簡単に出来る手のささくれの予防法


今回は手のささくれの予防法を紹介します。

 

手のささくれは昔の人とかはよく「親不孝してるとささくれができる」といいますが、そんなことはないんですよね。

 

ささくれは、栄養が偏って不足していたり、指先の乾燥であったり、あとは、薬などで肌が荒れている時にできやすいです。

 

そんなささくれを今回紹介する簡単な方法で予防しちゃいましょう。

 

 

方法は簡単で、指先で爪の生え際を反対の手の親指と人差し指でつまんでグリグリします。

全部の指を行ってくださいね。

 

これだけです。

 

こうやって指先を刺激することで指先の血流が良くなり乾燥を防ぐことができますので、ささくれの予防にもなります。

 

ですので、皆さんも指先が荒れてきたとかささくれが良くできる方は1度試してほしいと思います。

 

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。