本当はどちらが正解?肩こりに使うのは「温シップ」「冷シップ」


今回は、シップの使い方についてご紹介いたします。

シップには温シップと冷シップがあります。肩こりなどではどっちを使ったらいいか疑問になることはありませんか?

シップの使い分けって、シップ自体の成分を見ればすぐに分かるんです!!

温シップ、冷シップって実はほとんど成分は・・・(そのわけはコチラの動画から↓)

[動画] シップの正しい使い分け。

 

<快信整骨院(堺院)院長 川畑裕範ってどんな人?>

当グループが放映されました!!見逃した方はこちらからアクセス!!「社長密着24時」

院長ブログ→『炸裂!! 快信の一撃』

「院長のつぶやき」はコチラから→ 院長のtwitter

Facebook(川畑裕範または「kawabatahironori」で検索して下さい)

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。