手が果たす重要な役割とは!?


現代社会において人間の手は常に重要な役割を担っています。物を持ったり字を書いたり、何かするときに必ず動かしています。

常に動かしているからこそ酷使することも多くなり疲労も蓄積していきます。その影響は手の指や手首のみならず全身に及んでいきます。

解剖学的に手を動かす筋肉の神経は首から出ていて更にその神経は脳からの命令で伝達していきます。したがって手の影響は腕から肩、首、脳にまで影響を及ぼすと言われいます。肩こり、首こり、頭痛なども手の使い過ぎにより起こるケースもたくさんあります。

スマートフォンやパソコンが普及しているこの世の中では日常生活で手を使う頻度が極端に多くなり体に負担をかけやすくなっています。

例えば肩の調子が悪くて整骨院などに通い治療しても日常生活においてスマートフォンやパソコンをやり続けると身体はたちまち元の悪い状態に戻ってしまいます。しかしながら現代社会においてそれを完全にやめるのはなかなか難しいと思います。仕事で常にパソコンを扱う人もいれば、スマートフォンを使い知人と連絡を取るなどほとんどの方がやっているからです。

なので少しでもその負担を軽減するために自分自身でケアしていく必要があります。

パソコン、スマートフォン、日常生活においてあらゆる動作で手を使うときに必ず指を使います。指をケアすることで手の疲労を回復させることができます。

簡単なケア方法を動画で紹介したいと思います。

動画はコチラ

なかなか肩こりや首のこり、腕のだるさなどが改善しない。整骨院などで治療してもらってもすぐに体が悪い状態に戻るといった方たちに是非オススメのケア方法です。

治療をしてもらいきちんと自分でケアする。これが健康への一番の近道になると思います。特に手は日常的に必ず使うことになるのでちゃんとケアすることをお勧めします。

是非、頑張ってやってみてください!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。