便秘症の体


今日は、患者さんとのやりとりの話です!(^▽^)!

 48才女性の方で便秘症の方です。

その方がおっしゃるには、まぁまぁ調子よく便が出ているなぁと思っていたら、急に便秘になって4、5日出ないというようなことを繰り返しているそうなのです。

食事にも気を付けて規則正しく生活しているのに、同じものを食べているはずの娘には何もなくて「私だけ、便秘になるのは何故?」とおっしゃっていました。

 こういう便秘症や下痢症の方に多くみられる傾向は、ウエストのラインくびれのところですね。このラインに左右差がある方が多いですね。例えば、右のウエストはくびれているが、左のウエストはズン胴になっているというような、左右差のある方に多く見られる傾向です。

 この理由には少し専門的になりますが、腰の骨は全部で5つありますが、その中の上から2番目の骨から出ている神経の状態が、便秘や下痢に関係性が深く、位置的にはちょうどウエストの高さあたりなので、そこの歪みはウエストのラインとも関係してくるということが言えます。

 結果的には、ウエストのラインに左右差がなくキレイになってくると、改善の方向に向かっていると言えます。

 その女性の方には、今言ったところの調整を施し、腸に少し炎症傾向の反応が見られたので、炎症を抑える目的でフラックスオイルという亜麻仁からとれる油を1日カレースプーン1杯ずつ飲んでもらうことをすすめたところ、かなり良くなったという報告を受けています。

気になる方は1度カガミでじっくり自分のウエストラインを見てみて下さい。

 この話を以前、別の患者さんに話したら、「両方共肉でウエストがないんですけど・・」って言われたことがあってさすがに返答につまりましたが、そういう場合はウエストをつまんでください。分厚く感じる側と薄く感じる側があります。その差がハッキリしている人ほど左右差があると言えます(*^_^*)♪

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。