気のせいかな?


 

脊柱管狭窄症は、圧迫される神経の部分によって症状の現れ方が違います。代表的なのは神経根型

です。神経根とは、脊髄の末端部分である所から左右に枝分かれした神経の根もとのことで、ココを

骨や椎間板、靭帯などが圧迫し、痛みやシビレが起きます。神経根は左右に1つずつありますが、

両方の神経根が同時に圧迫されることはそうありません。たいていは左右のどちらか一方に痛みや

シビレが出ます。神経根型の症状の特徴は、腰に痛みがあることもありますが、多くはお尻に痛みを

感じると言われること。ひどくなると、足に力が入りにくい、つまずきやすいといった症状が出ることも

あります。また、皮膚の感覚が鈍く感じられる部分が出てくる場合もあります。特に、ふくろはぎの

外側や後ろ側、足などを触っても感覚があまりハッキリしない人もいます。そして、歩いていると段々と

痛みやシビレが強くなり、歩けなくなるが、休憩すると、それらが軽減し、また歩けます。この様な特徴

が神経根型にはあります。少しでも、これらに当てはまる人は医療機関に相談することをお勧め

します。  →「こんな座り方は?」

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。