身体にイイ食材を朝昼晩いつ摂れば?


 

腸を元気にする、回復させるポイントは大きく分けて2つあります。まずは、腸内細菌を活発にすること

です。腸には3種の腸内細菌が生息しますが、理想は多くの善玉菌、ほどほどの日和見菌、悪玉菌

少々。加工食品や添加物の多い食品は避け、善玉菌や日和見菌の餌となる食材を取り入れて行き

ましょう。そして2つ目は腸内細菌が過ごしやすい腸内環境を整えることです。腸内細菌の大敵である

活性酸素を排除することはもちろん、便秘や低体温など、腸の働きを妨げる悪因を遠ざけるように

しましょう。しかも、朝昼晩に合わせた食事をすることで、より効率的に腸の健康を作ることが出来

ます。朝食は善玉菌や日和見菌を元気にする食材。なので、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を

多様な種類、摂るようにしましょう。昼食は食物繊維を多く含む食材で、腸内をキチンと掃除してあげ

ましょう。大豆などお勧めです。同時に活性酸素を抑制する食材を取り入れることも大事で、昔ながら

の味噌にも圧倒的な抗酸化作用があります。夕食となると、その役割が夜に腸が一生懸命働いて

もらうためにカラダを温めるものを摂りましょう。良質なタンパク質やスパイス類など温性の食材を上手

に活用して行くことが大切です。  →「腸を元気にしましょう。」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。