だるさに効果的な体操


動画はこちら

 

 

 

 

 

体のだるさの原因は、さまざまなところに

求められます。なかでも「だるさ」と聞いたき、いちばんに連想するのは腎臓に原因があ

るケースです。

腎臓の機能が低下し、たまった老廃物をうまくろ過・排出できなくなると、体がむくんで

だるくなります。だるさとともにむくみが見られるときは、腎臓の働きが弱くなっていな

いか、疑ってみましょう。

また、心臓の働きが弱まると、血流やリンパがうまく流れなくなり、老廃物がたまって、

だるくなることもあります。この場合、おもに足のむくみを伴います。寝ていてもだるい

ようなときは、心臓に原因があることが多いようです。膵臓の働きが弱くなったときに

も、だるくなります。糖尿病の人が訴えるだるさが、これです。ほかに、肝臓や肺の動き

が弱くなったときにも、体がだるくなります。

またストレスなどの精神的な理由から、体が、だるくなることもあります。ショックを受

けて動けなくなることがあるように、体にうまく力が入らないとき、人の体はだるさを感

じるのです。

このように、だるさのもとはいろいろあるのですが、精神的なものが理由である場合を除

けば、血液やリンパの流れがとどこおったため、全身に老廃物がたまることが共通してい

ます。
では、老廃物をどうやって排出するかですが、腎臓は胸椎の10番に関連しています。内

臓の機能を高めるために複合体操を行いましょう。

①正座から後ろに手をつきながら、ゆっくりと上体を後ろに倒していく。

②上体が床についたら、おなかの前で一方の手首を片手でつかむ。

③肘を軽く伸ばし、頭の上に腕をあげて、そこで、さらに腕を伸ばします

一度試して欲しいと思います。

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。