自分でも気をつければ・・ね


 

脊柱管狭窄症の一般的な治療には手術や薬物療法、神経ブロック注射などがあります。ただ、その

患者さん自身にも痛みが出た時の対処法や痛みが起きないために出来ることを実践することも大事

です。これは脊柱管狭窄症の症状を出ないようにするうえで、とても有効です。脊柱管は通常、腰を

丸めると広がり、反らすと狭くなります。後ほどご紹介する体操をすると狭まった脊柱管が無理なく

広がり、神経への圧迫が取り除かれるため、痛みやシビレなどの症状が緩和されるのです。そして、

この体操を続けることで傷んだ神経の働きも回復することが期待できます。症状を出さないために

生活習慣を見直すことも大事です。脊柱管狭窄症は立ったり、歩いたりすることで痛みやシビレが

出ます。実はこの何気ない動作で神経を傷つけているのです。また、痛みを我慢する人も少なく

ありません。しかし、痛みが出ると言うことは神経を傷つけていると言うことです。神経を傷つける

ことをヤメなければ、いくら治療をしても症状は改善されません。症状を出さない様にする暮らし方を

心がけることも非常に重要なのです。  →「この体操をして、こういう事を日常は気をつけて」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。