寒い冬だからこそ気を付けたい、低体温に深く関係している塩分について


動画はこちらから

寒い季節ですが、皆さん体調を崩さず過ごされていますか?

冷え込みが厳しくなると知らないうちに体が冷えて、体温が下ってしまいがちです。

そうなってしまうと、体には色々と悪影響がでてしまいます。

 

体力、気力が衰えてしまうので病的な体質になってしまう

代謝が下る→糖分や脂肪の燃焼が悪くなる→肥満、血糖値の上昇につながる

体温が下ることで免疫力が下り、病気になりやすくなる

小腸の動きが悪くなって便秘気味になる

筋力が低下してしまい、足がつりやすくなる

 

等々、体温が下る事によって色々な悪影響が出てしまいます

では、体温が下らないようにするために気を付けてほしい事があります。

それは“塩分”を多めに摂るようにすることです。

 

塩分を多めに摂ると高血圧になって、体に良くないイメージがありますが

塩分が不足する事によって体に色々な悪影響が出てしまいます。

その一番の悪影響は“体温調節”が上手くできなくなる事です。

ですので、塩分をしっかりとってしっかりと体温調節をして、低体温に備えましょう。

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。