作成者別アーカイブ: あさひ鍼灸整骨院 澤 孝一  プロフィール

暑くなってきた時期の熱中症対策

Amebaなうで紹介

梅雨になりましたが、暑い日も増えてきていますね そうなってくると日射病・熱中症になってしまう可能性が高くなります 症状は軽い場合もありますし 場合によっては命を落としてしまうケースもあります ですので「熱中症かもしれない」と感じた時にできる対処方法をお伝えさせてもらいます ※熱中症の初期症状としては めまいや立ちくらみ、顔のほてり、だるさや吐き気、頭痛や筋肉がつるなどの症状です 調子は悪いけれども自力で動ける程度のときには まずは鳩尾(みぞおち)を押さえます 熱中症だけでなく急に体の具合が悪くなったときは、鳩尾が硬くなりやすいです 左右の親指をのぞく4本指を鳩尾に当て、少し押し込むようにして押さえます。はじめは硬くて押すと痛みがありますが、じーっと押さえていると、だんだん硬さがゆるんできます。ゆるんできたら、その分だけさらに押さえていって左右に少し揺すぶります。 鳩尾をゆるめて少し気分が楽になったら、頭頂部を冷やします。 冷やす場所は、髪の生え際から少し上にいったところ。(大泉門とよばれるところです)ここに、タオルでくるんだ氷を当てます。 同時に、水分と塩分を少しずつ補給します。経口補水液などでもOKです。 上に書かせていただいた方法は軽度の熱中症の場合です。 症状が重い場合や水分を摂っても吐いてしまうような場合は、医療機関を受診する方が無難です。また、意識が無いような場合には、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

梅雨時期の不調解消方法

梅雨の時期になると肺と腎臓に負担がかかりやすいです それらに負担がかかる事によって息苦しさや浮腫み 冷え等々の原因になってしまいます どうしてそのような事になってしまうのかと言いますと 肺と腎臓には体にとっていらなくなった物を外に出す働きがあります 肺は呼吸をして二酸化炭素を外に出し、腎臓は血液から必要なくなった物を 尿として排出します そして体には同じような働きをしている器官がもう一つあります それは『皮膚』です 皮膚は汗として不要になった物質を体の外には出します 梅雨の時期になると、湿度が高くなり、そうなると皮膚にある汗の出口が湿気によってふさがってしまい汗が出にくい状態になってしまいます 汗として外に出す事が出来なくなってしまうので 肺や腎臓をいつも以上に働かせて老廃物を外にだそうとするのです 普段よりも肺や腎臓を頑張らせることになるので、それらの器官が疲れてしまい不調の原因となってしまうのです 梅雨の時期に体調を崩してしまいやすい方はこれらの事が原因になっている事が多いです ですので、梅雨の時期に体調を崩してしまいやすい方は 熱めのお風呂に入ったり、熱いものを摂ったりしてしっかりと汗をかき その後に水分補給をする事で不調の解消につながる事が多いです 気になる方はお試しください  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

『蒸し暑さ』とエアコンの付き合い方

少し暑い日も増えてきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?? そろそろエアコンを使おうかな… と思っている方に気を付けてほしい事があります 人間の体は、気候の変化に対応できるように上手くの変化して、体を作り変えるようになっています。 夏が近づくと、汗腺が開いて汗が出やすくなり、体がゆるみ体の中にある熱が外に出やすい状態になるのです。 それが“夏の体”の特徴になります そして「暑い」 ということに適応するよう特化した体なので、冷房の冷たい風には弱いのです。 ここ年々夏の暑さは厳しくなり、そして昔とは違い建物はコンクリートとアスファルトに囲まれていて「自然な体」が適応できる暑さを超えつつあります。 そして、住宅では断熱材を使い、気密性の高い建物が増えて 冷房を使うことが前提となっています。 それらの事を合わせて考えると、今の世の中では冷房なしの生活は とても考えられないでしょう。 しかしながらエアコンや建物によって過ごしやすい環境が作られても、 人間の体は自然によって作り上げられたものなので。 夏になると暑さに対応できるように変化します。 そして暑さに強くなる分、冷房には弱くなります。 冷房を使わなければ暑さにやられてしまいますが、 使ったら使ったで体は冷えの影響を受け体調を崩しやすくなります。 また、冷房に入りっぱなしだと、汗が出ない体になってしまいます。 あちらを立てればこちらが立たずになってしまうのですが… こまめに冷房の温度に気を配って上手に使うしかありません。 また、活動しているときは体に影響がない温度でも、 寝るとなると冷えすぎることがあります。 そのあたりも、エアコンを弱めに使ったり、 布団や寝間着を厚くする等して対応するのがベストです。 理想は…寝るときは冷房は使わないのが一番いいのですが。 しかし準備もなしに、急に冷房を切って寝ると、かえって具合が悪くなる可能性が高いので注意が必要です。 真夏に冷房なしで寝るには、初夏、梅雨から汗をかく習慣を持ち、暑ければ汗が出て体温調節ができる体を作っておかなければなりません。 チャレンジするのならば、 夏前から運動や足湯、入浴などで汗をかけるように 体をならしておくことをお勧めします。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

暑くなって、じめじめしてきた時に体調を崩してしまう方へ

気温が高くなり、湿気が多い時期になると 何だかしんどくなってしまう という方、多いのではないでしょうか? 『体が重くだるくなる、息苦しくなってしまう』 この季節になると毎年同じような症状が出てしまう… そんな声を良く耳にします 体は湿気と暑さにさらされてしまうと ・肺や気管支等の呼吸器 ・腎臓、膀胱等の泌尿器 の働きが悪くなってしまいます 肺の働きが悪くなると息苦しくなりやすく 腎臓、膀胱の働きが悪くなると体が重く、だるくなってしまいがちです 対処方法についてなのですが… まず気に留めておいていただきたい事は 湿気の多い時期は体の重さ、だるさに負けず いつもと同じように動いている方が体の調子は良くなります 息苦しかったり、気分がすっきりしない時は 呼吸器に負担がかかっている時です 大きく深呼吸をしたり、太ももの裏の筋肉(呼吸器に関係があり)を伸ばしたり、大股で歩く事で不調が解消されやすくなります 体がだるく感じる時は 泌尿器に負担がかかっている時です 正座をして後ろを振り返るように3,4回振り返るようにすると (腎臓に刺激がいきます) 泌尿器の働きが回復してだるさの解消に繋がります 今の時期に体調を崩してしまいやすい方は是非お試しください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

五月病対策

暖かくなり始めて、過ごしやすい気候になっていますが ゴールデンウイーク頃になると体調を崩してしまう… 毎年5月病になってしまう… そんな不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか? その時期の不調には原因があって 体と頭(脳)がゆるんでしまう為です 体は冬の間は寒さに耐えるためにギュッと収縮するのですが 暖かくなるにつれて体が緩み始め 5月頃に最も緩んでしまい力が入りにくい状態になってしまいます 頭(脳)は4月の初旬は環境や人間関係の変化によって ストレスがかかり緊張しやすいです 頭(脳)が緊張すると最初は固くなるのですが 一定のところを超えてしまうと、反対に力が抜けて ふにゃふにゃになってしまいます それらが合わさる事で 体と頭に力が入らなくなってしまい 体調不良の原因となってしまいます こららを取り除くためには「塩分」をいつもより多めに摂取する事です 塩分には体と頭を引き締める働きがあるので ゆるみの対策になります 気になる方はお試しください  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

汗ばむ時期の不調対策

汗ばむ陽気になってくると急に体調を崩す人が増え始めます その原因は『汗をかいて急に冷やしてしまう』事です たったそれだけで、と思われるかもしれませんが ただ冷えるよりも体にとって大きな影響を与えてしまいます 特に汗をかいて冷たい風にあたるとより悪く 血圧の変動や脳溢血等をおこしてしまう事もあります 全体的な症状としては 体のだるさ、むくみ、筋肉の痛み、眠気、頭痛、目の痛み、鼻水、下痢、お腹の張り、等いろいろな症状を起こしてしまいます 改善方法は胸椎の5番に刺激を与えて動きをつける事です (胸椎の5番は汗をかく事ととても関係が深い部分です) 場所は肩甲骨の真ん中ぐらいの背骨です 汗が出にくい時はここがポコッとでっぱっているので、こすったり、叩いたりして刺激を与えて、手のひらをあてて30秒ほど待ちます こうする事で胸椎の5番に動きがついて、汗が出やすくなり不調が改善されます 気になる方はお試しください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春の不調を簡単に改善する方法

冬から春の変わり目に体調を崩される方はたくさんいらっしゃると思いますが 今回は不調を簡単に解消できる方法を紹介させていただきます まず春になると冬の間、体にため込んだ不要物や脂肪を排泄するような働きが起こります この時に肝臓に負担がかかります 肝臓がちゃんと働いてくれているとスムーズに排泄が行われるのですが、働きが悪いと不調の原因になってしまいます また肝臓の働きが悪くなると、連動して肺の機能も落ちてしまいます 肝臓は右の肋骨の下にあり、この部分の硬さ、柔らかさによって肝臓の働きを知ることができます 触ってみて肋骨が固くなっている時は仰向けに寝て   右足を外に開いていきます、すると肋骨がゆるむ個所があるのでその角度のままで10分程待ちます そうする事で肋骨が柔らかくなり、肝臓の働きが正常化されます 気になる方はお試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春を迎えた時に起こりやすい体の不調

暖かくなり春を迎えると体は緩んで開いていきます 【体が緩む】という表現はあまりピンとこないかもしれませんが 後頭部(頭の骨)から始まります 頭の骨は多くの骨がパズルのようにかみ合っていて、その部分に少し隙間ができて緩んでいきます そして次に肩甲骨が緩みます 肩甲骨は冬の時期は肩をすくめたような状態(首の方に上がっている)で固まってしまっています 頭の骨も肩甲骨もうまく緩まないと それを解消するために風邪や花粉症のような症状(鼻水、くしゃみ、涙、咳etc)をおこして、体を変化させようとします 冬から春の季節の変わり目に毎年体調を崩してしまいやすい方は 頭の骨や肩甲骨の動きが悪くなっているかもしれません 頭の骨は蒸しタオルを使って 肩甲骨は肩の上げ下げ運動等によって解消されますので 不調を感じられる方はお試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春は下痢と腰痛が起こりやすい??

春になるとお腹を下しやすくなってしまう この時期になると腰痛を起こしたり、ぎっくり腰になってしまう そんな話をよく耳にします これらには理由があって、春になると体は ・消化器の動きが活発になる ・骨盤が開いて上にあがる ようになっている為です 下痢になってしまうのは冬の間、体にため込んだ脂肪や毒素を体の外に捨てる為です(体は冬になると色々な物を蓄積させやすくなります) ぱっと考えると下痢になる事は体にとって良くないんじゃ… と思われるかもしれませんが、冬の間に余計にため込んだ物を出す事によって体はスッキリとします 腰痛が起こってしまうのは春になると骨盤が開いてきて、上にあがっていくような傾向にあります 骨盤を動かすエネルギーが体の中から起きて、その力が徐々に広がっていくのですが いびつさやゆがみがあるとスムーズに力が伝わらず、その境目で余計な力がかかってしまいそれが腰痛の元になってしまうのです     これらが春の体調不良の原因となります

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ホットカーペットを使う時に気を付けて欲しい事

寒い時期になるとホットカーペットを使われる方 沢山いらっしゃると思いますが ある事に気を付けていないと、知らないうちに体調を崩してしまう事があります それは頭を温め過ぎないという事です   特に直接カーペットの上に頭を載せたまま寝てしまうと影響が大きいです (頭の重さ、頭痛、のぼせ、吐き気等の原因になってしまいます) 頭の骨はパズルのように小さい骨がいくつも合わさってできていて その骨の境目には少し余裕があり、熱せられるとユルユルになってしまいます その状態で眠ってしまったり、同じ姿勢が続くと頭の骨がへしゃげてしまいやすいです   もちろん皆さんに気を付けて欲しいのですが 特に注意が必要なのは妊婦さんです 頭の骨は骨盤の形と大きく関係しているので、頭の骨の状態が悪くなってしまうと骨盤に思わぬトラブルが起きてしまう場合があります 対処方法としてはカーペットを使う時は頭は外しておいた方が良いです 枕をしていても影響が起きてしまうのでお気を付けください 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。