あなたは大丈夫??何気なく過ごしていると秋を迎えた時に体調を崩して今いますよ


お盆も過ぎ、日中は暑いですが少しずつ朝夕が涼しくなり秋の気配が感じられるようになりましたね。

過ごしやすくなってきたから、暑さから少し解放されて体が元気を取り戻してくるかな…

と思ってしまいますが、反対に急に具合が悪くなる人が多いです。

「胃が悪くなった」

「足に神経痛が出た」

「頭痛がする」

「耳が痛い」

等々

症状は様々です。

じつはそれらの原因は

朝方の気温の低下

によるものです。

えっ…と思われるかもしれません。

真夏に比べると気温が少し下がっている程度なのであまり問題なさそうですが、体が冷える事に慣れていないので影響を大きく受けてしまうのです。

真冬になると熱が外に逃げないように血管や筋肉が“ギュッ”と引き締まって冷えに対処するのですが、夏の体は熱を外に逃がそうとするので、少しの冷えてしまうだけでも影響が大きくなってしまうのです。

また冷えだけでなく、お風呂上りにかいた汗が冷やされてしまうとさらに影響が大きくなってしまいます。

汗が急激に冷やされると、体調がくずれやすくなってしまうので

朝方の冷え+汗が冷やされる

のダブルパンチで体に大きな負担をかけてしまうのです。

この時期の不調の原因は“冷え”が関係している事が多く色んな形で不調が現れます。

体が重い、だるい、こわばる、頭痛、鼻血、鼻水、鼻づまり、涙が止まらない、耳が痛い、聞こえづらい、急性の耳鳴り、のどの痛み、胃の痛み、胸焼け、お腹にガスがたまる、下痢、小便が近くなる、しゃっくりが出る、いびきが大きくなる、足がつる(こむら返り)、神経痛、関節痛 etc.

色々とややこしいと思われるかもしれませんが、原因が同じなのである一つの方法で解消することができます。

「朝風呂」にはいること

ちょっと調子が悪いかも??

と思われる方は一度お試しください。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。