目の下にクマができる人は、腸の働きに注意!


腰が悪かったり、骨盤の形が悪いと「腸」に影響が出てきます。

そしてもっと酷くなると、過敏性腸症候群といった
大腸が激しく動きすぎたり、突然動かなくなったりして
激しい腹痛や便秘、下痢を起こしたりもします。

====================

最近では、小さな子供にも似たような症状が
見られる事がありますが、調べても特に悪いところが無いと
診断されるケースも少なくありません。

 

大人子供に関わらず、腸の動きが悪くなると、目の下にクマができてきます。

寝不足でも無いのにクマができると、
見た目的にも、体調が悪く見えたり、年をとって見たりするものです。

 

これの原因は、腰の弱さにあります。

腰が弱くなると、骨盤にとても負担をかけてしまい、
徐々に、骨盤が広がりねじれ現象が起きてきます。

これが、腸の働きを悪くする原因となっていました。

 

良く腸内環境の話を聞くと思いますが、
骨格が悪いと、腸内をいくら良くしても
すぐに悪玉菌が増えて腸の働きが悪くなります。

これだと、いくらサプリメントや腸整剤を飲んでも
あまり効果がありません。

 

まずは、腰や骨盤をまっすぐに整えているのが、一番です!

腰の力が入っていない腰の見分け方

腰に力が入りにくい人の特徴として、

肋骨よりもお腹が前に出ているのがあります。

まず、太りやすい方や肥満体型などは、腰に力が入りにくい場合が多く、
痩せている方でも「反り腰」で、お腹が出ているように見えます。
動画:【骨盤の垂れ下がり解消法】

この状態が長期間続くと、ぎっくり腰によくなったり、
ヘルニアに注意が必要です!

まず、腸内や目のクマが気になる方は、
骨盤や腰の状態を改善するのをおすすめします。
動画:【骨盤の垂れ下がり解消法】

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。