幽霊の仕業??金縛りの原因


夜中にふと目を覚ました時、なぜか体が動かなくなってしまう「金縛り」。

「幽霊のせいじゃないのか?」

などと、心霊現象として恐れられる事もありますよね。

しかしながら金縛りを科学の力で解明してみると・・・

金縛りには、体からのメッセージが秘められている事がわかりました。

ちなみに日本人の4割が一生に一度は経験するらしいです。

今回は金縛りのメカニズムと原因をお話させていただきます。

科学的に分析したところ「睡眠リズムの乱れ」が金縛りに大いに関係している事がわかりました。

明け方に寝床についた場合、消灯後間もなく、脳は覚醒に近い状態のまま、体の筋肉から力が抜けてしまっていました。

そう、これが金縛りのメカニズムです。

金縛りとは、脳だけ寝そこねた状態だったのです。

どうしてそんなことが起きるのか?

その理由は、脳にある“夢スイッチ”にありました。

私たちの体には、睡眠中夢を見ているときだけ、脳の指令を体の筋肉に伝えないようにするスイッチがあります。

これは、走っている夢を見ている最中、実際に体が動いたりしないようにするためのもの。このスイッチがいわば誤作動してしまうと、金縛りのような状態が起こるのです。

金縛りを起こしたという方の脳波を調べると、普通は入眠直後には現れないはずの

夢を見る睡眠=レム睡眠のサインが、寝入りばなすぐに出ていました。

不規則な睡眠時間、長すぎる昼寝(特に夕方以降)などの習慣が、金縛りを誘発する要因になるとのことです

ちなみに金縛りで怖い思いをするのは、恐怖などの感情をつかさどる扁桃体(へんとうたい)の働きが活発になっているため、何かが上にのしかかっている感じがするのは、呼吸の乱れが影響しているためではないかと考えられています。

金縛りになりやすい方は

不規則な睡眠時間
長すぎる昼寝(特に夕方以降)

あおむけ寝
(横向きで寝床につくと、“夢スイッチ”が誤作動した場合体が転がっていったん目が覚めるので金縛りになりにくい)

に気をつけると予防する事ができますよ

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。