膝の痛みに効果的な体操


動画はこちら 

 

 

 

 

一般的に、膝が痛むのは、膝が悪く

なったからと思われがちです。しかし整体法で

みると、腰の可動性が悪くなったことによって、痛みが起こってることが多いので

す。

腰の骨 は体を捻じる時にも使われます。ここが動かなくなると、名前を呼ばれて振

り向くような とき、腰で体を半転させることが出来なくなります。すると、無意識

のうちに膝を使って体を捻じるようになるのです。

しかし、膝はもともと、捻じる動きをするようにはできていません。そこで、そこ

にかかる負担が大きくなって、痛みが起こるというわけです。

腰の骨の可動性が悪くなる原因にはいろいろありますが、いちばん多いのは過労や

ストレス、加齢です。人間の体は、年とともに筋肉が縮んで固くなっていくので、

年配の人ほど意識して、整体体操で筋肉を柔軟に保つよう心がける必要があります。

膝の痛みを取るには足の裏側の筋肉を伸ばすことが効果的です。脚の裏側の筋肉を

伸ばす体操は、お尻から太もも、ふくらはぎまでを伸ばします。これらの筋肉は腰

と連動しており、これがゆるむことで、腰をゆるめ、膝の痛みを和らげることがで

きます。

①脚を前に伸ばして座り、手でつま先をつかむ。出来なければ足首より少し上をつ

かん でもオッケイ。 出来るだけ腰を反らせるようにすると、効果的です。

②左脚のかかとを前に突き出すようにしてアキレス腱を伸ばしながら、腰を前後に

ゆっ くり小さく動かす。この時、お尻、ももの後ろ側、ふくらはぎの筋肉が伸びて

いるのを 確認する。

③右足も同様にする。 この後に、蒸しタオルなどで患部を温めると効果的です。

一度試してみて下さい

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。