脳梗塞や心筋梗塞に関係のある“血栓”の話


皆さんは“血栓”という言葉を聞いた事ありますか?

血栓とは「血管の中にできた血のかたまり」の事で

脳梗塞や心筋梗塞の原因になり、年間10万人以上に症状が表れています。

実は・・・誰にでも血栓を溶かす能力が備わっている事、ご存じですか??

軽く体を動かす運動を心がけるだけで、血栓を溶かす力が向上して、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減少させる事ができます。

ちなみに血栓ができてしまう一番の原因は「ストレス」です。

恐怖を与えたられた時に血液は固まりやすくなる働きがります。

 

人間の生理的な機能の1つに“ケガなどで出血した際には、瞬時に血液を固める”働きがあるのです。

 

けがをするかもしれない状況になると、血液が固まる準備が無意識のうちに行われます。

これは恐怖に限ったことだけではなく、興奮やストレスでも血液は固まりやすくなるのです。

 

ストレス以外の血栓を作らせる要因として大きなものとして「太っていること」「不整脈」

等もあります。

血栓を溶かす力をアップさせるには、運動が効果的です。

ウォーキング等の息が上がらない程度の軽い運動(有酸素運動)です。

1日30分ほど、できれば毎日行うのが理想的で、そうする事で血栓を溶かしやすい体になれます。

普段、運動を全然していない人ほど効果が期待できるので、是非挑戦してみてください。

これの方法はエコノミークラス症候群の予防にもなるので、気になる方はお試しください。

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。