急な下痢をササっと簡単に止める方法


この時期、新学期や新年度で仕事や学校の環境が変わったことによるストレスによって下痢に悩んでる人も多いと思います。

 

不安や緊張は、自律神経を乱してしまいます。

自立神経は腸の働きに影響を与えます。

自律神経が乱れることで、腸の正常な働きが妨げられ、その結果下痢を起こしてしまいます。

 

 

大事な会議や通勤途中にお腹が痛くなったら困りますよね。

そんな時に、ササっと簡単にできる下痢を止める方法を紹介します。

 

方法は、手にあるツボを押してもらいます。

【下痢点】というツボです。

場所は、手の甲側にあって中指と薬指の骨が手の甲の中心辺りで合流するところにあります。

下痢の時は強い痛みを感じます。

少し強めに押してください。

【下痢点】を刺激すると一時的に交感神経が活発になり腸の活動を司る副交感神経の働きが弱くなります。その結果、腸の動きを抑えることができるので下痢に効果的です。

 

皆さんも、不安や緊張などで下痢になった際や急にお腹が痛くなったがトイレに行けない時は1度お試しください。

 

 

今日の動画です!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。