冬を上手に過ごす3つのポイント


動画はこちらから

寒さが厳しい日々が続いていますが

いつも以上に不調に悩まれている人が多いように思います。

厚着をする事による肩こり

冷え性

お腹の調子が悪くなる

トイレが近くなる

むくみやすくなる

等々

冷えや乾燥によって体に負担がかかり、影響が表れてしまいます。

それらの症状ひとつひとつに対処するのは難しいし、大変なので

今回は冬を上手に過ごすポイントを3つ紹介させてもらいます。

①足を冷やさないようにする

②食べ物、飲み物はとろみのある、どろっとした物を取る

③寝る2時間前までに入浴は済ませておく

です。

足を冷やさないようにするのは、足の裏にポイントがある為です。足の裏は腎臓と関係していて、そこが冷やされてしまうと腎臓が冷やされてしまいます。

いくらお腹や体幹を冷えないように気を付けていてもです。

食べ物、飲み物はとろみのある物をオススメするのは、それらが喉→胃と通過していく間に普通に過ごしていると温めにくい背骨の前面を温めてくれるからです。

お風呂を寝る2時間前までに済ませておくのは、体に熱が馴染む為には時間がかかるからです。すぐに寝てしまうと体が“熱すぎる”と勘違いしてしまい体を冷やそうとする信号を出してしまう場合がある為です。

以上の3つが冬を上手に過ごすポイントです。気になる方はお試しください。

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。