便秘の改善に知っておきたいこと


便秘とは「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。

便秘には2種類のものがあり食事性便秘、水分不足、環境の変化などにより急性で起こる便秘もありますが、多くの方が悩んでいる慢性便秘です。

 

慢性便秘の種類

弛緩性便秘・・・腸の運動や筋力の低下によるもの。高齢者やお産回数が多い女性などがなりやすい。

痙攣性便秘・・・腸の運動が引きつったようになり、便の通りが悪くなるもの。下剤の乱用、過敏性腸炎などが関連している。

直腸性便秘・・・排便の反射が弱くなっているもの。排便を我慢すること、浣腸の乱用などが原因。

便秘に伴い肌荒れや吹き出物、お腹の張り、食欲不振などの症状が出てきます。

 

便秘にならないためのポイント

必ず毎日、朝食を食べる・・・朝食は便意をうながすきっかけとなるので必ず毎日食べましょう!

食事に注意する・・・繊維質の多い食品(野菜類、豆類、いも類、海藻、果物類)を摂るようにしましょう。食物繊維は便の量を増やしたり、有害物質を吸着する働きがあります。

水分をしっかり摂る・・・腸の内容物が通過しやすくなるよう水分を多く摂りましょう。また起床時に冷たい水や牛乳を飲んで、排便を促しましょう。

適度な運動をする・・・腹筋を鍛えたりすることにより腸に刺激が与えられて排便が促されます。

排便のリズムを身につける・・・規則正しい日常生活を送り、毎日時間を決めてトイレに行くように心がけましょう。特に朝食後は胃腸の働きも活発になるため、いちばん排便が促される時間帯です。

さらに便秘改善のための簡単な運動方法を紹介します。

動画はこちら→便秘改善のための簡単な運動方法

便秘を改善していくのに重要なのはすべてにおいて生活リズムにあります。最初はめんどくさくても継続していけばかならず改善できます。毎日少しずつでもいいので頑張ってみてください!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。