簡単にできるなかなか取れない手首の痛み、違和感の解消法


手首を捻挫したりして痛みは取れたけど、違和感が残るという声をよく聞きます。

それは捻挫により損傷した靭帯の痛みはアイシングや湿布で楽になっても手首を痛めたときの衝撃でねじれた関節の状態が元に戻っていないからです。

手首は腕と掌(てのひら)を繋げる関節であり細かい骨や靭帯で構成されており損傷することにより手のひらや腕などに及ぼす影響も多いと言われています。

なので、捻挫により関節の軸がぶれてしまうと手を使う度に違和感が出たりします。損傷した靭帯などの痛みはアイシングなどで解消されるケースも多いですが、関節の軸を戻してあげないと完治までには至りません。

このようになかなかスッキリしない手首の症状に対する有効な体操法があります。

詳しくはコチラ→簡単にできるリストアップ体操

手首を正常な位置に戻さないと物を持った時に力が入らなかったり少し手を着いただけで痛みがぶり返したりと日常生活に支障をきたすことが多くなります。

早めに対処して後遺症を残さないように気を付けて下さい。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。