肩こりに効果的な体操


動画はこちら

 

 

 

 

 

長時間、同じ姿勢を続けたり、細かい手作業をしていると肩がこります。このとき肩のま

わりの筋肉や関節は硬直しており、血行も非常に悪くなっています。多くの人が経験する

不快な症状のひとつです。

また、食べ過ぎが肩こりの原因になることもあります。肩には僧帽筋という三角形の筋肉

がありますが、その上端は首から後頭部に、下端は胃の裏あたりにつながっています。

食べ過ぎで胃袋がふくらむと、僧帽筋が下に引っぱられ、まず背中の上の部分が硬直し、

次に肩や首が硬直して、最後には後頭部にまで硬直が及ぶのです。食べ過ぎと肩こりは一

見、関係がないようですが、筋肉のつき方をみれば、食べ過ぎで肩がこるわけが一目瞭然

にわかります。

肩がこっていて、食べ過ぎたなと思ったときには、腕三里をはじいてみましょう。胃の動

きがよくなって内容物の消化が進むので、早く楽になれます。

①親指のつけ根とひじの外側わ結んだ線上のひじ側、役1/4のところにある。

②腕三里をはさみ、力を加えたまま、小さく左右に4,5回動かし、はじく。

一度試して欲しいと思います。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。