寝過ぎの腰痛は、体のこわばりを改善すれば解決!


昔から、風邪やインフルエンザの最も効果的な

治療は、「睡眠」でした。

(風邪関係の記事は、このブログ内を検索するとありますので、参考にして下さい!)

 

寝ることによって、起きている間に使われている

筋肉や感覚の働きを最小限にして、菌やウイルスに

侵されている部分を、最大限に回復させることができるからです。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以前は、“風邪は体にとって悪いこと”とばかり思っていましたが、

「身体」から見ると、免疫の活性化や体のゆがみを回復させるなど

健康を保つためには、必要な反応もたくさんあると分かってきました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

風邪をひいて調子が悪い時には、やる気はでない。しんどいし、、、

とマイナスな状態ですが、晴れて回復すると

途端にやる気がみなぎってきたり、頑張る力が湧いてきます。

 

その時、改めて健康な身体はいいものだ!と感じ、これからは

風邪に気をつけよう。健康にしようと思うものでした。

 

 

そんな感じで、風邪などの病気は自分の体、健康の大切さを

気付かす大切な役割もあるのではないかと感じます。

 

 

最初で話したように、風邪やインフルエンザを治す

最良な事は「睡眠」ですが、これは日頃よりも圧倒的に睡眠時間が増え

今度は、”腰痛”に悩まされてしまう人が、現在では増えるようになりました。

 

その為、今度は「腰が痛くて眠れない」という悩みが出てきて、

特に、高熱が出ていた人は余計に感じるようになります。

 

これは、発熱によって筋肉が「緩む」から

回復段階の「適度な硬さになる」、ちょうど中間の状態です。

 

だから、筋肉が思うように動けないので、腰痛という形で表れています。

 

==================================

これを、少しでも回復させるには、この体操を試して下さい!

  1. 立った姿勢で、腰を右に傾けます。
  2. その時に、反対側にある腰の筋肉を足の方向に向かって押します。
  3. そのまま3呼吸して、まっすぐの姿勢に戻ります。

※1 左にも同じように傾けて行います。

※2 左右3回ほど繰り返すと、徐々に腰の動きが出てきます。

動画:風邪やインフルエンザで寝過ぎた後の腰痛解消法

===================================

人それぞれ回復するには個人差があり、

年齢によっても変わりますが、治り始めや

回復していく過程も大切です。

 

ただ、「治れば解決」と思っていると、

また、同じようにぶり返してしまいますからね!
動画:風邪やインフルエンザで寝過ぎた後の腰痛解消法

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。