今、多くなっています。


 

めまい、冷え、不眠などがツラくて病院へ行くと、自律神経失調症と診断されることがあります。

自律神経失調症は、簡単に言うなれば「体中に不調が起こる病気」です。首周辺の筋肉の異常に

よって、自律神経の体調維持システムがコントロール不能状態に陥ってしまい、体のあちらこちらに

沢山の不調が現れるのです。たとえ自律神経失調症と病院で診断されたとしても、症状、

それぞれのに対して薬が処方されますが、楽になるのは薬の服用中だけ。しかも、症状ごとに

薬で抑えるために、だんだんと薬に頼りっぱなし状態になっていってしまうことも少なくありません。

また、ストレスの影響を指摘されて、心療内科や精神科で心理療法やカウンセリングを受けるように

勧められる場合があります。それがもしも、首周辺の筋肉の異常によってなると言う器質的疾患で

あるならば、その筋肉の異常という問題を解決しないかぎり、ダウンした自律神経の体調維持

システムを回復させることはできないのです。今とっている方法で、なかなか回復しないな?と思う方

は一度、医療機関で相談しなおすのもイイ機会だと思います。

→「自分で自分の首を改善させるには?」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。