暑く感じないのに、汗をかく人の話。


「暑いな~!」と言いながらも、
「ここまで汗が出てくる?」と
内心、思った経験ありませんか?

スポーツの汗と、暑さで出る汗は
爽やかさがまったく違います。

体が熱くなっているのに出ない人が
熱中症になりやすいのは、
良く知っていますよね。
このことは、夏場になると
ニュースや新聞でも多く取り上げられる内容です。

逆に、汗が出すぎる話は、あまり取り上げられなく、
更年期障害や体重増加などで、
話が終わってしまいがちです。

実は、
それだけではありません!

====================
水分が吸収できない。
内臓が冷えている。
====================
これも大きく関係してきます!

 

【水分が吸収できない。】

短時間で、一度に大量に飲むと、
体が吸収しきれず、汗として出てく場合があります。
よくあるのが、冷たい飲み物の一気飲みです。

その時に、もう一杯飲みたくなりませんか?

それが、吸収しきれずに溢れ出している感じです。

 

【内臓が冷えている。】

体の芯が冷え切っていると、
外気温との差が激しくなります。

それが、余計に暑いと感じてしまう原因!
冷たい物を飲み過ぎたり、食べ過ぎたりに注意が必要です。

また、睡眠中にお腹を冷やしている可能性もあります。
寝るときには、お腹に何か一枚かけて寝てみましょう。

 

昔は、『晒(さらし)』を巻くことで、
ある程度、発汗を押さえていたこともあります。
効果の1つとして、体を冷やしすぎないようにしていたのもあります。

====================================

それをちょっとアレンジして、『汗の神経を調整する体操』
をご紹介します!

====================================

  1. 左腕を上にして、胸をぎゅっと圧迫します。
  2. 次に左右に体をねじります。(10回ぐらい)
  3. 今度は、息を吐きながらゆっくり体をねじり、吐ききった所で力を緩めます。(左右1回ずつ)
  4. 最後に、深呼吸をして10秒ほど脱力しておきます。

動画: 『汗の神経を正しくする体操』

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。