冷房で冷え切ってしまった時の“入浴”方法


暑い日々が続いていますが、冷房を効かせている環境で生活している場合は

知らないうちに体が冷え切ってしまいます。

それらが不調の原因になってしまう事は少なくありません。

面倒なのでシャワーだけで済ませてしまいがちですが、バスタブにお湯を張って浸かることを強くお勧めします。

冷房で冷えて縮んでしまった体を、湯船に浸かって温めてゆるめます。

そして、入浴する際も手順と方法があります。

お湯の温度が低いと十分に体が温まりませんし

熱いお湯だと上せてしまう事になります。

 

ですので、効率的に入浴する方法を紹介させてもらいます。

 

まずお湯の温度は

いつまでも浸かってられるような温度ではなく

少し我慢をして浸かれるような温度です。

 

次に入る手順ですが…

1:まずはバスタブに腰掛けるか、立って足だけを温める

2:みぞおちあたりまで浸かりましょう(手や腕は外に出しておいてください)

3:肩、首まで浸かって、体が温まりきる前にでる

この手順だと、のぼせてしまう事もありません。

 

そして最後に気を付けてほしいのが

お風呂から上がった時にすぐに冷房や扇風機を使わないで下さい。

と言うのも、汗をしっかり出す事が夏を過ごす時にすごく大切なので

少し手間ですが、タオルで拭いたり、下着を替えたりして汗が出きってしまうまで待ちましょう。

 

そうすることで夏を快適に過ごすことができます。お気を付けください。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。