股関節を安定させる中殿筋の作用を知ろう!


中殿筋はイラストに示すように骨盤の外側についている筋肉で、立位における股関節の安定に関わる筋肉です。また、股関節のインナーマッスルで股関節のコントロール性を高めます。この筋肉が発達することによりバランスを取りやすくなり股関節周りが引き締まります。

歩行や階段の上り下りなど、片足立ちになる時は軸足側の股関節の安定をこの筋肉が作り出しています。もし、なんらかの理由でこの筋肉が機能不全に陥っていると、股関節の安定性が悪くなります。結果、骨盤の揺れが大きな不安定な歩行になります。

スポーツや運動においても中殿筋は重要な役割を果たします。サイドステップや方向転換をするスポーツや運動において特にその力を発揮します。

例えばバスケットボールやテニスでのサイドステップ、サッカーでのフェイントの動きはその最たる例です。中殿筋を鍛えることで、これらのスポーツにおけるパフォーマンスの向上に繋がるので、中殿筋をしっかりと筋トレなどでトレーニングしていくことが求められます。

このように中殿筋は日常生活やスポーツにおいても重要な筋肉であることがわかります。

そこで簡単に中殿筋を鍛えるトレーニングをご紹介します。⇒動画はコチラ

トレーニングにおいて大事なことは脚を上げるのを意識しすぎると肝心の中殿筋がうまく鍛えられないため筋肉がどのように動くかイメージをしながら丁寧に行ってください!

それができれば日常生活、スポーツにおいても必ず役に立てる股関節になることでしょう。頑張ってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。