蒸しタオルの作り方!!


今回は、タオル一枚で出来る蒸しタオル法のご紹介です。

蒸しタオル法は温熱療法のひとつで、痛みや不快な症状がある部

分に蒸しタオルを当てて、それらを和らげる方法です。熱によっ

て血液の循環を良くするほか、うまく発散できずに内にこもって

しまった芯熱を出し切る役割も果たします。

蒸しタオル法の特色は、患部に熱い蒸しタオル当て、冷めたら取り替えることを何度か繰

り返すところにあります。暑いタオルも数分すると冷めてしまいますが、このゆるやかな

温度変化が筋肉の硬直をゆるめ、血液の循環を促進して、老廃物を汗と一緒に体外に排出

するのに役立つのです。

温めたコンニャクや使い捨てカイロを用いるものもありますが、温めて徐々に冷まし、を

繰り返すことは、血管をやさしくマッサージしているようなもの。一定の温度でただ温め

るだけの場合より、はるかに高い血液循環の促進効果が得られるのです。

①三つ折りにしたタオルを、さらに二つに折る。

②水に十分ひたしてから、しぼる。

③電子レンジで1~1分半加熱。

熱いのでゴム手袋をはめてやってもオッケイです。

当てたタオルが冷たくなったら、もう一度電子レンジで加熱して、再び当てるようにしま

す。この時、体を冷やしてしまわないように、患部が濡れていたら、乾いたタオルで水分

をふき取っておきます。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。