弱った体を自分で立て直す!~『突然』おきる症状の対処法~


前ぶれもなく突然起きる症状の中には、

“首の冷え”が問題の場合が多くあります。

 

例えば、

======================

朝起きた時にギックリ腰になっていた。

突然の神経痛。

突然めまいが起きる。

フラフラする。

など、、、

======================

 

症状につながる動作やケガに「心当たりがない」と言う方は、

まず、首の冷えに注目してみて下さい。

 

特に、精神的発作でめまいが起きる。フラフラする症状がよくある方は、

まず、左の首を4〜8分温めると落ち着きやすい傾向があります。

 

めまい・ふらつきは原因の特定が難しく、よく「原因不明」となりますが、

意外と、首の冷えにより血流が乱れる事に起因します。

そこから、脳に負担がかかったり、心拍数が乱れたりもします。

 

また、目覚めたらギックリ腰や突然の神経痛なども

腰や痛みが出ている所を、冷やしたのかな?と思いますが

首が冷たくなっている場合も多いのです。

 

しかも、ギックリ腰や突然起きる痛みは、いわゆる「急性疾患」と言われるのも。

患部を直接刺激するのは、逆に悪化することもあるので

安全なのは、患部に関係する場所を利用して

温めたり、刺激したりすることで、安全性が保たれます。

 

 

温めるポイントが、”左側の首

 

その理由は、心臓に近い側という事と

東洋医学的に、体の刺激が左側から全体へ伝わっていく

という事が言われています。

左の首を4~8分温め、これを何度か繰り返して熱を

体の深部まで浸透させていきます。

 

右側を温めても、全体にその熱や刺激が伝わらないのです。

 

効率的、さらにポイントを絞って温めることで

無駄に体を温めて、オーバーヒートを起こさないようにするためですね。

 

めまいを始め、突然の痛みなどには、まずこの方法を試してみてください!
動画:突然のめまい・ふらつき、ギックリ腰の対処法

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。