更年期症状対策


 

年齢とともに女性ホルモンは変化しますが、ピークの20代を過ぎると緩やかに減少します。そして

更年期にさしかかると卵巣からのエストロゲン、プロゲステロンの分泌は激減し、閉経とともに分泌

されなくなります。ほぼ40代半ばから50代半ばまでの10年間といわれる、更年期。自律神経の

乱れで、のぼせ、ほてり、口の渇き、イライラ、人によってはうつなどの症状も起こり、心身ともに

疲れやすい時期です。そんなときの強い味方が、幸せホルモンと呼ばれる、ドーパミンとセロトニン。

ドーパミンはワクワク、ドキドキした時、分泌されるホルモン。ヤル気を促したり、好奇心を旺盛にする

ので、モチベーションを高めてくれます。セロトニンは思いっ切り笑うことで分泌が高まります。

イライラを静めて、安らぎを与えてくれます。上手に楽しみを見つけたり、リラックスする工夫を

すれば、それらの幸せホルモンの分泌を増やすことが出来ます。更年期の症状は環境やその人の

性格、受け止め方によって様々。身体のためにも、なるべく前向きに受け止めたいですね。

→「幸せホルモンを分泌」

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。