梅雨前にの体調で気を付けてほしい事


動画はこちらから

4月の後半に差し掛かると体調を崩す人が増えてきます。

 

その原因ですが…気温が暖かくなる事と深く関係しています。

 

暖かくなると汗をかきやすくなりますが、その汗が気温の急な変化や、強い風によって冷やされてしまうと出ようとしていた汗が体に引っ込んでしまうのです。

 

ただ出ようとしていた汗が引っ込むだけなのですが、それが体に大きな悪影響を与えてしまいます。

心悸亢進、血圧の変動や額の汗が引っ込むと脳溢血になってしまうケースもあります。

 

体が重くなったり、だるくなったり、むくむ、筋肉が痛む、眠くなる、頭痛、目が痛む、下痢、ガスが溜まる…

等々、ただ汗が上手く出なかったというだけで様々な症状の原因となってしまいます。

じゃあ、汗をかいてそうならないように気を付けよう

と思うのですが

一度引っ込んだ汗は普通に汗を出そうとするだけでは出てこないのです

解決方法のひとつは

“頭と首の間を蒸しタオルで8~10分程温める”

です。

こうする事で体の中に引っ込んでしまった汗が出てきて、それによって引き起こされた不調は解消されます。

今の時期に体に不調を感じられている方にはオススメです。

気になる方は是非お試しください。

 

 

 

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。