咬まれると怖い動物は?


 

 

以外にも、ハムスターが、すぐに死ぬかもしれないと言う点では1番危険です。唾液に含まれる

タンパク質によるアナフィラキシーショックを起こすことがあります。手などを咬まれた後、しばらくして

から異常感、かゆみ、顔面や上半身の紅潮、熱感、くしゃみ、悪心、嘔吐、尿意、便意などが見られた

ら注意して下さい。続いて顔が青白くなったり、呼吸が苦しそうになったり、血圧が下がってきたりする

と、重症です。ハムスター以外にも、マウスやラットにも注意が必要です。咬まれた直後は痛みと出血

などで分かりにくいかも知れませんが、その傷の深部には骨折、異物、腱、神経の損傷を起こして

いる場合があります。また、時間が経ってから感染症を起こすことがあります。感染を起こすまでの

潜伏期間は犬では平均24時間、猫では12時間です。特に猫は牙が細く、やや長いため、傷が思った

より深いです。傷口の大きい小さいでだけで判断すると、後々大変な事になりかねないので、早めに

医療機関を受診して下さい。   →「怖い病気かどうかの判定基準」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。