作成者別アーカイブ: 快信整骨院(堺)田中 雅樹  プロフィール

身体の不調は足の歪みから!

Amebaなうで紹介

  動画はこちら! 足首が歪んでしまうと身体に様々な影響を及ぼします。 ・足首の痛み ・膝の痛み ・股関節の痛み ・腰の痛み ・肩のコリなどなど 一見、足首の歪みとは関係のなさそうな腰痛や、肩のコリも関係している可能性があります。 なぜなら足はいろんな組織(筋肉や靭帯など)、内臓と関連しているからです。 よく足の裏のツボとして内臓があげられます。 あれは実際内臓と関係しています。そして、その関係する足の場所が悪くなると内臓に悪い影響が出てしまいます。 ですから、足首が歪んでしまうことでその歪みと関係する内臓まで悪い影響を受けてしまうのです。内臓が悪くなると身体に様々な影響を及ぼす可能性があります。腰痛や肩こりも内臓と関係していることが多いのです。 そのため足首の歪みはしっかり整えておく必要があります。   足首を整える簡単な体操をご紹介したいと思います。   ① 椅子などに座った状態をつくります。 ② その状態で足首を身体の前に出します。 ③ そして足首を前後に動かします。 (動かすのは出来るだけ早く動かせると効果的です。) これだけです! こうやって前後に動かすことで足首の歪みが自然と整います。 よく足首をぐるぐる回す体操などをされるかたがいますが、捻るという動きは体にとって悪影響を出す可能性があるので気をつける必要があります。   足首の歪みを整えて健康な体をつくりましょう!!  

カテゴリー: 健康情報 | コメントをどうぞ

つらい首の痛みにはこの体操!

動画はこちら 首は一度歪んでしまうとなかなか自分の力で歪みを治すことができない場所です。 首のまわりの筋肉はそれほど大きくなくしっかりしたものではありません。 首は頭を支えるという重要な役割をしています。 その首が歪んでしまえばその影響が脳の方まで影響します。 そのため首は常に正常な位置にしておかなければいろんな症状が出てしまう可能性があります。 例えば ・頸椎ヘルニア ・頭痛 ・目のつかれ ・手のしびれ ・肩こり ・めまい といったような症状が出やすくなります。ですから首の歪みは正常な位置にしておかなればいけません。   その歪みとる体操をご紹介したいと思います。 ① まずリラックスして立ちます。 ② その状態で腕をバンザイするように上にあげていきます。 ③ その状態から首を前に倒します。 ④ 前に倒した後に今度は後ろに倒します。 ⑤ そしてまたまっすぐの状態に戻します。 ⑥ まっすぐの状態から今度は腕と一緒に横に倒していきます。左右はどちらからでもかまいません。 ⑦ その状態から首と腕をまっすぐに戻します。 ⑧ 最後に今倒した方向と逆の方に首と腕を倒していきそれを戻して終了になります。   この体操をすることで首の位置がまっすぐに戻っていき、痛みが軽減されていきます。 一日に朝、晩と2回すると効果的です。 ぜひやってみてくださいね!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

膝の痛みにはこの体操!

動画はこちら! なぜ膝の痛みが起きるのか皆さんはご存知でしょうか? それは膝が歪んでしまい膝の中にある軟骨が悪くなっていきます。 膝の軟骨が悪くなると膝の関節に大きな負担がかかるようになります。その負担が大きくなると膝に炎症が起きます。それが痛みとなっているのです。 軟骨は一度悪くなるとなかなか回復しません。 そのためいち早く軟骨を正常な状態に戻さないといけません。 そのためには膝の歪みを治さないといけない どうすれば膝の歪みがとれるのか 簡単な体操をご紹介します。 ① 両膝を立てた状態で上向きで寝ます。 ② その後に痛い方の膝側に身体を倒していきます。 ③ 元に戻します。 ④ その次に痛い側の膝を伸ばします。 ⑤ 伸ばした状態で痛い側の方に身体を倒していきます。 ⑥ これを戻して終わりになります。 上記の体操を5回ほど繰り返してください。 1日に3回ほどやっていただくと効果が早くでるでしょう。 これによって膝の歪みが正されていきます。 軟骨はなくなってしまうと自分の力では治すことができません。膝の痛みがある方は必ずこの体操をしてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春先には必ず中心軸を整えておかなければいけません!

動画はこちら 人の身体には 中心軸 というものがあります。その中心軸が乱れると身体に様々な悪影響がでます。それによって痛みなどの症状を感じます。 特にこの冬から春にかけての季節はその中心軸が乱れやすく身体がだるくなったり、何かするにしてもなかなか気がすすまなくなったりします。 それがさらにひどくなると痛みなどの症状が出てきます。 ですから、この時期は必ず 中心軸 を整えておかなければなりません。 その中心軸を整える体操をご紹介します。 ① まずリラックスした状態で立ちます。 ② そこから後ろに身体を反らしていき自分が心地よいと感じるところで止めます。そこで3秒ほどキープします。 ③ 次にそこから身体を前に倒していきます。痛くない範囲内でいけるところまで前に倒しその場所で3秒ほどキープします。 ④ 次に身体をまっすぐの状態に戻します。まっすぐの状態から身体だけ上に伸ばすようにしていきます。この時かかとがあがらないように気をつけてください。最大限に伸びたところで3秒ほどキープします。 ⑤ 最後に身体をまっすぐの状態に戻し、そこから膝を曲げて下に身体を下ろしていきます。このときできるだけかかとが浮かないようにしてください。かかとが浮かない状態で下まで下げられるところで3秒ほどキープします。 ⑥ これを3回ほど繰り返して終わりになります。 上の体操を1日1回特に夜寝る前にやって頂くと睡眠の際に中心軸が整った状態をつくれるので効果的です。 中心軸というのは健康を保つ中でとても大切なものです。 中心軸を整えて健康な体を作りましょう!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

つらい手首の痛みにはこの体操を!

手首の痛みを解放する超簡単な方法 手首の痛みを抱えている方は大変多いです。 手首は日常生活の中でよく使う場所なので一度痛めてしまうと治りかけてもまた痛めてしまいなかなか完治しづらい場所だからです。   手首の痛みは腱鞘炎といわれ、筋肉と骨をつなげ腱を巻いている鞘に炎症が起きることで痛みを感じます。 ただその鞘に炎症が起きる原因はその部分にはありません。 いろんな原因が考えられますが多い原因というのが 手根骨といわれる骨の歪みによって痛みが起きるケースです。 手根骨というのは手の小さな骨で8つあります。 その骨の位置や向きなどが歪んでしまうと手首の動きがスムーズにいかず、腱に負担がかかり鞘に炎症が起こります。 ですからその手根骨といわれる骨の位置、向きといった歪みを整えてあげないといけません。   その歪みをご自身でも簡単に整える方法があります。 それは 手首を振る これだけです。   手首を振ることで手根骨の歪みが勝手に正しい状態に戻っていきます。振るぐらいの動作で悪い方に歪んでしまう事はありませんのでご安心ください。 手根骨の歪みが正しい位置に戻ることで手首の動きがスムーズになります。その結果、腱の負担は減り鞘の炎症は消えていきます。 簡単な体操なので手首の痛みでお悩みの方はやってみてくださいね!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

産後に絶対やらないといけない体操!

体操動画はこちら! 出産をされたお母さん。産後2、3か月まではどのように過ごされたでしょうか? 本来、その時期というのは絶対安静が必要なのです。できれば入院していてもらいたいぐらいの安静が必要です。なぜなら骨盤は産後2~3か月をかけて正常な位置に戻っていくからです。その時期に無理をすれば、骨盤が歪んだ形で固まってしまい、骨盤が支えているたくさんの臓器に負担がかかります。特に子宮や卵巣は骨盤の歪みによってすぐに悪くなってしまい、ホルモンバランスなどが崩れ身体に大きな悪影響を与えてしまいます。 その結果産後に ・頭痛 ・貧血 ・めまい ・腰痛 ・太りやすくなった ・足の冷え などあらゆる体の不定愁訴を引き起こしてしまう可能性があります。 今は昔と違って核家族化が進み産後に安静にできることが少ないかと思います。そのため、多くのお母さんは出産をきっかけに身体に異常をきたしています。症状が現在出ていなくても将来症状が出てくる可能性があります。 ですから、出産をされた方は骨盤を正しく戻す必要があります。 そんな方がやらなければいけない体操があります。 ①まず足を肩幅に開いて立ちます ②その状態でおへそと股下の間に力をいれます(力は入れれるだけいれてもらったほうが効果があります。) これだけです! これを1回5分以上、1日に3回ほどやってもらえれば早い方で2週間ほど、遅い人でも1か月ほどで骨盤が良い位置に戻ります。 産後に体調が悪くなったお母さんは絶対やってくださいね!!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。