秋は知らないうちに○○してしまうので、注意が必要です


もうすぐ11月ですね

この時期になると、人によって差はあるものの 体が「乾燥」によって影響を受けるようになってきます。     その理由は… 空気が乾燥すると知らないうちに体から水分が出て行ってしまう為です。   皆さん経験した事があると思うのですが 寒いところで「ハー」と息を吐くと白くなりますよね、あの正体は水蒸気なのです。 

寒くて乾燥したところにいるだけで知らないうちに水分が出て行ってしまい、

いつの間にか水分不足になってしまいがちなのです

体が乾燥すると色々な影響が出てしまいます。

皮膚が痒い、咳が出る、鼻水、鼻づまり、胃の痛み、頻尿、便秘、むくみ、喘息発作の原因、筋肉のこわばり、神経痛やリウマチ等々

色々な症状に関係しているのです。   夏のように「のどが渇いた」と感じないので 意識して水を摂るようにしておかないと、ついつい忘れてしまいがちになってしまいます。 じゃあ気を付けて水分を摂っておけば良いのか、と言うとそうでもなくて。

何から吸収するかも大切になってきます。

今の時期は、汁物、スープ類などの温かい水分が体に吸収されやすいです。

“美味しい”と感じるもので塩気のあるものがgoodです。

ちなみに、上記の飲み物の吸収がよいのは年内いっぱいくらいです。 年が明けたころには純粋な「水」 以外は吸収が悪くなってしまいます。

体調が気になる方は是非お試しください。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。