顎関節症にこの体操


動画はこちら

 

 

 

 

顎関節症はあごを動かす筋肉が異常を起こ

して、口の開閉がうまくできなくなり、口を無理に開けようとすると痛みが起こるのが主

な症状です。この症状は、口を大きく開けようとしと開かず、そこではじめて異常に気づ

くことが多いのが特徴で、上下の葉の間が1cmほどしか開かなくなります。

顎関節症の原因は、あごの骨や筋肉の異常だけではなく、首から顔につながっている胸鎖

乳突筋という筋肉が硬直したり、伸びきってしまうことが考えられます。さらに、整体法

でその奥に潜んでいる根本的な原因を探ってみると、意外にも肺などの呼吸器系統に問題

のあるケースがほとんどです。

あごの異常は肺からきているわけですから、あごだけに行う体操では効果が低く、根本的

な解決にもなりません。そこで、肺の機能を高める体操を行ってみてください。

①あおむけに寝て両手を前から頭上に上げ、背骨を思い切り伸ばします。

②瞬間的に全身の力をポンと抜きます。

この体操では、背伸びをした筋肉を収縮させる動きと、全く正反対のポンと力を抜いて弛

緩させる二つの対照的な動きの反動を利用して、肺の機能を活発にできるのです。

また「蒸しタオル法」は、あごが痛んでいるときに、痛みのある部分に蒸しタオルをあて

るのがよいでしょう。痛みが徐々にとれてきます。

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。