルを使って 肩甲骨は肩の上げ下げ運動等によって解消されますので 不調を感じられる方はお試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春は下痢と腰痛が起こりやすい??

春になるとお腹を下しやすくなってしまう この時期になると腰痛を起こしたり、ぎっくり腰になってしまう そんな話をよく耳にします これらには理由があって、春になると体は ・消化器の動きが活発になる ・骨盤が開いて上にあがる ようになっている為です 下痢になってしまうのは冬の間、体にため込んだ脂肪や毒素を体の外に捨てる為です(体は冬になると色々な物を蓄積させやすくなります) ぱっと考えると下痢になる事は体にとって良くないんじゃ… と思われるかもしれませんが、冬の間に余計にため込んだ物を出す事によって体はスッキリとします 腰痛が起こってしまうのは春になると骨盤が開いてきて、上にあがっていくような傾向にあります 骨盤を動かすエネルギーが体の中から起きて、その力が徐々に広がっていくのですが いびつさやゆがみがあるとスムーズに力が伝わらず、その境目で余計な力がかかってしまいそれが腰痛の元になってしまうのです     これらが春の体調不良の原因となります

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ホットカーペットを使う時に気を付けて欲しい事

寒い時期になるとホットカーペットを使われる方 沢山いらっしゃると思いますが ある事に気を付けていないと、知らないうちに体調を崩してしまう事があります それは頭を温め過ぎないという事です   特に直接カーペットの上に頭を載せたまま寝てしまうと影響が大きいです (頭の重さ、頭痛、のぼせ、吐き気等の原因になってしまいます) 頭の骨はパズルのように小さい骨がいくつも合わさってできていて その骨の境目には少し余裕があり、熱せられるとユルユルになってしまいます その状態で眠ってしまったり、同じ姿勢が続くと頭の骨がへしゃげてしまいやすいです   もちろん皆さんに気を付けて欲しいのですが 特に注意が必要なのは妊婦さんです 頭の骨は骨盤の形と大きく関係しているので、頭の骨の状態が悪くなってしまうと骨盤に思わぬトラブルが起きてしまう場合があります 対処方法としてはカーペットを使う時は頭は外しておいた方が良いです 枕をしていても影響が起きてしまうのでお気を付けください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寒い時期から始める花粉症対策

寒い時期から花粉症の対策? と思われるかもしれませんが、これは体の構造に関係しています 冬は緊張し体にいろいろな物をため込み 春になると体はゆるみため込んでいたものを排泄します 上のようにスムーズに体が変化する事ができればよいのですが 春になっても体が緊張したままだと不調が起こってしまいます 緊張してしまっている体を緩めるために くしゃみや鼻水、咳が出やすくなります この働きと花粉症が合わさると必要以上に体が反応してしまいます これを防ぐための体操は ・仰向けに寝て、膝をくっつける ・右手で左の手首をつかみ頭の上にあげる ・左の肋骨をのばしてゆるめる ・反対も同様に行う こうしておくことで肋骨がゆるみ、そこから体がゆるみ その状態で春を迎えると花粉症の症状を軽減する事ができます 気になる方はお試しください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寒い時期にオススメな足湯の方法

寒い時期に体を温めるのにオススメなのは“足湯”なのですが 冷え込みの厳しい今の時期により効果的な方法を紹介させていただきます まず足湯には2つの方法があります ・足湯…くるぶしが隠れるぐらいまでお湯に浸す ・脚湯…膝が隠れるぐらいまでお湯に浸す それぞれ効果が違い 足湯は頭が重い、鼻水、のど等の首から上の症状 脚湯はおなかにガスが溜まる、下痢等の消化器 風邪の後に咳が残る です そして今の寒い時期には頭の緊張が強くなるので“足湯”がオススメです また寝る前に体を温めすぎると寝汗をかいてしまって かえって体を冷やしてしまうので朝にするのがオススメです 気になる方はお試しください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寒い季節の乾燥対策

秋から春にかけての間、体は知らないうちに乾燥してしまう事は皆さんご存知ですか? そして体が乾燥してしまうと色々な不調 (むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみ、血液が濃くなり、血流 ・ 血行が悪くなるので血圧が高くなったり、脳梗塞の原因) の原因になってしまいます また乾燥してしまいがちな期間の中でも、時期によってどのような水分補給が体にとって有効で効率が良いのかも違ってきます 寒さの厳しい1月、2月は「水」以外の吸収が悪くなってしまうので常温の水をたっぷりと飲むのが効率的です(体の状態が良いと、水がおいしく感じます) 気を付けていただきたいのは『ちびちび』と飲むと吸収がより良いです がぶがぶと飲むと少し効率が悪くなってしまいます より吸収を高めたいという方は、お風呂に入りながら飲む事をお勧めします また、今の時期にむくんでしまう方は座ってでも仰向けでもいいので1日15分ぐらい足を高くする事をお勧めします その際には温かい汁ものをとりつつ、水をちびちび飲む事でむくみの解消に繋がります 気になる方は是非お試しください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冷えの悩み対策

ここ数日、特に寒い日々が続いていますが 皆様は体調を崩されずに過ごされていますか? ・足が冷えてしまって寝にくい ・寒さによって体に力が入ってしまい、肩がこる、体が強張ってしまう 等の声をよく耳にします 冬の冷えは体に色々な悪影響を与えてしまいます ・足の甲(3番目と4番目の骨の間がつまる、狭くなる)が硬くなる ・腰椎(背骨の腰の部分)が出っ張ったり、歪んでしまったりする ・骨盤が固まってしまって動きが無くなる、縮こまってしまう 等々があります 冷えに悩まされている方の多くは少しでも体が冷えないようにする為に 厚着をしたり、お風呂でしっかりと温まったり、食べ物を工夫したり と色々な対策をしても 中々効果が表れない、継続して続けることが難しい 等の声をよく聞きます そんな方にお勧めなのは“足湯”です 足湯だとお風呂に入るのと同じじゃないの? と思われるかもしれませんが、全然効果が違います 特に先程書かせていただいた 足指(甲側3番目と4番目の骨 )を開くようにしてあげると より効果的です 冷えに悩んででいる方は一度試していただけると幸いです 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

知らない間に乾燥してしまっているかも…冬の乾燥対策

冬になると体に大きく影響を与えるものがあります それは… “乾燥”です 皮膚が乾燥するので、さらっとして過ごしやすいと感じる方もいらっしゃいますが 知らないうちに体から水分が蒸発してしまっています 身体から水分が蒸発していくと むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみ 等が現れてしまい また、水分不足から血液が濃ゆくなってしまい 血行が悪くなってしまったり、血管、心臓に負担がかかってしまいます ではどのように対策をすればよいのでしょうか? 水分を吸収するのに一番有効な方法は お風呂に入りながら少量ずつ水を飲む です。この方法が最も 吸収が良いのです。 お風呂に入りながらはちょっと難しい… と言う方は お水をちびちびと、杯でお酒を飲むようなつもりで、少しずつ飲みます。 思い出したらちょっと一口、そんな調子で少量ずつ、回数で量をかせぐのが有効です 乾燥は春のお彼岸頃まで続きますので、気になる方は注意されると幸いです お試しください 動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寒くなってきた時期の体調管理方法

今回は、寒くなってきた時期の免疫力の高め方を紹介します。 気温が下がってきて、体調を崩し気味の人が多くなっているように感じます ・風邪 ・乾燥による不調 ・冷えて調子が悪い ・寒暖差に体がついていかない 等々 ですので、寒くなってきた時期を健康に過ごす為に 免疫力を高める方法を紹介します。 ・お腹の真ん中あたりにある『中脘(ちゅうかん)』というツボを刺激します。 場所は、みぞおちとおへその真ん中あたりにあります。 この場所を息を吐きながら10回程度痛くない程の強さで押してください。 ここ(中脘)には胃、十二指腸、脾臓、すい臓、肝臓などに深く関係があり ここを刺激する事でお腹の血流が良くなり免疫力を高めることができます。 皆さんも、この冬風邪を引かないためにお試しください。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

11月、12月の冷え性対策

冷え込みが徐々に厳しくなってきていますが 皆さんは体調を崩してはいませんか? 今の季節は丹田(お臍の少し下)が冷えて 不調につながってしまいやすいです 丹田は身体の重心や力の充実具合に関係し 状態が悪くなってしまうと 全身の力が抜けてしまい筋肉や内蔵の不調の元になってしまいます ですので今回は、その対策方法を紹介させてもらいます。 1:足を伸ばして座り、膝の少し上を掴みます。 (膝の内側には血海と言うツボがあり、血液循環や冷えに関係しています。) 2:血海を押し、足の内方向にひねります。そして5~6呼吸待ってから 元の場所に戻します。 3:血海を押し、今度は外方向にひねります。そして2と同じように5~6呼吸待ってから戻します。 4:血海を押し、右足側も左足側も両方右方向にひねります。そして5~6呼吸で戻します。 以上です。 そうすることで 太ももの筋肉の緊張をとったり 丹田への血液循環を促進したり、骨盤の歪みを取る効果があります お腹が冷えているな~何だか調子が悪いな~ と思われる方は是非お試しください。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。