風邪かな?と思う前に


 

なんとなく物が飲み込みにくい。喉がつっかえるような感じがとれない。そんな喉の不調を訴える人が

増えています。それが機能性食道嚥下障害と呼ばれるものです。嚥下とは飲み込むことを、そう言い

ます。喉は、食べ物などが食道へスムーズに送り込まれるように食道の入り口が開き、同じタイミング

で反射的に気管の入り口のフタが閉まるようになっています。食道に送り込まれた食べ物は自律神経

の働きによって自動的に胃に送られます。喉や食道も消化器官の一部ですから、胃や腸と同じように

自律神経の副交感神経によって動かされています。なので、副交感神経の働きがダウンすれば動き

が悪くなるのは仕方がないことなのです。そして、その副交感神経、自律神経の働きを悪くさせて

しまう原因の1つが首や背中の筋肉の異常です。これを細かい所までキチンと正常にもどし、自律

神経の機能を回復させれば、こうした喉や食道の不調も無くなっていきます。もしも、痛みがあって

同じような場所ばかりで、つっかえたりするなら一度、医療機関で相談して下さい。お願いします。

→「飲み込みにくいと思ったら、コレ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。