食べ過ぎで「じん麻疹」が起きる!


じんましんが起きる原因として、
アレルギーがありますが、

実は、食べ過ぎでも起きことがあります。

 

本来は、栄養が余分に来内に溜まっていると、
便や尿で排出して、体内バランスを正常に保とうとします。

 

しかし、余分な栄養がこの排出で間に合わずに
体に蓄積していくと、皮膚にじんましんや吹き出物として表れます。

体を正常にする面では、正しい反応ですが、
肌を傷め、かゆみで眠れないなど、生活に支障が出ます。

 

「食べ過ぎる行動」は様々な理由がある。

 

===============
・精神的ストレスからくるもの。

・体の緊張をほぐす為。
・胃を動かすため。
===============

この3つが代表的で、
イライラするエネルギーを「食べる」行為によって
発散させています。

また、不安や何か気になる事が連続して起きると、
お菓子を食べたくなったり、お腹が空いていないのに
パクパク食べてしまう現象が起きます。

これだと、いくら食べても満腹にはなりません。

これも、不安というエネルギーを別のもに
置き換えようとした結果です。

 

==========================

緊張をほぐす為に食べる行動は、
胃を緊張させる代わりに、筋肉を緩まそうとするからです。

 

精神的な安らぎや、ストレスを和らげる為の
一時的な避難行動として「食べてしまう」が存在していたのですが、

繰り返しているうちに、
「栄養過多」になり、じん麻疹や吹き出物が皮膚に現れ
それが、返ってストレスになってしまうのです。

【動画:食べ過ぎで起きる蕁麻疹(ジンマシン)】

==========================

 

もし、じんましん以外にもアトピーのような肌荒れも、
食べ過ぎ関わっているかもしれません。

こういった場合で、食材を特に気にされる方がおられますが、
どちらかというと、食べ過ぎていないか?の注意が重要です。

体に良い食べ物でも、食べ過ぎると毒に変わり
不調の原因になっていますので、
気になる方は、少し食べる量を減らすのもお勧めです!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。