冷えてお腹を下すと風邪をひく?


よくお腹が痛くなる時期として、1月、2月が上げられます。

理由は、インフルエンザや風邪などによる、菌やウイルスが
胃腸まで達して起きる現象。

そして、体が冷えることによって起きるものがあります。

 

体の免疫が正常に働いていれば、
菌やウイルスが入ってきても、速やかに排出するための
反射として、お腹が痛くなります。

これは、正常な事なので悪くないのです。

 

しかし、冷えてお腹が痛くなる場合は、
『胃や腸の働きが弱くなる』のを防ぐ役割。

腸内環境の維持と、消化吸収を正常に保とうとする
反射です。

一見、正常な反射に思えますが、
これが頻繁に繰り返されると、腸内の粘膜や善玉菌など

腸内にとって必要な物まで排出されてしまいます。

これは、まさに「感染して下さい!」と言っているようなもの。

 

胃腸を保護する粘膜が少ないという事は、

風邪の菌やノロウイルスなどの「悪さをする菌やウイルス」が
より体内に侵入されやすい状態なのです!

お腹に手を当てて温めると、痛みが治まるときは
冷えからの影響が強く、

よくこのような状態になる人は、
下半身から冷えてしまっています。

こうなってしまうと、お腹だけ温めても
すぐに冷えて効果が上がりません。
まずは、足の冷えを取ることで、血液の循環を良くして
お腹に冷えが入らないようにしましょう。

 

======================================

では、そのやり方をご紹介します!

  1. 足の中指と人差し指の間を押して刺激をします。(これを1、2分ぐらい)
  2. 次に足のスネの外側を下から上に向って押していきます。(3回ほど繰り返す)

動画:『冷えからくる腹痛解消法!』

======================================

お風呂に入りながら行うと、より効果的です。

また、生理痛がひどいという方も、「冷え」が関係していますので、
このやり方も試してみて下さい!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。