調子が悪い時にはとりあえず“足湯”をしてみましょう


足湯は手軽にできる健康法ですが、色々な症状に効果があります。

なんだか調子が悪い…

気分がすぐれないな~

そんな風に感じた時はとりあえずやってみましょう。

それだけで改善される場合が結構あります。

冷え性に効果があるのはもちろんですが

風邪をひいて熱が出てしまった時に早く症状をひかせる等、意外な効果があります。

今回はそんな足湯についてお話をさせてもらいます。

最初に…足湯には2種類あります。

2種類??と思われるでしょうが

“足のどの部分までお湯に浸すか”で効果が変わります。

1:くるぶしが隠れるぐらいまでお湯に浸す=足湯

2:ひざ下までお湯に浸す=脚湯

足湯は首から上の症状(頭が重い、鼻水が出る、のどが痛い等々)に効果があり

脚湯はおなかの症状(お腹が張る、下痢、胃が痛い等々)に効果があります。

温度は普段の入浴温度プラス2度ぐらいで、熱さを感じるけど気持ちいい程度です。

時間は6~7分ぐらいで「物足りないな~」と感じた時はお湯の温度が足りていないサインです。途中でお湯を足したり、沸かしたりしましょう。

終わったら足をしっかり拭いて、靴下をはいて熱が逃げないようにしましょう。

そしてコップ一杯の水を飲んでおくとより効果的です。

調子の悪い時は是非お試しください。

動画はこちらから

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。