うつむき姿勢、日に何時間しています?


ここ数年の間で、肩こり、首こり、の患者の若年化、いわゆる若いうちから、何かしら「こり」感じる人が

増加しました。お医者さんも、その原因は、主に社会のIT化と言っていました。そうなんです、今や、

誰もがパソコンやスマートフォン・携帯電話を持ち、仕事も普段の生活の中でも、なくてはならない

ツールになっています。ところが、これらを長時間使用することによる「うつむき姿勢」は、首にかかる

負担が大きいのです。次第に疲労が積み重なり、筋肉に異常をきたします。今日の日本人で、首に

全く問題のない人はほとんどいません。電車に乗っても、周りを見た時、それらをしていない人の方が

少ないぐらいになってきました。人の頭の重さは約6~8キログラムあり、スマートフォンや携帯電話の

画面を見る「うつむき姿勢」では、この重みを首の力で支えることになります。結果、首の筋肉、特に

後ろ側が緊張し、硬くなり、こりを発症します。なので、若くてもコリを感じると言うことにつながります。

不調が身体に出る前に、医療機関で相談しましょう。→「うつむきで痛めた、首を回復させるには?」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。