原因が無い疲労はもしかすると、あの内臓が関係しているかも。。。!


原因がよく分からない。
悪い所が無いのに痛みがある。
慢性の疲労感など。

そんな症状を「不定愁訴」と言いますが、
検査で異常が見つかる時には、
予想以上に悪くなっていることも多くあります。

多少の毒素や異常は、
自分で治そうとするし、
実際、治ることもあります。

しかし、毒素や異常が完全に治りきらなかった場合、
体には少しずつ悪いものが蓄積されて、
じわじわと体を痛めつけます。

その痛みつけている間が、
「不定愁訴」という訴えになります。
つまり、
「早く、治してよ!」
と体が訴えているのです。

血液の老廃物を水溶性に変えて一掃!

血液中の毒素や老廃物は腎臓が働いて、
血液濃度の調節、血液を中性に保つようにしています。

====================
その働きは、5分間で全血液を浄化するほど凄いのです。
この腎臓が弱ってしまうと、
血中に少しずつ毒素や老廃物が溜まり、
それが、細胞にもしみ渡っていくことで、
疲労感や足腰の冷え、
しみ、ソバカスなどの皮膚の異常や皮膚病が増えます!

====================

実は、血液中の老廃物が体に巡ることで、
慢性疲労や皮膚のトラブルが出てきていたのです。
そこで、今回は『腎臓を元気にする体操』をご紹介します!

腎臓の近くにある筋肉を動かして
圧迫しないようにする体操、
その筋肉は肩甲骨や背骨にも関係している筋肉なので、
そこを動かしていきます。

【やり方】

  1. まずは背伸びをします。
  2. 次にガッツポーズで肩甲骨を寄せます。
  3. 今度は腕を背中に回します。(左右交互に行います。)
  4. 腰に手を当て左右に体を倒します。
  5. 最後に腕を回しながら深呼吸をします。

動画:腎臓を元気にする体操

 

もし、疲れが溜まりやすい、足腰が冷えやすい方などは
ぜひ試してみて下さい!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。