肋骨のかたい人は夏バテするよ


夏になると、皆さんの身体も夏に耐えられる体へと変化してきます(*^▽^*)♪

 それは、どの様な体なのか!!!!!

 Q、体の中で一番熱を放出しているところはどこだと思いますか?・・・

 A、それは、心臓です!!

絶え間なく動いていて一番の熱源です。気温が低い時は、その熱は体を温める為に活用できますが、気温の高い夏などでは、その熱を外に放出させないと熱がこもってバテテしまいます。

 その為に、夏になってくると、体は暑さに対応する為に、わき腹など、肋骨の骨どうしの間を開いて、熱を外へ放出するように働きます。そのようにして、外気温の暑さに対応するのですね。

ところが、暑いからといって、冷房で体を冷やし、冷たい飲み物を飲みすぎたりして、消化器系に負担をかけ疲労させると、お腹の上の方、みぞおちあたりが、膨ってきます。それが胸を硬くし、肋骨の動きを止めて、放熱しにくい体になってしまいます。そうなると食欲も落ちますが、ぐっすり眠れなくもなってしまいます。昔から、暑いからと言って冷たいものを摂りすぎない方がいいと言われているのは、こういう理由からなのです!(^▽^)!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。