作成者別アーカイブ: 快信整骨院(堺) 山中 信明  プロフィール

今や現代病?

Amebaなうで紹介

  50歳代までは男性患者が、やや多いと言われている脊柱管狭窄症は、60歳代を超えたあたりから 女性が多くなり、70歳代を超えると他の年代と比べて患者の数が倍以上も多くなっています。また、 高齢になるにつれて男性より女性の罹っている割合が若干、高くなっていることもわかってきました。 これは女性の、特に高齢に起こりやすい骨粗鬆症が影響している可能性があると考えられます。 現代社会の高齢者に多く見られ、歩行に支障をきたす脊柱管狭窄症は、寝たきりなど要介護の 要因になるとして懸念されています。決して軽く考えて欲しくない病気なのです。そういう事もあり、 繰り返しココに載せています。症状としては、立っていると痛みや痺れが起こり、歩くとそれらが強く なります。また、症状が悪化すると寝ていても、それらが出てきます。特徴的なのは、じっと座って いればそれほどでも無いのに、しばらく歩くと腰から足にかけて痛みや痺れが出てきて、ついには 歩けなくなるけれど、しばらくかがんで休むと楽になり、また歩けるようになるという症状です。 自分が少しでも、そういう感じになった事がある人は、医療機関に相談して下さい。 →「セルフチェック方法」  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

自分でも気をつければ・・ね

  脊柱管狭窄症の一般的な治療には手術や薬物療法、神経ブロック注射などがあります。ただ、その 患者さん自身にも痛みが出た時の対処法や痛みが起きないために出来ることを実践することも大事 です。これは脊柱管狭窄症の症状を出ないようにするうえで、とても有効です。脊柱管は通常、腰を 丸めると広がり、反らすと狭くなります。後ほどご紹介する体操をすると狭まった脊柱管が無理なく 広がり、神経への圧迫が取り除かれるため、痛みやシビレなどの症状が緩和されるのです。そして、 この体操を続けることで傷んだ神経の働きも回復することが期待できます。症状を出さないために 生活習慣を見直すことも大事です。脊柱管狭窄症は立ったり、歩いたりすることで痛みやシビレが 出ます。実はこの何気ない動作で神経を傷つけているのです。また、痛みを我慢する人も少なく ありません。しかし、痛みが出ると言うことは神経を傷つけていると言うことです。神経を傷つける ことをヤメなければ、いくら治療をしても症状は改善されません。症状を出さない様にする暮らし方を 心がけることも非常に重要なのです。  →「この体操をして、こういう事を日常は気をつけて」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

狭窄症とヘルニアの違い

  脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアは病態が異なるため、間違った知識で体操などを行うとかえって 悪化させてしまいます。その様なことが起きないよう、2つの病気を見極めることが大切です。 椎間板とは、背骨と背骨の間をつなぐ軟骨のことで、クッションの役目をしています。この軟骨の 中心部にはゼリー状の組織がありますが、何らかの理由で椎間板に亀裂が入り、このゼリー状の 組織が外に飛び出し、神経を圧迫し、腰痛や坐骨神経痛を引き起こすのが椎間板ヘルニアです。 脊柱管狭窄症は背骨の後ろ側にある管を通る脊髄が圧迫されて起こる病気です。自分で見分ける 方法は後でご紹介します。それともう1つ似ている症状の病気は閉塞性動脈硬化症です。これは 足の血管が狭まって血流が悪くなるため、いつも足が冷たい、歩くとしびれるなどの症状が現れます。 しかし、それら3つの病気の症状には微妙に異なるところがあります。似ている症状であっても違う 病気ということはよくあります。完全な自己判断(診断)は避けて、整形外科や循環器内科などの 専門医を受診することも大切です。  →「狭窄症と椎間板ヘルニアの見分け方」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

脊柱管狭窄症は誰でもなる?

  厚生労働省が発表している、原因が特定できる腰痛の中に脊柱管狭窄症があります。その脊柱管 とは、背骨の後ろ側にある管のことで、中をとても太い神経である脊髄が通っています。脊柱管狭窄 症は、この脊柱管が狭められて、中を通る脊髄神経が圧迫される病気です。脊柱管が狭まってしまう のは、骨や軟骨、靭帯などが加齢によって変化するためですと、多くの病院で患者様に説明して います。それは自然な生理現象であり、脊椎管狭窄症は歳を重ねれば誰もが発症する可能性がある と言う訳です。では、特になる人はどんな人かと言いますと、姿勢が悪い人です。これはお医者さんも 言っていることで、脊柱管狭窄症は「その人の日々の暮らしによって生じた生活習慣病」なのです。 なかでも座る姿勢が良くありません。立っている時に比べて、腰や背中を丸めた前かがみ姿勢で座る と、骨と骨の間にかかる圧力は2倍近くに跳ね上がってしまうのです。そのため腰の骨にかかる負担 を増加させ、老化を早め、脊柱管を狭めることになるのです。  →「1番悪い姿勢は、意外にも?」  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

咬まれると怖い動物は?

    以外にも、ハムスターが、すぐに死ぬかもしれないと言う点では1番危険です。唾液に含まれる タンパク質によるアナフィラキシーショックを起こすことがあります。手などを咬まれた後、しばらくして から異常感、かゆみ、顔面や上半身の紅潮、熱感、くしゃみ、悪心、嘔吐、尿意、便意などが見られた ら注意して下さい。続いて顔が青白くなったり、呼吸が苦しそうになったり、血圧が下がってきたりする と、重症です。ハムスター以外にも、マウスやラットにも注意が必要です。咬まれた直後は痛みと出血 などで分かりにくいかも知れませんが、その傷の深部には骨折、異物、腱、神経の損傷を起こして いる場合があります。また、時間が経ってから感染症を起こすことがあります。感染を起こすまでの 潜伏期間は犬では平均24時間、猫では12時間です。特に猫は牙が細く、やや長いため、傷が思った より深いです。傷口の大きい小さいでだけで判断すると、後々大変な事になりかねないので、早めに 医療機関を受診して下さい。   →「怖い病気かどうかの判定基準」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

どの年代でもある腰痛

    今、日本では腰痛に悩む人は4人に1人(約3000万人近い)と言われています。こんなにも患者数が 多いにもかかわらず、その約85%は原因を特定することが出来ないと判断されてしまっているん です。一般的に多いのは、検査で撮った画像だけでは映しきれず、判断しにくいことや、腰には 痛みが生じる可能性のある部分が密集していることも理由として挙げられます。そのため、 どの部分に障害が生じても、症状としては腰から骨盤部にかけて同じように痛むいわゆる 腰痛として現れるため、原因となるものの特定が難しいとされています。痛みの感じる姿勢、 体勢も様々ですが、じーと寝転んでいても、朝、目が覚めてスグ痛みを感じるというなら、 内臓のトラブルが発生している可能性を疑わなければなりません。腰痛全体の約5%未満ですが そういった原因からのものもあります。近年の日本で精神的ストレスが原因の腰痛が増えています。 10代の子どもや、もっと小さい子が痛いと言っている時は要注意です。どの年代でも精神的ストレス はあるので、それも疑って下さい。   →「腰痛の感じ方によっては注意」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

食べようとする前に・・・。

  キノコは私たちにとって馴染みのある食材で、日本には約2000種類以上のキノコがあると言われて います。そのうち約50種類が中毒を起こすような毒キノコとして知られています。年間で100人以上 の中毒が発生しており、死亡者も出ています。食後、腹痛が出るという時は、状況として食中毒が最も 疑われます。症状は大きく分けて3つのタイプに分かれます。日本で1番多いのは胃腸炎タイプです。 これは食後30分~3時間程度で激しい嘔吐や下痢などの消化器症状を出します。なので脱水や ミネラルの消失が起こることがあります。次にコレラ様タイプという致死率が1番高いものがあります。 6~12時間後に消化器症状が生じて、さらにその後24~48時間後、肝障害や腎障害、そして多臓 器不全へと進行することもあります。最後に神経系タイプと言うものがあります。下痢、嘔吐のほか、 食べて15~30分後、めまい、けいれん、興奮など様々な神経系の症状を起こし、数時間継続しま す。どのようなキノコが中毒を起こすのかは厚生労働省のウェブサイトに画像と共に詳しく掲載されて いますので、参考にして下さい。  →「こんなキノコが危険!」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ジューンブライドあるある?

  指輪を長時間つけていて抜けなくなることがあります。指輪が抜けなくなるということは、指輪のサイズ に比べて指のサイズが大きくなったり、指の関節が太くなってしまったりするためです。指のサイズが 大きくなる原因には、指のむくみによるものと、体重増加などに伴ってなるものがあり、指の関節が 太くなる原因には関節の捻挫や、自分自身でポキポキ音を鳴らしてしまうことがあげられます。 また、蚊などの虫に刺されてしまい、部分的に大きくなることがあります。指輪のサイズが指のサイズ と合わなくなってしまっているのに、抜けにくいという理由で長期間つけたままにしている場合もあると 思いますが、それを長時間はめ続けると、圧迫によりリンパなどの流れが阻害されてしまい、より一層 手指が腫れて、さらに抜けにくくなる原因となります。なので、抜けるうちに抜いておくことをオススメ します。ほんの少し抜けにくくても、石けんで手を洗いながら抜けたり、潤滑油を使うぐらいで済む時に 抜いておいた方がイイと思います。  →「自分で抜く方法その1」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

耳に何か入った!

  一般的には、幼児が小さなモノや砂、小石、食べ物などをイタズラで入れてしまう事が多いです。 自分で入れたことをすぐに認めた場合や、周りにいた大人が目撃した場合は簡単な対応で済む ことが多いですが、イタズラした事を怒られると思って、恐れて言わない場合は経過が不明となり、 化膿してしまったり、血が出てしまったり、痛みを訴えたりすることがあります。また、それ以外には、 昆虫や害虫が耳に入るケースもあります。その場合は、虫が耳の中で動くたびに不快な音がしたり、 耳の中を虫のトゲや足で傷つけて痛みを伴ったりすると、そのまま医療機関に行く場合が多いです。 いずれにしましても、命にかかわるような緊急性は高くないです。しかし、本人や家族(特に両親)は 時としてパニック状態となることがあり、コミュニケーションすらままならない場合もあります。そして、 小児の場合などは特に医療機関や白衣を着ている人に対して、恐怖感を抱いていることがあり、まず 気持ちを落ち着かせるようにするのが大切です。それから診察をきちっと受けることができればと 思います。  →「耳に入った時の流れ、注意点」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

止まらないと困る!

    鼻血の原因として、鼻粘膜の毛細血管が外部からの刺激によって傷つき、出血する場合が多い。 この出血は鼻の入り口から1㎝~1.5㎝くらい奥にある鼻中隔前方の部位によるものが70%以上 で、小児の鼻血では、この部位からの出血が90%以上です。鼻腔粘膜は内頸動脈と外頸動脈の 両者の分枝から血流を豊富に受けており、この吻合部にこの部位があります。ここは、毛細血管が 多い上に、薄い粘膜で出来ているため、わずかな刺激でも出血しやすい。例えば、アレルギー性鼻炎 などで、頻繁に鼻をかむなどにより、傷をつけると鼻血となります。中高年の鼻血では、高血圧、 糖尿病、心臓病などのことがある場合に、持続性の止まらない鼻血が起こることがある。心筋梗塞、 脳梗塞の治療や予防のための抗凝固薬や抗血小板薬により、血が止まりにくくなるためであり、 頻繁に鼻血が起こる原因となる事があります。稀な原因としましては、女性の場合、代償性に起こる ことがあります。月経時や初潮前、妊娠時などに鼻血が出ることがあるのがそれです。いずれにしても まずは、衣服のボタンなどを緩めて安静にすることで、血は止まります。それから、心配な方は耳鼻 咽喉科へ行きましょう。  →「素早い対応が大事です。」

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。