むし返すように痛くなるムチウチの痛み


寒くなると、『古傷』が痛むことがあります。

治りにくかった症状などは
普段は症状は出なくても
寒さや体調の変化で表に現れることがあります。

代表的なものとしては、
交通事故などで起きる「ムチウチ」です。

 

ムチウチの症状は、
首の痛みに加え、頭痛や倦怠感、めまいなど
日常生活に影響する症状が強く出ます。

しかも、寝ても覚めんても体回復する感じが
なく治りにくいのも特徴的です。

 

動画:肩甲骨を動かして肩・首の痛み改善!

 

なぜ、治り難いのかと言うと、

痛む場所と、悪くなっている場所が違うからで、
ムチウチは、痛みが主に首にありますが
全身にも怠さや痛みが出てきます。

それは、
痛みの原因である首の歪み以外に、

====================

肩甲骨
骨盤
後頭骨(頭の後ろの骨)

====================

この3点のバランスが崩れていることにあります。

実は、この部分が治らないと
いわゆる「古傷」として
寒さや疲れによって
収まっていた痛みが体に現れてくるのです。

それを改善するためには、
まずは動きにくくなった肩甲骨を動かすことが必要です!

【やり方】

  1. 肩甲骨を反対の手で押さえ肩を前から後ろに回します。
  2. 次に内から外へ腕を動かします。

※やりにくい場合は、柱の角に肩甲骨の内側を当てて
同じように動かすのも良いですよ!

動画:肩甲骨を動かして肩・首の痛み改善!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。