下痢になりやすい人の意外な原因??


慢性的な下痢が食べ物に関係している事が最近、研究で発見されました。

ですので

食べ物を工夫する事で慢性的な下痢を改善される可能性があります。

慢性的な下痢に関係している食べ物はズバリ・・・

“糖類”

です。

糖類の中でも乳糖やフルクタン等の栄養が関係しているのです。

では、どうしてそれらが下痢に関係するのか?

それらの栄養は小腸で分解されにくい性質があります。

そのような状態に陥ると、大腸では水分が分泌されてしい、その結果下痢が引き起こされてしまうのです。

 

そして問題となる食べ物は

乳糖を含んだ食品牛乳、チーズ、ヨーグルト などの乳製品

果糖や、糖が集まってできたマンゴー、梨、洋梨、リンゴ、ブドウ、サクランボ、桃、スイカ など

フルクタンの仲間、麦やネギ、タマネギ、ニンニク、ブロッコリー、マッシュルーム、アスパラガス、大豆 など

です。

下痢に悩まされている方は、上記の食べ物で頻繁に摂取している物がありませんか?

それらの摂取を少し減らしてみるだけでも、下痢が改善される事があります。

一度お試しください。

 

動画はコチラから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。